Check !!

昭電 国内初AC400V対応、分離器内蔵電源用SPD発売

昭電(東京都墨田区)は、国内メーカーでは初めてAC400Vに対応し、SPD分離器(ヒューズ)を内蔵した電源用SPD(避雷器)「AFDシリーズ」12機種を8月1日から発売した。出荷開始は10月から。標準価格は5万8000円~9万5000円。年間販売目標は2万台。

業界最小サイズ実現

新製品は、SPD分離器を内蔵しながら業界最小サイズ(84×127×94ミリ)を実現し、しかも国内メーカーでは初めてAC400Vにも対応している。

また、SPD分離器内蔵でも安全にSPDプラグ交換ができるように、プラグ取り外しレバーによるセーフティプラグイン構造を業界で初めて実現したことで、充電部に手を近づけることなくSPDプラグの取り外しが可能で、プラグを外した状態でもIP20の感電保護が可能。

さらに、100kAまでの全領域で短絡電流遮断を実現する同社独自の安全遮断技術「SITS」により、SPDの短絡故障時に生じる短絡電流をSPD単体で遮断し、発火の危険性を排除している。

 

その他、JIS C 5381-11 クラスI/クラスⅡに対応、故障表示、警報接点出力機能を内蔵、ねじアップ式端子台の採用でネジ脱落を防止、端子カバーレスにより配線工数のさらなる低減を実現、などの特徴を有している。

同社は、2010年6月に国内メーカーで初めてSPD分離器を内蔵したSPDとして「APN-2シリーズ」を発売し、その後、最新JIS C 5381-11に対応した「AGN-2シリーズ」を16年8月に発売した。外部にSPD分離器の設置が不要なため、省スペースおよび配線工数の低減ができる。今回の新製品は、電源用SPDの最上位モデルとなる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG