富士電機 東南アジア事業拡大 クボタの自販機事業撤退受け

2017年9月27日

富士電機は、クボタとの間で、クボタとクボタベンディングサービス(KVS)が保有するインドネシアのP.T.METEC SEMARANG(PTMS)株式の全てを譲り受けることと、国内外の自動販売機にかかわるアフターサービス業務の承継などの契約を締結した。株式譲渡実行日は11月15日の予定。 同社は、東南アジア市場での自販機事業の拡大に向け、タイ、シンガポールの子会社による営業活動を展開し、2014年7月にはタイの生産子会社で飲料・物販自販機の組み立て生産を開始。さらに16年6月にはタイに自販機運営会社を設立して自販機市場の形成を推し進めている。 今回、クボタの自販機事業からの撤退を受け、PTMSの…