LED照明の導入が加速省電力・節電対応でクローズアップコンビニから産業用まで用途拡大 風力、パワコン関連需要も追い風

2011年4月27日

3月11日に発生した東日本大震災から1カ月半ほど経過したが、制御機器業界でもLED照明や電源装置関連、さらに安全で環境に優しい風力発電に関するテーマなど、復旧・復興需要に絡む具体的な話が出始めてきた。震災により東京電力の福島第一原子力発電所が停止し、今後の電力需要と供給のバランスが気になるところだが、省電力・節電をテーマとしたものではLED照明が大きくクローズアップされている。 日本の照明に費やす電力消費量は、総電力消費量の約20%に当たる。政府では環境対策の一環で1930年までに国内のすべての照明をLEDなどの省エネルギータイプに置き換える方針で、今回の大震災を受け、企業に25%、一般家庭に…