世界市場 の検索結果

【GII調査リポート】自動倉庫の需要が拡大 自動マテハン機器世界市場 2026年 768億ドル規模へ

 グローバルインフォメーションが取り扱うMarketsandMarketsの調査レポート「自動マテリアルハンドリング(AMH)機器の世界市場(〜2026年)」によると、自動マテリアルハンドリング機器の市場は予測期間中12.0%のCAGRで推移し、2021年の436億米ドルから、2026年には768億米ドルの規模に成長すると予測している。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による自動倉庫の需要の拡大、倉庫自動化のためのロボットソリューションを提供するスタートアップ企業の台頭、主要産業におけるAMH機器の人気の高まり、人件費および安全性への関心の高まりなどが要因。  製品別では効…


富士経済 スマートファクトリー製品・システム世界市場、25年に5.5兆円へ

デジタル化、自動化投資が急拡大 新型コロナウイルスの感染拡大は、製造業のデジタル化を加速させるきっかけとなったのは間違いない。現在、製造業全体では厳しい状況にあるが、デジタル化や自動化投資は根強く、今後はさらに加速すると見られている。 富士経済の調査によると、2025年のスマートファクトリー関連システム・製品の世界市場は、19年と比較して2.4倍の5兆5446億円に拡大するとしている。19年は米中貿易摩擦の影響から一部で設備投資を控える動きがあったが、IoTニーズの高まりから市場拡大を維持。 20年はコロナ禍の影響を受けつつも市場は堅調。IoTやSCADAなどの見える化・活人システムが伸び、2…


IFR「業務用サービスロボット世界市場調査」19年売上高32%増112億円、医療用中心に拡大

物流も高い需要 サービスロボットの世界市場が拡大している。国際ロボット連盟(IFR)によると、プロが使う業務用サービスロボット(プロフェッショナルサービスロボット)の19年の売上高は、世界全体で32%増加して112億ドルとなった。新型コロナウイルスのパンデミックは、消毒ロボットや、工場や倉庫での物流ロボット、宅配用ロボットへの高い需要によって市場拡大をさらに後押しするとしている。 プロが使う業務用サービスロボットの売上高では、医療用ロボットがトップ。前年比28%増の53億ドルとなり、業務用サービスロボットの総売上高の47%を占めた。2022年までに今の2倍以上となる113億ドルになる見込み。医…


矢野経済研調べ「小型・産業用モータ世界市場出荷動向」コロナ影響 20年下降、21年には回復見込む

矢野経済研究所は、2020年の小型モータ・産業用モータ世界市場の出荷動向について、2020年はコロナ禍の産業全般の生産落ち込みにより小型モータ世界出荷数量は前年比6.3%減の62億3219万個と発表した。21年から回復し、22年には65億900万個になると予測している。 車載向けを除いた20年の小型モータ世界市場規模は、新型コロナウイルスの影響でPCや通信関連機器、医療機器向けのモータ需要が増えているが、グローバル経済の低迷により産業全般の生産が落ち込み、小型モータ市場も減少する見込み。アプリケーション別では、これまで好調だった家電・住宅設備機器、産業機器関連の需要が大きな影響を受け、前者は消…


矢野経済調べ 5G関連デバイス世界市場、2030年には69兆円規模

矢野経済研究所は、5G関連デバイス世界市場を調査し、2020年の世界市場規模は11兆889億円と予測した。20年は5Gサービスの本格展開が見込まれたが、新型コロナウイルスの影響を受けて設備投資が遅れた。それでも大手通信キャリアの意欲は高く、これ以降は22年に21兆5469億円、30年には69兆5930億円まで拡大すると予測している、 5Gは高速・大容量・低遅延・多数同時接続の特徴が言われるが、実際にはアプリケーションごとにそれらの特徴の生かし方は異なる。現在でもWi-Fiや4G・3G回線を使ったスマートメーターやスマート農業、工場などでのIoT化や、小売業や流通業などでのRFIDによる自動化、…


富士経済調べ「業務・サービスロボット世界市場」25年 4.7兆円規模へ

物流・搬送用 5倍の成長率見込む 富士経済は、単純労働や身体的負荷の大きな作業を代替し、人の補助として活用される業務・サービスロボットの世界市場を調査し、「2020 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.2 業務・サービスロボット市場編」をまとめた。 業務・サービスロボット世界市場は、19年は1兆9819億円で、25年には2.3倍となる4兆6569億円まで拡大するとしている。     業務・サービスロボットは、医療・介護用、家庭用、建設・レスキュー・インフラ点検用、物流・搬送用、オフィス・店舗用、その他の6分類され、19年時点で最も大きな市場となっているのが、お掃除ロ…


製造業向けロボット世界市場予測、25年 2.3兆円規模へ

新型コロナで見えた人手作業リスク 自動化さらに加速 労働力不足と自動化は世界の潮流となっており、製造業におけるロボット活用は今後も拡大が見込まれている。富士経済の調査によると、2025年には現在の2.2倍となる2兆2727億円まで拡大すると見込まれている。 20年は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によってブレーキがかかりそうだが、逆に人手作業のリスクが顕在化したことで、ロボット化・自動化が加速しそうだ。   19年の世界のロボット市場は、米中貿易摩擦の長期化による設備投資の抑制やスマートフォン需要の一服感、半導体不況によって成長は鈍化。前年比9.2%減の1兆174億円だった。 用…


富士経済 製造業向けロボットの世界市場、19年は前年比9.8%減、25年は19年比2.2倍に

富士経済は、製造業向けロボットの世界市場を調査し、2019年は1兆174億円で前年比9.8%減と発表した。 19年は米中貿易摩擦による設備投資の抑制やスマートフォン需要の停滞、半導体不況などにより市場は縮小。今後はスマートファクトリー化の進展、5G普及によるスマートフォンや半導体需要の高まり、次世代自動車や自動運転車の普及による生産ラインの刷新などによって市場は拡大するとみられ、25年は2兆2727億円で、19年比2.2倍まで拡大すると予測。   注目市場のヒト協調ロボットは、19年は590億円で前年比1.7%増に留まったが、25年には2653億円で19年比4.5倍に拡大する見込み。…


GII 市場リポート リニアモーション世界市場予測、24年には4700億円へ

品質検査・自動化ニーズ拡大 グローバルインフォメーションが取り扱うMarketsandMarketsの市場レポート「リニアモーションの世界市場2024年までの予測:リニアガイド、アクチュエーター、ボールねじ、リニアモーター」によると、世界のリニアモーション市場は、2018年には32億ドル(約3400億円)、2024年には44億ドル(約4700億円)と、5.3%のCAGR(複合年間成長率)で成長する見通し。 市場成長の主な要因として、品質検査・自動化ニーズの拡大や、製品上市までの時間短縮の必要性、電子機器の小型化需要の増大などが挙げられる。産業別では工作機械向け需要が、地域別ではアジア太平洋地域…


GII 市場リポート 製造実行システム世界市場の将来展望、2027年 4兆円規模へ成長

18年から4倍高まるニーズ グローバルインフォメーションが取り扱うStratistics Market Research Consultingの市場レポート「製造実行システム(MES):世界市場の将来展望2018〜2027)」によると、MESの市場規模は18年の98億1000万ドル(約1兆円)から27年には381億8000万ドル(約4兆1322億円)で、年平均成長率16.3%で成長すると予想している。 MESは、複合的な製造システムと産業用生産設備上でのデータの流れを結合、監視、制御するコンピューターシステムであり、品質と効率を高めるための仕組みを製造工程に組み込み、予防的かつ体系的に運用する…