三菱電機、UL不適合の電磁開閉器を製造

三菱電機は、同社の名古屋製作所可児工場(岐阜県可児市)で製造する電磁開閉器の一部機種の部品に、米国・UL規格に認証登録された樹脂材料とは異なる材料を使用していたことが分かり、 4月26日から該当機種の出荷を停止した。現時点で本事案に起因する事故は確認されていないという。

5月7日時点での該当機種は、「MS-Tシリーズ」

電磁開閉器オプションの補助接点ユニット約134万台、「MS-T シリーズ」

電磁継電器約81万150台。

なお、JIS規格には適合している。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る