盛況「ジャンボびっくり見本市」インテックス大阪で2日間1万3500人来場

2011年11月2日

ジャンボびっくり見本市協催委員会主催の「第37回ジャンボびっくり見本市」が、インテックス大阪で10月21、22の両日開催された。 「もっと!スマートエコロジー」を総合テーマに、電設資材、電子・制御、照明、工具、情報・通信・セキュリティ、空調・住宅設備など専門メーカー約200社が出展し、最新製品や売れ筋製品が紹介されたほか、即売会も実施され、約1万3500人が来場した。 今回は、もっと!スマートエコロジーのテーマに則り、メーンコーナーとして新しくテーマゾーンが設けられ、新エネルギーの開発やエネルギー効率の向上を目指すことを目的に、スマートグリッドなどの新技術や関連する周辺設備・機器なども多数紹介…