日本電設工業協会 の検索結果

【2019年 年頭所感】日本電設工業協会、夢と生きがいある業界目指す

日本電設工業協会 会長 後藤 清 謹んで新春のご挨拶を申し上げます。 昨年は、異常な暑さに加え、6月の大阪北部地震、7月の西日本集中豪雨、9月の台風21号、北海道胆振東部地震と大きな自然災害が続きました。 一連の災害をみて、日本はつくづく災害大国で、想定もしない大きな災害に見舞われる危険性があること、そしてライフラインとしての電気の重要性を改めて認識した1年であったと思います。電気は水と並んで最重要なインフラです。電気設備について、堅牢で災害に強い設備への整備や古い設備のリニューアルなどの必要性を訴えてまいりましたが、今回の事例をみてその意を更に強くし、今後とも広く訴えてまいりたいと思います。…


【賀詞交歓会2018】日本電設工業協会「人材確保に向け改革推進」

日本電設工業協会(JECA)は10日、東京都千代田区のホテルグランドパレスで賀詞交歓会を開催した。 同協会は1948年に設立され、今年7月に70周年を迎える。冒頭、あいさつに立った後藤清会長は「新アクションプランとして、担い手の育成および確保と生産性向上、適正な工期・適正な価格での受注の確保、分離発注の促進、電力新時代への対応、国際貢献・海外展開の取り組みの5つの重点目標を展開している。特に人材の確保は最大の課題であり、長時間労働の是正など働き方改革を進め、合わせてIoTなど新技術の導入と活用を促進して生産性の向上に取り組みたい」と話した。 業界全体の景気も良く、自動車のEVシフトによる充電施…


【2018年年頭所感】日本電設工業協会 会長 後藤清「国民生活・経済支え70周年」

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。 私たち日本電設工業協会は、本年7月、創立70周年を迎えます。戦後復興から高度経済成長、そして現在に続くまでの長きに亘り、関係省庁を始め、多くの皆様のご支援をいただきながら、その時代や地域のニーズに合った良質な電気設備の供給、整備、保全に携わることで、日本に暮らす人々の生活を支え、そして、日本の経済発展の一翼を担ってまいりました。 私たちが係わる社会インフラ「電気設備」は、国民生活や経済・産業活動において欠かすことができず、今後この重要性が益々増していくことを鑑みると、当協会に課せられる使命も一層重くなると認識しております。 本年度も、私どもは「夢と生きがいの…


日本電設工業協会「生産性向上に繋がる「働き方改革」」山口 学会長

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。 昨年は、熊本地震や北海道・東北地方への台風、阿蘇山の爆発的噴火など自然災害が続きました。経済・産業活動や国民生活を支えるライフラインを担う電設業界としては、災害への備えを改めて考えさせられた一年でした。 当協会は、新アクションプランに基づき、行動する電設協として「夢と生きがいのある電設業界」を目指して事業展開を進めます。 1若年層の入職促進の仕組みづくりに取り組むとともに、登録基幹技能者の処遇改善の具体化と適正評価の推進や、社会保険加入促進、女性の活躍、週休2日の確保、超過勤務の解消など、労働環境の改善に向けた取り組みを推進します。 また、建設技能労働者の大…


一般社団法人日本電設工業協会 「夢と生きがいのある業界へ」 山口学会長

謹んで新春のごあいさつを申し上げます。 昨年は、改正品確法の運用指針に、設備工事における「分離発注」の活用が明記されました。電設業界が抱える諸課題の解決に大きく寄与するものと高く評価します。 当協会は、アクションプランに基づき、「夢と生きがいのある電設業界」を目指して事業展開を進めます。 (1)若年層の入職促進の仕組みづくりに取り組むとともに、登録基幹技能者の処遇改善の具体化と適正評価の推進や、社会保険加入促進による労働環境の改善を図ります。 また、大手会員企業の教育・研修施設を活用し都道府県協会が実施する「実技講習会」を全国9支部12施設で展開し、業界全体で技術・技能のレベルアップを図ります…


省エネ・再生可能エネに取組み、安心・安全社会の実現へ 一般社団法人日本電設工業協会会長 山口学

今年のJECA FAIRは、220社に出展いただき、小間数は663と過去最大規模の開催となりました。2020年の東京オリンピックに向け、民間投資の拡大やインフラ老朽化対策など建設需要の拡大が想定され、電気設備業界の期待は大きく膨らんでいます。 一方、電気設備業界では、人手不足が深刻となっており、現場を支える技術者・技能者の高齢化と若年入職者の減少が顕著です。 当協会では、アクションプランの最重点項目に「優秀な人材の確保と技術・技能の継承」を掲げ、その一環として「電気設備業界リクルーティングフェア」を実施します。本取り組みはホームページ上に「就職情報ポータルサイト」を開設し、電気設備業界の魅力や…


一般社団法人日本電設工業協会 「夢と生きがいある業界に」 山口学会長

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。昨年は改正品確法が施行され、目的に「担い手の中長期的な育成・確保」が追加されるとともに、「発注者の責務」として、予定価格の適正な設定や適切な工期設定、設計図書における施工条件の明示等が明確化されました。電設業界が抱える諸課題の解決に大きく寄与するものと高く評価しておます。 当協会は、アクションプランの4つの重点目標の達成に向け、本部・支部及び都道府県協会が手を携え事業展開を図ります。 (1)若年層の入職促進への仕組みづくりに取組むとともに、登録基幹技能者の処遇改善の具体化と有効活用・適正評価の推進や、社会保険加入促進による労働環境の改善を図ります。また、複数の…


2014年工業会年頭所感 一般社団法人 日本電設工業協会 山口学会長

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。 経済活動や国民生活を支えるライフラインを担う電設業界は、自然災害に対する安全対策やサポート体制の充実を図りつつ、電力供給事情の変化や節電ニーズに的確に対応し、また、中長期的課題である低炭素社会の実現にも貢献していきます。当協会は、昨年策定したアクションプランの4つの重点目標の達成に向け、本部・支部及び都道府県協会が手を携え、事業展開を進めます。 建設業界は若年入職者の減少と高齢化が急速に進んでおり、復興工事の本格化等により深刻な人手不足が懸念されます。 当協会では、若年層の入職促進を図るための仕組みづくりに取り組むとともに、登録基幹技能者の処遇改善の具体化と…


河村電器産業の無線デマンドコントロールシステム「D-Remo-Con」 「日本電設工業協会らくらくコントロール賞」受賞「省エネ」「省マネー」を実現

河村電器産業の無線デマンドコントロールユニット「D―Remo―Con(デマンド・リモート・コントロールシステム)」は、JECA FAIR2012製品コンクールで、「日本電設工業協会らくらくコントロール賞」を受賞した。同社の製品は同コンクールで7回連続の受賞となった。 従来のエネルギー計測器とデマンド制御装置を設置する時、キュービクルと建物が離れていると、警報出力線・通信線を敷設する工事に手間がかかり、配線工事費用が導入コストの大きなウエイトを占めていた。 そこで、今回のシステムは、施工の手間を削減した製品仕様で、省エネに取り組む企業をバックアップすることにした。 デマンド電力を計測しながら、目…


JSIA30周年に期待する 共通回課題の解決へ連携強化 一般社団法人 日本電設工業協会 会長 山口 学

日本配電制御システム工業会が社団法人設立30周年を迎えられましたことを心からお祝い申し上げます。 貴協会は、最近ではスマートグリットの影響と対応について検討を始めるなど、低炭素社会の実現に向けた活動もされていると聞いています。 全国の原子力発電所が運転を停止し、電力供給の制約が深刻な問題となっています。7月からは、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートします。再生可能エネルギーは自然条件に左右され出力が安定しないため、電力系統との連系や需要の制御により、エネルギーを有効かつ効果的に利用することを可能にする「スマートグリッド」が不可欠です。 当会でも、昨年4月にスマートグリッドWGを…