ul の検索結果

フォトロン、FULL HD解像度で1000コマ/秒! Wi-Fi機能付き手のひらサイズの高速度カメラ発売

フォトロン(東京都千代田区)は、268万画素(1920×1400画素)で750コマ/秒、最高10,000コマ/秒の撮影性能を持ち、手のひらサイズの筐体の中に多数の機能を搭載した万能型の高速度カメラ(ハイスピードカメラ)「FASTCAM Mini CX100」を発売いたします。 製品名:FASTCAM Mini CX100 発売日:2019年4月3日   製品化の背景 自動車衝突安全試験では多くの高速度カメラが使用されています。しかし、近年の安全基準強化に伴い、試験内容は多岐にわたり、高速度カメラにも多様な機能が求められるようになってきました。当社では、このようなニーズに応えるべく、手…


ユニバーサルレーザーシステムズ 米国発の最新レーザー加工機「ULTRA9」新発売

フィルムや布地などの薄物の新素材加工に最適 新素材を使った軽量化が進む自動車や飛行機、エレクトロニクス産業の高性能化や高密度実装は新材料が大きく貢献している。新材料が活躍する裏には加工技術の進化もあり、現在ではレーザー技術がそれらの実現に一役買っている。 ユニバーサルレーザーシステムズ(横浜市西区)は、メーカーや大学、研究機関の研究開発部門で広く採用されている小型レーザー加工機の専業メーカー。このたび、さらに機能を改善し、小型化したULTRA9を開発・発売した。   世界100カ国で稼働 同社は1988年にアメリカで創業したレーザー加工機専業メーカー。CO2とファイバレーザー技術を持…


サウスコ UL認証を取得、金物部品メーカーとして世界初

サウスコは、金物部品メーカーとして世界初となる、UL FTTA2/FTTA8認証を取得した。 UL FTTA2/FTTA8は、米国とカナダを対象に新設されたエンクロージャ用アクセサリ部品向けの規格で、エンクロージャ最終製品へのヒンジおよびラッチ部品の適合認証を簡素化するもの。 エンクロージャメーカーは、事前に承認された部品であることを示す同認証を活用することで、UL50E適合試験にかかる時間とコストを大幅に低減することができる。省略可能な試験には、固体/液体侵入、耐腐食性、ガスケット性能や、プラスチック材料にかかる耐UV(紫外線)性、浸水/浸漬、燃焼性要件などがある。 サウスコが同認証を取得し…


UL Japan 制御盤に関する米国の規格規制および各国における状況 (4)

第4回 産業用制御盤のエンクロージャー 〜「認証品」の使用に留意〜 ■エンクロージャー 「エンクロージャー」とは何を表すでしょうか。日本語では「筐体(箱形のケース)」と表現されることが多いようです。 電気機器は、基盤ユニットのようにむき出しのものもありますが、通常はケースに入っています。 一般的にこのケースをエンクロージャーと呼ぶ場合もありますが、ここでは、電気機器設置後の保護のために、最終的に入れる容器としてのエンクロージャーについて取り扱います。 エンクロージャーの主な目的は以下の3点です。 1.エンクロージャー内の危険部からの人体の保護 2.固形物の侵入に対する内部の電気機器の保護 3.…


UL Japan 制御盤に関する米国の規格規制および各国における状況 (3)

第3回 産業用制御盤の短絡電流定格 〜特性、回路構成で決定〜 ■短絡電流定格(SCCR)とは 短絡電流定格は、英語名称のShort Circuit Current Ratingを略して通称SCCRと呼ばれます。SCCRとは、短絡が起きたときに回路にある機器が発火や地絡をせず、他の機器へも危害を及ぼさない限界の短絡電流値のことです。   ■短絡電流:定格の目的 短絡が起きると、ヒューズやブレーカーなどの過電流保護機器が動作して遮断します。このとき非常に短い時間ですが遮断されるまでの間に大きな電流が流れます。この電流の大きさは制御盤へ供給する電源の容量によって変わります。 短絡が起きたと…


UL Japan 制御盤に関する米国の規格規制および各国における状況 (2)

第2回 北米向け産業用制御盤を理解する 〜「マーキング」の正しい知識を〜 米国で産業用制御盤を使用する場合、米国電気工事規定(National Electrical Code、NEC)とも呼ばれる米国国家規格ANSI/NFPA 70のArticle 409およびArticle 110・3(B)の要求に従って、製品を正しく選択し設置する必要があります。そのためには、産業用制御盤がどのように評価され、マーキング表示が何を意味しているかを理解することが大切です。今回は産業用制御盤のUL認証を例に解説します。   ■製品カテゴリーNITWに分類される産業用制御盤 UL認証の製品カテゴリーNI…


UL Japan 制御盤に関する米国の規格規制および各国における状況 (1)

第1回 米国における産業機器、産業機械に対する規制の概要 〜米国電気工事規定への適合必要〜   ■適用される法律 州や地域からなる連邦国家として統治されている米国には、職場の安全衛生を規定する法律として連邦職業安全衛生法が存在します。この法律に基づき、米国労働省(United States Department of Labor)管轄下の労働安全衛生局(Occupational Safety&Health Administration, OSHA)が、労働安全衛生規則 29 CFR part 1910を制定しています。米国における産業機器、産業機械に適用される法律としては、まず大きく…


富士電機機器制御 配線用遮断器 125Aフレーム追加 薄型でULに対応

富士電機機器制御(東京都中央区)は、配線用遮断器「PowerPact(パワーパクト)Bシリーズ」の販売を開始した。 新製品は、シュナイダーエレクトリックブランドのUL規格に登録された小型125Aフレームサイズ品。3極品で幅81ミリメートルと、従来品Fフレームに比べ構造比で30%減を達成しており、1極あたりで27ミリメートルの薄型になっている。 また、DINレール上に、内装付属品を取り付けできることで、取り付けられている付属品ならびに仕様を視覚的に判別可能。 しかも、スプリング効果を採用した「EverLink」端子構造により、制御線を主回路端子から引き込むことができるうえ、電線接続方式に合わせた…


フエニックス・コンタクト フェルールでUL取得

  フエニックス・コンタクト(横浜市港北区、青木良行代表取締役社長)は、 端子台配線のフェルールでUL認証(UL486F)を取得した。 フェルールは撚線がばらけてしまうことを防止するだけではなく、工具不要でそのまま挿入することができ、配線作業の大幅な効率化が図れる。ヨーロッパで主流のプッシュイン接続で必須として使用されている。 フェルールのUL規格が制定されたことから、同社ではフェルールでもいち早く認証を受けたもの。 今回同社は、 フェルール本体と、指定された圧着工具との組み合わせとして認証を取得しており、同社の指定工具製品から適合工具を選べる。 米国への販売機会が増える中、UL認証…


ハーティング 角型コネクタとサーキットブレーカーUL取得 制御盤の設計で利便性向上

ハーティング(横浜市港北区、能方研爾代表取締役)は、同社の角型コネクタが世界で初めて、サーキットブレーカーと組み合わせて「UL 508」準拠の工業用制御盤の電気的接続に使用できるようになったと発表した。 ULを取得したのは、ハーティングの小型産業用コネクタHan 3Aハウジングに組み込まれた大電流用の「Han Q 3/0インサート」。 UL508では制御装置の電気回路について規定しており、安全策として、過電流が生じた場合に回路を遮断するヒューズやサーキットブレーカーの設置を義務付けている。これまで制御盤にコネクタを使用してUL 508認証を取得するのに使用できる過電流保護機器はヒューズだけだっ…