GII 市場リポート 製造実行システム世界市場の将来展望、2027年 4兆円規模へ成長

2020年4月15日

18年から4倍高まるニーズ

グローバルインフォメーションが取り扱うStratistics Market Research Consultingの市場レポート「製造実行システム(MES):世界市場の将来展望2018〜2027)」によると、MESの市場規模は18年の98億1000万ドル(約1兆円)から27年には381億8000万ドル(約4兆1322億円)で、年平均成長率16.3%で成長すると予想している。

MESは、複合的な製造システムと産業用生産設備上でのデータの流れを結合、監視、制御するコンピューターシステムであり、品質と効率を高めるための仕組みを製造工程に組み込み、予防的かつ体系的に運用することで、戦略的、戦術的な利益を実現していくことができる。近年、工業オートメーションに対する関心の高まり、大量生産とネットワーク接続されたサプライチェーンを求める声の高まり、日用消費財に対する需要拡大などの要因により世界のMES市場は着実に成長している。

MESを提供している主要企業は、ハネウェル、GE、シーメンス、ロックウェル・オートメーション、ABB、オラクル、Forcam、Emerson Electric、アプライドマテリアルズ、SAP、ダッソーシステム、ミラコム、MPDV、Avevaなど。

レポートは世界のMES市場を調査し、成長促進要因や阻害要因を含めた市場の動向、デプロイメント形態別、企業規模別、サービス別、機能別、エンドユーザー別、地域別の市場分析、最近の主な動き、各社のプロファイルなどの情報を収録。

 

■株式会社グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
詳細は https://www.gii.co.jp/