【製造業BIツール導入事例】ヤマハ発動機、ジールの技術支援のもと、製造部門がグローバルなデータ分析基盤の構築・運用を実現

ヤマハ発動機は、BI・データウェアハウスソリューションを専門とする株式会社ジール(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡部 貴弘)の技術支援を受け、販売データを起点とした生産や物流の最適化、製造部門のデータ分析基盤の構築に向けてBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールを導入し、運用を開始した。BIツールを活用してどのようにデマンドチェーンの革新につなげたか。要点を抜粋して紹介する(導入事例の詳細・全文はこちら) 背景と課題 需給調整の精度を向上させる デマンドチェーン変革の実現を目指す  ヤマハ発動機は、グローバルで持続的成長を目指し、需給調整の精度向上を図るうえで、消費者の需要側から見た製品…

続きを読む

三菱電機 SF6ガス開閉装置用、2つの新技術を開発

遮断・絶縁性能アップ 三菱電機は、高電圧の電力系統に利用されるSF6ガス絶縁開閉装置の電流遮断性能を25%向上させる「アーク冷却促進技術」と、絶縁性能を30%向上させる「高電圧導体の高密度絶縁コーティング技術」を開発した。 高電圧SF6ガス絶縁開閉装置は、優れた遮断性能と絶縁性能のため電力の安定供給に寄与しているが、一方で地球温暖化係数が高く、地球温暖化対策が世界的な課題となる中、使用量削減が求められている。 アーク冷却促進技術は、電流遮断時に電極間に発生するアーク(高温の導電性プラズマ)を、冷却材からガスを噴出させてガス圧力を高めて吹き付け、アークを一気に冷却・消滅させる独自技術。アークを通…