ヤマハ クラス最速の実装機発売 上位機種の技術投入

2017年1月25日

ヤマハ発動機は、小型・高速・省スペースに部品対応力と汎用性を兼ね備え、クラス世界最速(同社調べ)14万6000CPHの搭載能力を実現した表面実装機の新製品「YSM10」を2月1日から発売する。これによりYSMシリーズは、ハイエンドの超高速モジュラー「Z:TA-R(ジータ アール)YSM40R」、アッパーミドルクラスの万能高効率モジュラー「Z:LEX(ジーレックス)YSM20」とあわせ3モデルがそろい、多様な生産形態や規模に最適なラインを構築できるラインアップとなる。 「YSM10」は、「クラス№1の搭載スピード」「ヘッド交換不要の1ヘッドソリューション」「『YS12』系3モデルを統合する1プラ…