安川電機 産業用ロボットの出荷50万台達成 1977年に初の全電子式出荷

第1号機の「MOTOMAN-L10(左)と、現在の「MOTOMAN」 50万台出荷推移 安川電機の産業用ロボットの累積出荷台数が2021年2月で50万台を達成した。 同社は1977年に日本で初めての全電気式の産業用ロボット「MOTOMAN-L10」の出荷を開始。94年にはロボットコントローラ「YASNAC MRC」が業界で初めて複数台のロボット同士の完全独立協調動作を実現した。2003年からは、溶接からハンドリングまで多様な目的に使用できる汎用ロボットから、使い方や機能をアプリケーション別に構造を最適化した 「用途最適化ロボット」の取り組みを始めた。 また、一般的な動作に十分な6自由度のロボッ…

続きを読む