品質管理 の検索結果

ソディック 粉体材料を急速均一冷却、品質管理の向上実現

ソディックは、小麦粉、そば粉、米等の粉粒体の原材料を迅速・均一に冷却し、製麺、製パン、製菓など生地の品質管理の向上・安定化を実現する業界初の粉体冷却装置(CHB、Cooling Holding Bin)を8月から発売する。 製麺、製パン、製菓業界では原材料の保管は屋外のサイロに保管され、外気温の影響を大きく受ける。特に夏はサイロ内が高温化して原材料の温度が高まり、加水混合時にグルテンが多く形成されて練りムラの原因となるなど、品質に影響を及ぼしている。年間を通して原材料の温度管理の必要性が高まっている。 同製品は、原材料を投入したら容器内を減圧して粉粒体が保持している水分の一部を強制的に蒸発させ…


ベクトリックス「テレメジャーⅡ」「QCプロ」品質管理 より高度に

製造業のデータ改ざん問題が世間を騒がせているが、「わが社も今のうちに品質管理のシステム化を!」と、企業が導入している測定機器用のIoTツールがある。通信機器やソフトウェア開発などを手がけるベクトリックス(東京都豊島区)の「テレメジャーⅡ」と品質管理ソフト「QCプロシリーズ」だ。 異メーカーの測定データ統合 「テレメジャーⅡ」は、デジタル測定機器に無線送信機を取り付けて、パソコンに接続した受信機を経由し、自動で測定データを入力できるシステム。例えばデジタルノギスで測って、一度置いて、ペンに持ち替えて測定値を記入するということをせずに、ノギスで測定値が出たら、ノギスに取り付けた送信機のボタンを押す…


製造現場業務と基幹業務をつなげることで予測品質管理を実現したモホーク・インダストリーズ(後編)〜SAPジャパンの超リアルタイムビジネスが変える常識(15)

センサーデータとクレームひも付け 指標を統合的に可視化 ■品質管理の高度化をどう実現したか? モホーク社はインメモリデータベースHANAと分析ツールを使い、業務システムや品質管理システム、センサーデータを収集したPLCなど、さまざまなデータの統合基盤と予測分析基盤を構築しました。これは製造現場業務と基幹業務のIoTによる融合です。 実験の第1ステップとして、染色工程を対象としました。染色工程はカーペットの製造プロセスの中でも特にクレームの原因となりやすいためです。分析イメージを深めるために、その一例をみてみましょう。 1.SPC(統計的工程管理)の高度化 安定した生産のためには、製品品質が仕様…


製造現場業務と基幹業務を繋げることで予測品質管理を実現した「モホーク・インダストリーズ」前編~SAPジャパンの超リアルタイムビジネスが変える常識(14)

潜在的な品質問題を分析〜複雑な生産工程に改善の余地〜 ■世界のカーペット総生産量はどのぐらいでしょうか? なんとグローバルで年間25億平方メートルを超えるそうです。すべて敷き詰めますと、東京全体の面積よりも大きくなります。その総生産量の半分以上を生産する北米で、大きくビジネスを拡大している企業がMohawk Industries(以下モホーク社)です。 モホーク社は住居用および商業用の床材メーカーで、カーペットをはじめとして木材、タイルなどを販売しています。ここ数年で約1.5倍の成長を遂げ、売上高約80億ドル、従業員数約3万5000人のリーディングカンパニーとなりました。 SAPブログではこれ…


オムロン 次世代品質管理システムQ-upAutoを開発

オムロンはプリント基板の実装ラインにおいて、検査機と実装機を連携させ検査情報と設備の稼働情報を一元管理する「次世代品質管理システムQ-upAuto」を開発、2016年12月に発売を開始する。 同システムは、これまで高度な専門知識や膨大な作業時間が必要だった基板実装ライン全体の品質管理を簡単にできる仕組みを提供し、不良発生の未然防止と生産性の向上に貢献する。 業界で高い評価を得てきたQ-upNavIシリーズを進化させ、基板実装ラインにおいて、長年の課題であった複合的な要因からなる不良原因の特定や、最終品質となる検査結果から、各設備にとって良品を作る上で最適な設定条件(パラメーター)の抽出を可能と…


基礎から学ぶ中国工場管理〜実例で学ぶ管理のポイント〜 (28)

中国工場での品質管理の進め方 ~不良品を流出させない仕組みを作る~② 「整理・整頓・清掃」3Sしっかり   前回の記事で、不良を流出させないためには、下記項目を徹底してやることが重要と書きました。 1.検査を機能させる ①検査で不良品を検出する 2.工場基本管理の徹底 ①5S ②識別管理 ③不良品が発生したときの処置 ④製品の扱い 今回は、これら項目の具体的な内容について説明します。   1.検査で不良品を検出 ①検査を機能させる 自社工程または仕入先で実施している検査で不良品を確実に検出できるかを確かめないといけません。検査とは工程検査であり出荷検査です。 (1)検査方法…


基礎から学ぶ中国工場管理〜実例で学ぶ管理のポイント〜 (27)

中国工場での品質管理の進め方 ~不良品を流出させない仕組みを作る~① 徹底した基本管理で不良発生防ぐ   中国工場での品質改善の順序 第25回の記事の中で、中国工場改善の順序は工場のレベルによって決まると書きました。 本来は工程の作り込みで不良の発生をなくすことが本筋であり求められることですが、中国工場では必ずしもそうではないのです。 日系も含め多くの中国工場の品質が悪いと言われる要因は、工場での管理や工程での品質の作り込みが不十分で不良を発生させていることにあります。一方で、その不良品を工場内で見つけ取り除くことができず顧客に渡ってしまっている、流出してしまっていることが2次的な要…


三菱電機 物流・製造現場向けコードリーダー2機種、高い読み取り率実現

三菱電機は、FAセンサ「MELSENSOR シリーズ」の新製品として、高い読み取り率を実現する物流・製造現場向けコードリーダー2機種を6月27日から発売した。 新製品は、米・コグネックス社と共同開発しており、状態の悪い損傷したコードでも、コグネックス社の独自アルゴリズムによって高い読み取り率を実現。高輝度照明などのオプションと組み合わせることで、自動車部品のシャフトやベアリングなど、光沢や反射がある面に打刻されたコードも読み取りが可能になる。 通信は、CC-Link IE フィールドネットワークBasic、SLMP、FTP、RS232、Ethernetなどに対応。CC-Link IE TSNは…


温度調節器(計)、食品・成型機向け堅調

最適温度で最適な「味」 品質管理ニーズが追い風 温度調節器(計)市場は、半導体やFPD(フラットパネルディスプレー)製造装置向けの需要に停滞感が出ている一方で、成型機市場、食品市場などは堅調に推移している。 生産性と品質の向上を図る上で、温度管理の重要性はますます高まっており、温度調節器(計)の役割も増している。 最近は、AI機能の搭載や、通信機能の充実といったIoTへの対応も進んでいる。今後はEV(電気自動車)やエネルギーの有効活用などに対応した2次電池関連向けの需要も新たな市場として期待されている。   「2次電池」の拡大も期待 温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサ…


基礎から学ぶ中国工場管理〜実例で学ぶ管理のポイント〜 (26)

中国工場での品質管理の進め方 ~品質管理3つの歯車~④ 独特な要因の深掘りが必要 中国工場で品質改善を進めるときのポイント ①中国要因を加味する ここに示した品質課題解決の手順は、みなさん見慣れたフロー図だと思います。基本的な手順は、日本でも中国でも同じです。ただ、中国で行う場合は、中国要因を加味することを忘れてはいけません。手順個々において中国独特の要因を加味しなければなりません。そしてその要因を深堀していくことが必要です。 ②問題の把握 改善は自社工場の問題点を把握することが出発点となるのですが、問題点やその本質を正しくつかんでいないことが多々あります。中国人スタッフだけでなく日本人駐在員…