神戸製鋼 Webベースのアフターサービスシステム導入 保守サービスの質向上

2017年2月15日

神戸製鋼は、リブランビジネスシステム(東京都港区、三溝章義社長)のWebベースのアフターサービス業務支援システム「CSOne」を導入し、サービス事業を強化している。 同製品は、Webベースのアフターサービス業務支援システムで、顧客や機器・設備、契約の情報を一元管理し、修理・保守サービス受付から、保守員の割り当て、作業指示、見積もり、作業報告、請求に至る一連の業務機能をカバー。 スマートフォンでも利用でき、電子サイン機能を実装。クラウド型、オンプレミス型いずれの形態にも対応できる。 神戸製鋼機械事業部門圧縮機事業部汎用圧縮機本部統括部サービス事業推進室では、従来業務に対して、工事/整備計画の立案…