保守サービス の検索結果

ギークプラス 24時間365日対応、物流ロボ保守サービス開始

ギークプラス(東京都港区)は、物流ロボティクスの24時間365日対応の保守サービスを開始した。24時間365日ヘルプデスクを開設し、急な故障でも電話・メール対応を提供する。 国内遠隔サポートとして千葉テクニカルセンターからシステムを常時監視。異常発生時にはサービスエンジニアが迅速に対応する。定期的なシステムメンテナンスとロボットのシステムアップデートにより、常に最新機能の搭載が可能。修理に関しても、必要に応じてサービスエンジニアを迅速に現場へ派遣し、ロボットは1台単位で、運用と切り離して修理ができ、現場を止めずにメンテナンスが可能。 また予防保全として、サービスエンジニアが機器の点検/部品交換…


サトー/IoT活用保守サービス 資産管理 ライセンス 2機能追加し提供

サトーはIoT技術を用いた同社製品の保守サービス「SOS(サトーオンラインサービス)」に、顧客やパートナー企業の現場における課題解決を支援する「資産管理」および「ライセンス」の2機能を加え、国内で提供を開始した。海外でも今春以降、順次提供する。 SOSは「バーチャルカスタマーエンジニアを、お客さまのそばに」をコンセプトに開発された、IoTを用いた保守サービス。ラベルプリンタの稼働状況を24時間365日遠隔で見守り、問題が起きそうな箇所を事前に見つけて必要なサポートを行う予防保守により、安定稼働(ダウンタイムゼロ)を実現する。取得したログデータを活用することで、ユーザーの業務効率の向上にもつなが…


神戸製鋼 Webベースのアフターサービスシステム導入 保守サービスの質向上

神戸製鋼は、リブランビジネスシステム(東京都港区、三溝章義社長)のWebベースのアフターサービス業務支援システム「CSOne」を導入し、サービス事業を強化している。 同製品は、Webベースのアフターサービス業務支援システムで、顧客や機器・設備、契約の情報を一元管理し、修理・保守サービス受付から、保守員の割り当て、作業指示、見積もり、作業報告、請求に至る一連の業務機能をカバー。 スマートフォンでも利用でき、電子サイン機能を実装。クラウド型、オンプレミス型いずれの形態にも対応できる。 神戸製鋼機械事業部門圧縮機事業部汎用圧縮機本部統括部サービス事業推進室では、従来業務に対して、工事/整備計画の立案…


河村電器産業 「太陽光発電 クラウド型 監視&保守サービス エネQeye」 ワンストップで運用管理

河村電器産業は、太陽光発電の運用管理と発電システムの保守を、コストをかけずに請け負うO&M(監視&保守)サービス「太陽光発電クラウド型監視&保守サービスエネQeye」を展開している。 特徴1 ワンストップサービス=システム設計から異常監視を含めた監視・保守・運用までのトータルコストダウンの提案が可能。 特徴2 シンプルな監視で故障箇所を特定=必要最低限のキュービクルとパワコンの監視でユーザーの発電サイトを見守り、異常発生時は現地に駆けつけて故障箇所の特定まで行う、コストを意識した手軽なO&Mサービス。 特徴3 パッケージ化による分かりやすいメニュー=キュービクル監視から保守までの必要なメニュー…


サトーグループ 世界初、IoTを用いたラベルプリンタの保守サービスを開始 「ダウンタイムゼロ」目指す

サトーグループは、IoTを用いた保守サービス「サトーオンラインサービス(SOS)」を開発、搭載ラベルプリンタ「スキャントロニクスCL4/6NX-Jシリーズ」を3日から発売した。産業用ラベルプリンタでIoTを実装したサービスは世界初。 製造業の現場では、ラベルプリンタの安定稼働ニーズが日々高まっている。食品、医薬品はもちろん、工業製品においても「安心」「安全」に関しての情報開示が以前にも増して求められ、トレーサビリティ情報や、製品情報を付加したラベルプリンタがトラブルを起こしてしまうと、生産自体が滞ってしまう可能性もあるためだ。最終製品のみならず、中間製品にもラベル添付される事例も増えている。 …


太陽光発電システムの遠隔監視保守サービスオムロンが7月から開始

オムロンと、オムロンソーシアルソリューションズ(OSS)、オムロンフィールドエンジニアリング(OFE)は、太陽光発電システムの遠隔監視による運用監視・現場保守の一体型サービスの提供を7月から開始する。 今年7月から再生可能エネルギーの全量買い取り制度が始まる予定で、太陽光発電市場はさらなる拡大が予測されている。 今回、オムロンとOSSが独自のアルゴリズムによる発電量推定技術と、故障箇所推定技術を搭載した遠隔監視システムを開発。太陽光発電システムの発電量確保と維持管理をサポートする。 発電状況を常時遠隔監視し、異常発生後、直ちに異常内容に応じた部材調達を行い、修理交換など保守サービスをタイムリー…


デジタル最長10年の製品保証 表示器の保守サービス提供

デジタル(大阪市住之江区南港東8―2―52、TEL06―6613―1101、安村義彦社長)は、同社のPD(プログラマブル表示器)「GP4000/3000シリーズ」などを対象に、購入後1年間の保証期間を最大10年まで延長できる保守サービス「Pro―face Care(プロフェイスケア)」の提供を開始した。保守体制の効率化に悩む製造業へのサービス提案として、今年12月末までに3000社の契約を目指す。 この保守サービスは、PDの故障時の設備停止や、急な修理予算確保の対応にかかる時間の削減などのニーズに対応したもので、即日修理対応や代替機即日発送などの各種保守サービスを提供する。部品交換なども無償で…


頑健性・高信頼・長寿命そして低価格実現 FAパソコンへの期待とコンテックの取り組み 装置の小型化・コスト削減・省エネに貢献 最長7年のオンサイト保守サービス

また、「VPC―1000シリーズ」は、「オンサイト保守サービス(有償)」を提供している。 これは、本体と同時にサービス料金として購入いただくことで、最長7年にわたり専門技術者が出張修理のサービスを提供するもので、お客様からの連絡を受けて問題の切り分けを行い、部品交換などの修理対応が必要な場合には、技術者を現地に派遣して部品または本体の交換を行っている。


コンテック 可用性と保守性備える、ハイパフォーマンスFAコンピュータ受注開始

コンテック(大阪市西淀川区)は、24時間連続稼働を想定したハイパフォーマンスのFAコンピュータ「VPC-5000シリーズ」を開発、10月1日から受注開始する。 新製品は、高信頼・長寿命部品を採用した可用性と保守性を備えたFAコンピュータVPCシリーズの最上位モデル。サーバ・ワークステーション向けインテルC246チップセットを採用し、インテルXeon Eプロセッサ2200シリーズ、第9世代インテルCoreプロセッサに対応する。 BTO(注文後組み立て)方式による用途に応じた柔軟な構成が可能で、最大64GBのECCメモリ、最大4基のホットスワップ対応ハードウエアRAID構成、ハイエンドGPUボード…


日立とPTCがタッグ、製造業の全体最適化で協業

日立製作所とPTCジャパンは、このたび、製造業における製品の企画・設計から調達、生産、保守サービスまでのバリューチェーンをシームレスにつなぎ、全体最適化を実現する次世代ソリューションの提供に向けて協業を行うことで合意した。 日立は、自ら製造業として長年培ってきたOTとIT、プロダクトを融合し、Lumadaを活用したトータルシームレスソリューションを製造業向けに提供し、調達から生産、保守サービスに至る”モノをカタチにする”サプライチェーン領域の最適化を強みとする。PTCは、各種部品表(BOM)を中心に設計・開発のための情報を一元管理するPLMソリューションのWindchillに、IoTデータの収…