日本電設工業協会 経産大臣賞に河村電気産業電設展製品コンクール入賞製品決まる13製品を選定

「第59回2011年電設工業展」(主催=日本電設工業協会)の製品コンクールの入賞製品が決まった。

今回は47社が参加し、省エネ、低炭素化社会実現へ技術を競った。

入賞製品は次のとおり。

▽国土交通大臣賞=アモルファス変圧器「SuperアモルファスXHSシリーズ」▽経済産業大臣賞=河村電器産業「接触部過熱検知機能付ブレーカ」▽環境大臣賞=ニチコン「太陽電池・蓄電池併設の低圧受電型EV用急速充電システム」▽中小企業庁長官賞=コスモシステム「FRP製軽量基礎架台BASE
CUBE」▽消防庁長官賞=アイホン「高齢者向け集合住宅システムFAGUS」▽労働安全衛生総合研究所理事長賞=音羽電機工業「免電カウントSPD」▽東京都知事賞=神保電器「LED証明用2線式逆位相調光器」▽関東電気保安協会理事長賞=日新電機「部分放電検出装置QCM―2」▽日本電設工業協会会長賞=きんでん「折りたたみ式絶縁防護パネル」▽日本電設工業協会省エネ貢献賞=関電工「励磁突入電流抑制型トップランナー変圧器ラッシュKATトランス」▽同低炭素化推進賞=東芝ライテック「E―CORE
LEDライトエンジン」▽同どこでも照らすで賞=九電工「ポータブル電源装置LED照明一体型」▽同安全安心賞=テンパール工業「遮断器一括監視装置」。なお、東京電力社長賞は福島原発事故に伴い、賞の授与を辞退している。

同コンクールの表彰式は、7月7日にグランドアーク半蔵門(東京・千代田区)で行われる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG