資料 の検索結果

コグネックス マシンビジョンの資料公開

コグネックス(東京都文京区)は、ホワイトペーパー「INDUSTRY4.0とマシンビジョン–スマートファクトリと工業用IoTの将来性–」と、「エレクトロニクスソリューションガイド」を新たに公開した。 「INDUSTRY4.0とマシンビジョン」は、Industry4.0の現状を説明するとともに、製造/販売会社にとっての主なビジネスチャンスと、あらゆる工場でデータ生成量がもっとも多いマシンビジョンの技術の重要な役割について解説。 「エレクトロニクスソリューションガイド」は、エレクトロニクスのためのマシンビジョンおよびバーコードソリューションガイドで、生産設備、電子機器メーカーおよびサプライチェーンに…


配電制御システム 配電盤の点検・更新を!JSIA耐震強度の技術資料制定

「配電盤の点検・更新を!」。 東日本大震災とその後の余震が続くなかで多くの受配電盤、分電盤、制御盤などが被害を受けたが、国内が地震活動期に入ったとの説もでており、配電盤類の定期点検時期を前倒し、機器交換や設備更新により耐震と節電能力を高めるキャンペーン展開の必要性が出てきた。日本配電制御システム工業会(JSIA、盛田豊一会長)は、技術資料「耐震強度(震度階級と水平震度)」を制定、また、防災関連設備を発行するなど技術向上を支援している。 今回、JSIAの技術資料で昨年2月改正の「配電盤の更新推奨時期判定の手引」から定期点検周期と更新推奨時期の部分を取り上げた。 更新推奨時期は機能や性能に対するメ…


KEP 松下資料館を見学 3月例会を開催

近畿電子部品卸商組合(KEP、岡本弘理事長)は平成21年度3月例会として、10日に京都府木津川市相楽台3―1―1の「松下資料館」見学会を行った。 同資料館は、パナソニックグループの創業者、松下幸之助の生誕100年を記念し、1994年5月に開館した。 松下幸之助が理想とした人間としての生き方・考え方、企業経営のあり方、そして国家社会・世界の展望に至る幅広い内容が著作や映像、グラフィックパネルなどを用いて展示されており、一般公開されている。当日は、午後2時に同資料館に到着、KEP岡本弘理事長のあいさつのあと、同資料館参与の竹田潔氏が「松下幸之助の生き方、人生観、企業経営について」と題し、貴重なテレ…


日東工業 プライベート用ボックス、いつでもどこでも一人空間

換気・防犯・防音・防火にも配慮 日東工業は、プライベート空間として、いつでもどこでも利用できる「プライベート用ボックス」を発売した。 新しい働き方や生活様式が求められるなか、「Web会議ができる個室が欲しい」「空いた時間にメールや資料を作りたい」「周りを気にせずに電話したい」といった要望が生まれている。 今回の「プライベート用ボックス」は、換気・防犯・防音・防火に配慮しながら、1人で集中して作業できる快適空間を実現する。事務所などの共有スペースに設置可能。 外形寸法は幅1200×高さ2275×奥行き1100ミリメートルで、LED照明、USBポート付きコンセント、テーブルなどを備える。 換気ファ…


GII市場リポート 金属付加製造市場、今後10年間で100億ドル超

収益の大部分、材料需要に グローバルインフォメーションが取り扱うIDTechEx Ltd.の市場レポート「金属付加製造(AM)の世界市場:2020-2030年」によると、世界の金属付加製造(AM)の市場は一時的には落ち込みを示すものの、今後10年間で100億米ドルを超える規模に成長すると予測されている。 90年代に初めて商業化された金属付加製造(金属の3Dプリント)は、13年から急激な収益の増加成長を遂げている。金属付加製造の利点は、設計の自由度、汎用性の高い製造、コスト削減など、数多くある。これを利用するために、多種多様な材料を使用したプリンタープロセスの企業が増え続けている。新規企業は一般…


令和の販売員心得 黒川想介 (30)

女性が活躍する感情の領域 新市場に攻め入る有効手段 颯爽と街を歩く若い女性たちは、大きめのバッグを肩にかけているのが目立つ。昭和の若い女性たちが颯爽と街を歩く時には、小さなハンドバッグを手に持ったり肩にかけたりしていた。その小さなハンドバッグの中には、周囲にみっともない姿をさらさないように身だしなみを整えるものとして、化粧道具や小物が入っていた。 現代の若い女性たちが持つ大きめのバッグの中には、身だしなみを整えるというよりは、オシャレを楽しんだり個性をアピールしたりするものとして、化粧道具や装身具他が入っているようだ。 男性の持ち歩くバッグも変わってきている。昨今は手に持つカバンより背負うバッ…


「TECHNO−FRONTIERバーチャル展示会2020」9月8日〜18日 メカトロ、エレクトロ112社出展

製造業のエンジニアに向けて、開発促進と市場創出のためのメカトロニクス、エレクトロニクス専門展示会「TECHNO-FRONTIERバーチャル展示会2020」(主催=日本能率協会)は、9月8日(火)10時から18日(金)17時までの11日間、オンライン上で開催する。参加無料。 同展は、今年4月に幕張メッセで開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い中止となったTECHNO-FRONTIER2020のバーチャル展示会版で、今回、初のオンラインにて開催となった。要素技術メーカーを中心に112社が出展する。 期間中は時間を問わずに同展に参加でき、バーチャルブースから出展各社の製品資料データの…


GII市場リポート 3Dマシンビジョン市場、27年まで10%超の高成長

自動化、ロボットが牽引 グローバルインフォメーションが取り扱うBizwit Research&Consulting LLPの市場レポート「世界の3Dマシンビジョンの市場規模調査:提供別、製品別、用途別、地域別予測2020年〜2027年」によると、世界の3Dマシンビジョン市場は2019年に約15億米ドルとなり、20年〜27年の間で10%を超える成長率で成長すると予想している。 マシンビジョンは、ロボットガイダンス、プロセス制御、自動検査等で画像ベースの自動分析・検査に使われる。3Dマシンビジョンは多数のスキャナーからの複数の点群を統合し、システムは点群、3D三角測量、ステレオビジョンなどのさまざ…


「TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会 2020」9月8日〜18日 オンライン開催

メカトロニクス、エレクトロニクス、開発・設計DXなど 112社が出展 製造業のエンジニアに向けて、開発促進と市場創出のためのメカトロニクス、エレクトロニクス専門展示会「TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会 2020」(主催=日本能率協会)が9月8日(火)〜18日(金)の11日間、オンライン上で開催される。 「TECHNO-FRONTIER」は、モータ/電源/センサなどの要素技術をはじめ、製品設計に関する幅広い製品・技術の展示と、最新技術動向が学べるシンポジウムが同時開催されるショー&カンファレンス。1983 年の初開催以来、研究開発や設計に関わるエンジニアから多くの支持と…


これからのデジタル時代に適した生産方式とは? 次世代型ジョブショップ生産方式

ライン生産、セル生産に続く新たなる基軸 生産現場の完全自動化とデジタルファクトリー、製造業のDXを実現   社会にまだモノが普及しておらず、大量に作って行き渡らせることを第一目的とした時代から、ひと通り普及して量よりも質へと意識が変わり、買い替え需要がメインになった時代を経て、多くの製品分野で普及率がほぼ高いレベルに達し、市場の大勢も固まった。すでにある製品には基本機能以上の付加価値が求められ、一方で隙間のニッチ市場を狙った新製品が次々に生まれてくる、今はそんな時代に突入している。 時代に応じてユーザーや市場の価値観、求めるものが変わり、作るものと生産数が変わってきた。工場や生産のあ…