Check !!

KEP 松下資料館を見学 3月例会を開催

近畿電子部品卸商組合(KEP、岡本弘理事長)は平成21年度3月例会として、10日に京都府木津川市相楽台3―1―1の「松下資料館」見学会を行った。

同資料館は、パナソニックグループの創業者、松下幸之助の生誕100年を記念し、1994年5月に開館した。

松下幸之助が理想とした人間としての生き方・考え方、企業経営のあり方、そして国家社会・世界の展望に至る幅広い内容が著作や映像、グラフィックパネルなどを用いて展示されており、一般公開されている。当日は、午後2時に同資料館に到着、KEP岡本弘理事長のあいさつのあと、同資料館参与の竹田潔氏が「松下幸之助の生き方、人生観、企業経営について」と題し、貴重なテレビ映像などを交え講演を行った。

その後、松下幸之助の哲学の一端や生き方・考え方がわかりやすく展示、映像化された展示室や資料館を見学した。

明治、大正、昭和、平成の4代を生き、70年以上の永きにわたり事業経営に全身全霊で打ち込んだ。松下幸之助の歩んできた道や思想、考え方の一端が再認識される見学会となり、出席者は改めて松下幸之助の偉業を称えていた。

なお、見学会の冒頭あいさつに立った岡本弘理事長は、KEPの今年の催しについて「6月9日に定時総会を開催するほか、11月15日にはJEP(全国電子部品流通連合会)の総会を京都で開催する予定なので、KEP会員の方々も是非参加して頂きJEPとの交流を図って頂きたい」と語った。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG