SUBARU 富士通 AIが部品品質管理 量産ラインで本格稼働

SUBARUと富士通は、SUBARU群馬製作所大泉工場(邑楽郡大泉町)でエンジン部品加工工程における研削加工の品質を高精度に判定するAIモデルと、製造現場でのAIモデルの管理を支援する富士通の「COLMINA現場品質AI」の本格稼働を開始した。

両社はエンジンのカムシャフト研削加工工程の品質保証にAIモデルを活用する実証実験と、量産運用を想定した「COLMINA現場品質AI」の開発・実証を実施し、複数の設備に組み込まれたAIモデルのリアルタイムな稼働監視、長期的なAIモデルの品質維持の実現、AIモデルで加工中の全カムシャフトの品質のリアルタイム推測を確認し、本格稼働にいたった。

これにより全カムシャフトの研削加工時の品質保証を高精度・リアルタイムに実現し、従来の抜き取り検査に比べて品質保証レベルを向上。AIモデルの一元管理やライフサイクル管理によって効率的なAIモデルの運用や、AIモデルの品質を継続的に維持した運用を実現した。また、大泉工場をはじめとした群馬製作所全体でのプロセス監視を行い、専門性の高いAIの技術者でなくともAIモデルの現場適用を実施したことによって生産工場のレベルアップを実現している。

https://www.subaru.jp/

https://www.fujitsu.com/jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG