ターク・ジャパン の検索結果

【各社トップが語る2020】ターク・ジャパン「RFIDの販売促進強化」福田洋介 代表取締役社長

ターク・ジャパン 福田洋介 代表取締役社長   ターク・ジャパンの2019年は、多くのお客様に「ターク」というブランドを知って頂く機会を大変多くつくることができた1年であった。その結果、19年の売上高は前年度比51%増を達成することができた。 その売上増の多くが新しいお客様から頂いており、「ターク」という世界的なブランドを日本で認知して頂くことが、そのまま営業活動につながっていくと考えている。 19年は、リモートI/OやPLCに代表される制御機器と、センサやエンコーダに代表されるセンシング機器、および、それを希望通り通信させるためのエンジニアリングサポートを同時に提供することでお客様…


ターク・ジャパン 名古屋に営業所、顧客対応 さらに強化

独のセンサー大手メーカー、ターク・ジャパン(東京都千代田区)は、初めての営業所として名古屋営業所を開設、4月から営業を開始した。中部地区には同社のセンサーユーザーである自動車メーカー、工作機械メーカーが数多く立地しており、拡販を進める。 また、グローバルで提携関係にある米のセンサーメーカー、バナー・エンジニアリング社製品の国内販売も今春から本格的に開始した。バナーは米国の大手センサーメーカーとして、欧米ではタークと提携しているが、国内での協業を強める。 ターク・ジャパンの福田洋介社長は「これまで日本では市場調査と販売店サポートが主業務であったが、社員が増員したことで顧客を直接訪問できる体制が整…


【各社トップが語る2019】ターク・ジャパン、パッケージ提案活動強化

代表取締役社長 福田 洋介 ターク・ジャパンは、センサに加え、システムプロバイダとして、リモートI/O、PLCなどIoTのエッジデバイスからクラウドソリューションやエンジニアリングサポートまでをパッケージとしてお客様に提案していく営業活動を、TURCKグループグループ全体で取り組んでいる。 TURCKグループ全体の2018年の売上高は6.6億ユーロで、前年度比10%増加を予想しており、従業員数もこの1年間で300人増え、4800人となっている。特に、アジア・太平洋地域は20%、欧州・中東で15%それぞれ前年より売り上げが伸びている。 19年も2桁の売り上げ増を目指して活動していく。今年はTUR…


【各社トップが語る2020】FA特集61社インタビュー 目次アーカイブ

オートメーション新聞 新春特集号恒例の各社トップインタビュー記事のアーカイブです。 2020年1月8日付の「新春FA特集号」では61社にご協力をいただき、2019年の実績や感想、販売・営業施策、製品・サービスについて、そして2020年の見通しや市場の動き、施策などを伺っています。   (50音順) ■ IMV 「振動センサで予知保全実現」 小嶋淳平 代表取締役社長 ■ IDEC 「DNAの安全・HMI注力」 舩木俊之 代表取締役会長 兼 社長 ■ 相原電機 「トランスと会社の未来探求」 城岡充男 代表取締役社長 ■ アイ・ビー・エス・ジャパン 「ワイヤレス需要を追い風に」 望月綾子 …


「産業オープンネット展2019」7月23日大阪、7月30日東京で開催

「つなぐ技術」で現在の値を見る。 将来のパフォーマンスがわかる。 大阪:7月23日(火) グランキューブ大阪 東京:7月30日(火) 大田区産業プラザPiо   産業用オープンネットワークを推進する各団体や会社が一堂に会し、セミナーとデモを通してオープンネットワークを採用するメリットを紹介する「産業オープンネット展2019」(主催:産業オープンネット展準備委員会)が、7月23日(火)に大阪会場で、7月30日(火)に東京会場で開催される。 開場時間は10時から17時。入場無料。   接続メリットを直接紹介 工場のオートメーション化、IoT化を進めていく中で、「つなぐ技術」とし…


速報取材レポート「TOKYO PACK 2018 (2018東京国際包装展)」今年の見どころ徹底解説

2018年10月2日(火)~5日(金)の4日間、東京ビッグサイトで開催中の「TOKYO PACK 2018 (2018東京国際包装展)」。 包装資材・容器、包装機械を中心に、調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまで、あらゆる分野を網羅した展示会です。今年は国内外約700社が出展、63,000人もの来場者数を見込んでいます。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします。 開催概要:「TOKYO PACK 2018(2018東京国際包装展)」 名称:TOKYO PACK 2018(2018東京国際包装展) 会期:2018年10月2日(火)~5日(金) 10:0…


「産業オープンネット展2018」7月25日東京・27日名古屋で開催、「つなぐ技術」が勢ぞろい

産業オープンネット展2018 東京会場:7月25日(水) 大田区産業プラザPio 名古屋会場:7月27日(金)名古屋国際会議場 産業用オープンネットワークを推進する各団体やベンダーが一堂に会し、セミナーとデモを通してオープンネットワークを採用するメリットを紹介する「産業オープンネット展2018」(主催:産業オープンネット展準備委員会)が、7月25日(水)に東京会場で、7月27日(金)に名古屋会場で開催される。 開場時間は10時から17時。入場無料。 見て、聞いて、触れて体験 最新機器デモ展示 工場のオートメーション化、IoT化を進めていく中で、「つなぐ技術」として重要な役割を担う産業用オープン…


産業オープンネット展2017 8月24日東京/29日大阪 過去最大11団体・49ベンダー参加

「つなぐ技術」見て 聞いて 触って 比較 産業用オープンネットワークを推進する団体が一堂に会して展示とセミナーを行い、オープンネットワークを採用するメリットを紹介する「産業オープンネット展2017」(主催=産業オープンネット展準備委員会)が、8月24日(東京)と8月29日(大阪)に開催される。開場時間は午前10時~午後6時。参加費は無料。 工場と工場、機械と機械、モノとモノを「つなぐ・つながれる」志向が年々強まり、特に第4次産業革命とも言われるI4.0(インダストリー4.0)やIIC(インダストリアル・インターネット・コンソーシアム)などに代表されるIIoTに対応したつながるものづくりを進める…


産業オープンネット関連ニュース ハイライト2017

【1月】 ▼ネットワーク関連団体・関連機器メーカーが「IO-Link紹介セミナー」を東京と名古屋で開催。合わせて約200人が参加した。 【3月】 ▼ODVA TAG Japan 「第20回年次総会」を東京で開催。松本英俊代表が最近の活動状況を報告し、「ODVAのメンバー数は米国を中心に安定的に増加している。15年度の出荷ノード数もEtherNet/IPは約25%のシェアを有している」と述べた。 【4月】 ▼IO-Linkコミュニティ ジャパン発足。オムロン、ケーメックス、シーメンス、ターク・ジャパン、バルーフ、ビーアンドプラスの6社が幹事会社。リーダーには日本プロフィバス協会の元吉伸一会長、幹…


IO-Link コミュニティ ジャパン発足

センサ・アクチュエータレベルのネットワーク「IO-Link」の日本での普及を進める「IO-Linkコミュニティ ジャパン」が4月に発足した。幹事会社は、オムロン、ケーメックス、シーメンス、ターク・ジャパン、バルーフ、ビーアンドプラスの6社で、リーダーには日本プロフィバス協会の元吉伸一会長、幹事にはオムロンコントローラ事業部の松本英俊事業計画部長が就任した。 IO-Linkは、IEC61131-9で規定されたネットワークで、欧州を中心に540万台を超える設置実績がある。イーサネットを使ったデジタル通信が主流になる中で、今まで多くのセンサ・アクチュエータは通信の対象外となっている。工場の設備停止を…