第37回ジャンボびっくり見本市 もっと!スマートエコロジー」をテーマに 約200社出展即売会も スマートグリッドなど最新のエコロジー機器を紹介 新たにテーマゾーンを設置「いちおし商品コンテスト」も

同見本市は、4月に開催予定だったが、東日本大震災により大阪会場が延期になっていた。今回のテーマは「もっと!スマートエコロジー」で、新エネルギーの開発やエネルギー効率の向上を目指すことを目的に、スマートグリッドなどの新技術、さらにこれらに連動する周辺設備・機器などを出展・提案、即売を行う。

出展製品は電設資材、照明、工具、電子・制御、情報・通信・セキュリティ、空調・住宅設備などで、専門メーカー約200社が出展する。主催者側では1万4600人以上の来場者を目標としている。

特に今回は「もっと!スマートエコロジー」のテーマにのっとり、メーンコーナーとして、新しくテーマゾーンが設けられた。

同ゾーンでは、EV(電気自動車)の充電器及び周辺機器の「充電スペースゾーン」として、エネゲート、河村電器産業、内外電機、ユアサM&B、ニチコン、GSユアサ、アルバートの各社が出展、最新の機器を紹介する。

「スマートハウスゾーン」では、電気・ガス・水道のエネルギーモニタリングシステムとして、因幡電機産業環境システム事業部の「AEMグラファー」や、急速充電・高出力の業務用・家庭用リチウムイオン蓄電池「G―LiFeセーブ」、そのほか新発売のLED防犯灯などが出展される。「太陽光発電システムゾーン」では、設計から施工までトータルで提案するシステムなどが紹介される。
テクニカル
セミナー併催

同時に、21日午後1時30分~午後3時まで、インテックス大阪6号館に隣接する大阪アカデミア6階で、「第22回INABAテクニカルセミナー」を開催する。今回のテーマは「LED照明、今後のさらなる展望」と題し、東芝ライテックLED事業部LED事業企画担当部長の小宮章利氏を講師に迎え、特別講演を行う。

LED照明は、蛍光灯に比べ2分の1、白熱球に比べ10分の1と省エネ効果が高く低炭素化に寄与し、長寿命かつ水銀不使用で環境にも優しい。現在、家庭やオフィスの照明のほか、工場施設照明や鉄道・道路、さらに医療用分野にも使用され、用途の多様化による市場拡大が進んでいる。講演では今後の市場動向を探り、新たなるビジネスチャンスの提案などを行う。

定員は150人。問い合わせは因幡電機産業Eテック事業部〓06―4391―1943まで。

一方、恒例の「いちおし商品コンテスト」、「ジャッピーブランドコーナー」、ミニライブ、早朝来場者サービス、福引大会、大抽選会なども行われる。

なお、同見本市は来年4月6・7日に東京、4月13・14日に大阪で開催される予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG