研磨 の検索結果

スリーエム 自動化・ロボット化がはじまった研磨作業

スリーエムが進める工程効率化・生産性向上への提案 研磨とは研磨材を使ってワーク表面を削り取る加工で、金属や樹脂、木材ほかあらゆる産業に必ず存在する。しかし切削や穴あけ、溶接や塗装といったメイン加工とは異なり、研磨はメイン加工の前処理と後処理を担うサブ加工としての立ち位置。サブであるが故にムダや非効率が見逃されがちで、自動化がなかなか進まず、改善に取り組む余地が多く残っているのが実情だ。 それに対しスリーエムはパートナー企業と協力し、研磨作業のロボット化をはじめ、工程の最適化と品質改善、生産性向上の提案を強化している。   100年超える歴史と実績 3Mはもともと研磨材から創業し、研磨…


研磨も自動化・ロボット化へ 〜スリーエムが進める研磨工程の効率化〜

自動化・ロボット化がはじまった研磨作業 研磨材メーカー✕ロボットSI・自動機のコラボレーション 〜スリーエムが進める研磨工程の効率化〜  研磨とは研磨材を使ってワーク表面を削り取る加工で、金属や樹脂、木材ほかあらゆる産業に必ず存在する。しかし切削や穴あけ、溶接や塗装といったメイン加工とは異なり、研磨はメイン加工の前処理と後処理を担うサブ加工としての立ち位置。サブであるが故にムダや非効率が見逃されがちで、自動化がなかなか進まず、改善に取り組む余地が多く残っているのが実情だ。それに対しスリーエムはパートナー企業と協力し、研磨作業のロボット化をはじめ、工程の最適化と品質改善、生産性向上の提案を強化し…


スリーエムと愛知産業 研磨工程のロボット化で協業、自動化ソリューション提供へ

スリーエムジャパン(東京都品川区)と愛知産業(東京都品川区)は、研磨工程の自動化・ロボット化に向けて業務提携した。スリーエムの研磨材とそれに関する技術ノウハウと、愛知産業の自動化とロボットシステムインテグレート技術を融合して自動化ソリューションを提供し、研磨市場の人手不足解消を進めていく。 研磨工程はロボット化が進んでいない工程のひとつで、その理由として作業の属人化とプログラミングの難しさがあった。今回の提携によってロボット+研磨のソリューションを開発し、研磨工程のロボット化を推進していく。 その第一弾として、愛知産業のロボット向け自動ならい機能付研削装置「AKグラインダー」に、スリーエムの研…


スリーエム ジャパン、ロボット研磨市場に参入 ~溶接分野向け研磨材でロボットSI大手の愛知産業と提携~

スリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:スティーブン・ヴァンダー・ロウ)は、 愛知産業株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:井上 博貴)と提携し、 深刻な人材不足に悩む研磨作業現場へ、 より一層の貢献を目指してロボット研磨市場に参入する。 昨今の製造現場では、 人材不足の打開策としてロボット化が進む一方、 研磨工程はいまだ人的依存が高く、 作業効率の向上が大きな課題となっている。 3Mの最先端技術を採用した工業用研磨材「3M™ キュービトロン™ II研磨材」は研磨スピードの向上と、 長寿命が最大の特長。 この製品特長はロボット研磨との相性が非常に良いことから、…


アミテック 切断から研磨まで 1台2役バーチカルサンダー

アミテック(名古屋市瑞穂区)は、重研磨から精密研磨までのさまざまな研磨の要望に応えられる「バーチカルサンダーV-SERA65CV」を発売した。 新製品は、カッター切断とサンダー研磨の2機能を備えたハイブリッドタイプで、集成材の仕上げに最適。2台分の仕事を1台でこなすことができる。厚み規正から仕上げまで高効率で高精度な加工が行え、定番盤固定式のため、工場のライン化に適している。 バーチカルとサンダーの各ヘッドは単独での昇降が可能。切削方式は、内々回転式バーチカルカッター方式。 最大加工寸法は、幅650×150ミリメートル、最少加工長さは、600ミリメートル。カッター主軸回転数は5300rpm。サ…


NTT-AT、LCコネクタ最大96端子の研磨が可能、新型光コネクタ研磨機を販売開始

NTTアドバンステクノロジ(神奈川県川崎市、以下:NTT-AT)は、低コスト・高品質研磨を同時に実現した光コネクタ研磨機「ATP-3000」の後継機として、LCコネクタ最大同時研磨数を2倍、メンテナンス性も向上した新製品『ATP-3200』を2018年7月中旬から販売開始します。 『ATP-3200』は、開発品の多品種少量研磨から、オプション装着によりMPOコネクタ48端子、LCコネクタ96端子の大量研磨生産まで対応します。   背景 近年、IoTビジネス・モバイルインターネットの拡大に対応するため通信機器の設置数が増加し、そこに使用される光コネクタの需要が増加するとともに、多心コネ…


産業用ロボットをもっと有効活用する〜オフラインティーチングがもたらす生産性向上〜

ロボットは自分で操作する時代へ オフラインティーチングがもたらす生産性向上 ロボットのティーチング作業をPC上で行えるオフラインティーチング。作業工数や時間短縮が最大のメリットと思われがちだが、実際はロボットの動作プログラムがいつでも誰でも作れるようになることのメリットの方が大きい。ユーザーが自ら操作できることで、少量多品種への対応や作業改善が促進され、より生産性の高い現場づくりが実現する。オフラインティーチングソフト「Robotmaster」を販売するゼネテックに話を聞いた。 時間もコストもかかるティーチング作業  産業用ロボットが自動で動くようになるためには、ロボットの動き方を決めるプログ…


産業用ロボット・ 自動化システムの専門展「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN」 9月2日から出展募集を開始

国内最大級の工作機械見本市メカトロテックジャパン(MECT)を主催するニュースダイジェスト社(名古屋市千種区)と愛知県機械工具商業協同組合(理事長・水谷隆彦)は、2020年7月に初開催するFA(ファクトリーオートメーション)ロボットと自動化システムの専門展「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN(ロボットテクノロジージャパン)2020」の出展募集を、9月2日から開始する。 「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN」は、金属部品加工や食品などの生産現場や物流拠点を対象とした、産業用ロボットと自動化システムの専門展。 生産現場で自動化や省人化を推進するための産業用ロボットやその構成機器…


ユーエイ 部品加工サービス開始、試作から量産まで対応

ユーエイ(東大阪市)は、試作モデルの製作から、大量部品生産まで対応可能な「部品加工サービス:ファクトリーソリューション」を開始した。 同サービスは、スチール、アルミ、樹脂などの一般材料のほか、チタン合金やステンレスなど難削材の複雑形状の加工にも対応。同社の物流機器向け部品加工技術を生かし、自動車・物流機器をはじめとする産業用、農業、医療など、あらゆる機器部品の試作・量産加工を行っていく。 生産体制は、要求される精度や品質、コストをクリアするため、材料の調達から検査まで一貫生産体制を構築し、切断、旋削、フライス加工、研磨、熱処理、表面処理などの加工技術で各産業の部品を製作。多品種小ロット生産、短…


工場新設・増設情報 5月第3週 コーセー、ディスコ、昭和アルミニウム缶など

▼コーセー 山梨県南アルプス市に新たな生産拠点(仮称:南アルプス工場)を建設する。生産設備はスキンケア・ヘアケア製品を中心とし、今後の需要拡大へのスピーディーな対応が可能となる工場を目指すとしている。 敷地面積は11万1525平方メートル、投資額は150~250億円、稼働開始は2021年度を予定。   ▼ディスコ 5G導入の動きなどを背景に、IoT、自動運転、遠隔医療技術の進展など、半導体・電子部品市場の拡大を見込み生産体制を強化するため、長野事業所・茅野工場(長野県茅野市)に免震構造の新棟を建設する。シリコンウェーハ等の切断・研削・研磨を行う精密加工装置や精密加工ツールを生産する。…