資料 の検索結果

コグネックス マシンビジョンの資料公開

コグネックス(東京都文京区)は、ホワイトペーパー「INDUSTRY4.0とマシンビジョン–スマートファクトリと工業用IoTの将来性–」と、「エレクトロニクスソリューションガイド」を新たに公開した。 「INDUSTRY4.0とマシンビジョン」は、Industry4.0の現状を説明するとともに、製造/販売会社にとっての主なビジネスチャンスと、あらゆる工場でデータ生成量がもっとも多いマシンビジョンの技術の重要な役割について解説。 「エレクトロニクスソリューションガイド」は、エレクトロニクスのためのマシンビジョンおよびバーコードソリューションガイドで、生産設備、電子機器メーカーおよびサプライチェーンに…


配電制御システム 配電盤の点検・更新を!JSIA耐震強度の技術資料制定

「配電盤の点検・更新を!」。 東日本大震災とその後の余震が続くなかで多くの受配電盤、分電盤、制御盤などが被害を受けたが、国内が地震活動期に入ったとの説もでており、配電盤類の定期点検時期を前倒し、機器交換や設備更新により耐震と節電能力を高めるキャンペーン展開の必要性が出てきた。日本配電制御システム工業会(JSIA、盛田豊一会長)は、技術資料「耐震強度(震度階級と水平震度)」を制定、また、防災関連設備を発行するなど技術向上を支援している。 今回、JSIAの技術資料で昨年2月改正の「配電盤の更新推奨時期判定の手引」から定期点検周期と更新推奨時期の部分を取り上げた。 更新推奨時期は機能や性能に対するメ…


KEP 松下資料館を見学 3月例会を開催

近畿電子部品卸商組合(KEP、岡本弘理事長)は平成21年度3月例会として、10日に京都府木津川市相楽台3―1―1の「松下資料館」見学会を行った。 同資料館は、パナソニックグループの創業者、松下幸之助の生誕100年を記念し、1994年5月に開館した。 松下幸之助が理想とした人間としての生き方・考え方、企業経営のあり方、そして国家社会・世界の展望に至る幅広い内容が著作や映像、グラフィックパネルなどを用いて展示されており、一般公開されている。当日は、午後2時に同資料館に到着、KEP岡本弘理事長のあいさつのあと、同資料館参与の竹田潔氏が「松下幸之助の生き方、人生観、企業経営について」と題し、貴重なテレ…


Edgecrossコンソーシアム データモデル管理機能ソフト、対応バージョンアップ

会員数200社突破 Edgecross(エッジクロス)コンソーシアムは、「Edgecross基本ソフトウエア」のデータモデル管理機能対応のバージョンアップを10月26日に行う。 データモデル管理機能は、インダストリー4.0で検討されている管理シェルと方向性を同じくするもの。これにより、エッジアプリケーション・ITシステムから生産現場データをより容易に扱え、生産現場の管理・保守を統一的に行うことが可能になる。 データモデル管理機能の主な特徴は、工場内にある製造ライン、装置といった生産設備やFA機器を生産設備モデルとして階層的に定義可能になり、運転情報、保守状態などの生産現場データに加え、各装置・…


イグス、火災安全基準を5倍上回るSLS方式3Dプリント材質「イグリデュールI3」

イグス(東京都墨田区)は、難燃性3Dプリント材質「イグリデュールI3」を使って成形した⾃動⾞⽤部品を燃焼性試験FMVSS302にかけた結果、基準値を大幅にクリアして合格したことを発表いたします。試験で計測された発熱量は、最大許容値を約5倍下回っていました。 ⾃動⾞内装に難燃性材質を使用することは、万が一火災が発生した際に、着火を抑制することができ、さらに燃焼速度が遅ければ、⾼速⾛⾏中でも停⾞して無事に⾞から出る時間を確保することができます。 この度燃焼性試験FMVSS302に合格した「イグリデュールI3」は粉末焼結積層造形法(SLS)によるポリマー材質でイグス本社が独⾃に開発したものになります…


当社主催、8月23日東京・品川で「製造現場へのIoT実践事例・成功事例発表会」参加無料

8月23日13時から東京・品川で、当社主催による無料セミナー「製造現場へのIoT実践事例・成功事例発表会」を開催いたします。 IoTは2015年ころからブームが始まり、いまや製造現場には必須のものという認識が定着しつつあります。しかし現場への導入はまだ始まったばかりで、「IoTを使ってみたい」「データをもっと活用したい」「導入に悩んでいる」「何から始めたらいいか分からない」という方は日本全国にたくさんいます。 そうした「IoT活用まであと一歩」の企業や担当者に向けて、IoTの実践や成功例を紹介し、導入の参考にしていただければと思います。   参加は無料。当日、来られなかった方にも、後…


日本能率協会、2018年度(第8回)GOOD FACTORY賞 5社・5工場を発表

~中国、マレーシア、日本の3ヵ国から5工場を表彰~ 日本能率協会(JMA)は、日本およびアジア地域に進出している製造業の生産性や品質の向上、改善活動に成果をあげた工場を表彰する「GOOD FACTORY賞」を2011年に創設し、優秀事例を紹介する活動を行っています。 このたび第8回の受賞企業として、NEC、オークマ、コマツ、東レ、ブラザー工業、の5社・5工場を決定いたしました。 「GOOD FACTORY賞」は、アジア地域で工場の生産性向上、品質向上など体質革新活動に取り組まれている事例に着目し、そのプロセスや成功要因、現場の知恵、働く方々の意識改革、社会的貢献などの内容を日本製造業の範として…


産業用ロボットを巡る 光と影 (13)

■悪徳システムインテグレーター(SI)が増加する日本!! 国や顧客は厳しい目で対応するべき! 「コラボ」「比較」で危機回避を もうひとつの理由 悪徳のSIが増加するもうひとつの理由があります。それは、ほとんどのシステムインテグレーターは機械的・電気的(つまりハード全般)に詳しいのですがソフトに関しては非常に弱いという実態があります。 先日もこのような事がありました。弊社に中規模の某SIから電話があり「顧客から『ティーチングをもう少し楽にできないか? 工数がかかってロボット化した意味がない』と相談を受けているので、うわさに聞く富士ロボットさんに電話しました」と言われました。 電話をくれた方は、そ…


セーフティグローバル推進機構、ものづくり産業の安全への貢献を対象とする 2018年「向殿安全賞」募集開始

セーフティグローバル推進機構は、ものづくり産業などの産業分野で安全への功労のあった個人、団体を表彰する第四回「向殿安全賞」の募集を開始いたしました。 ■「向殿安全賞」とは 「向殿安全賞」は日本のものづくり産業などの安全とその進歩・普及に尽力され、2015年7月に「安全功労者内閣総理大臣表彰」を受賞した、明治大学名誉教授の向殿政男氏の業績と精神に鑑み、ものづくり基本とした産業分野における、安全の向上と進歩・普及に貢献された個人、団体に対して「向殿安全賞」を贈呈し、その業績を讃えるとともに、この表彰が安全に関わる人々を激励し、国内外の安全化の促進に資することを目的に 2015年9月に創設しました。…


オメガシミュレーション プラント運転 人材育成支援

横河電機の子会社オメガシミュレーション(東京都新宿区)は、実プラントに近い挙動を体系立てて体験しながらプロセスを学習できるアプリケーションパッケージ「OmegaLand Educator(オメガランド エデュケーター)」の機能を強化し、5月22日から発売した。 同製品は、幅広い分野のプラント運転訓練シミュレータにも活用されている統合ダイナミックシミュレーション環境「OmegaLand」上に開発。シミュレータによる体験的な学習が可能で、解析力と対応力を備えた技術者、運転員の養成を支援する。 今回の機能強化では、実際の機器で起こり得る代表的な異常現象を再現することで受講者が擬似体験できる機能に、再…