盛況「ジャンボびっくり見本市」インテックス大阪で2日間1万3500人来場

ジャンボびっくり見本市協催委員会主催の「第37回ジャンボびっくり見本市」が、インテックス大阪で10月21、22の両日開催された。

「もっと!スマートエコロジー」を総合テーマに、電設資材、電子・制御、照明、工具、情報・通信・セキュリティ、空調・住宅設備など専門メーカー約200社が出展し、最新製品や売れ筋製品が紹介されたほか、即売会も実施され、約1万3500人が来場した。

今回は、もっと!スマートエコロジーのテーマに則り、メーンコーナーとして新しくテーマゾーンが設けられ、新エネルギーの開発やエネルギー効率の向上を目指すことを目的に、スマートグリッドなどの新技術や関連する周辺設備・機器なども多数紹介された。

テーマゾーンには、電気自動車(EV)の充電器および周辺機器の「充電スペースゾーン」、「スマートハウスゾーン」、「太陽光発電システムゾーン」などのコーナーが設けられた。

特に、スマートハウスゾーンでは、電気・水道・ガス監視モニタリングシステムや、急速充電・高出力の業務用・家庭用リチウムイオン蓄電池、各種のLED照明など、旬の製品・システムが紹介され、注目を集めていた。

また、見本市会場に隣接する大阪アカデミアで開催された「第22回INABAテクニカルセミナー」は、「LED照明、今後のさらなる展望」と題し、東芝ライテックLED事業部LED事業企画担当部長の小宮章利氏が、LED照明の今後の市場動向や新たなるビジネスチャンスについて講演を行った。

なお、同見本市は来年4月6・7日に東京、4月13・14日に大阪で開催される予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG