温度計 の検索結果

チノー 放射温度計3機種、低温域も安定測定

チノーは、さまざまな測定範囲に対応する放射温度計「IR-CZP/CZI/CZS」シリーズ3機種を1月29日から発売した。 新シリーズは、従来製品「IR-CA」の上位機種として、光学系の設計と内部演算回路設計を追求し、精度定格の向上や分解能の向上など、基本特性が向上。光学系の一新によって、測定の外乱要素となる迷光を低減し、低温域でも安定した測定を可能にしている。 低中温用のIR-CZPは、短波長・低温からのワイドレンジで、従来は測定が困難だった低温低放射率の物体の高速かつ安定した温度測定を実現。低温から高温まで1台で計測ができる。


オプテックス 光沢金属向け 非接触温度計 複合材料の安定測定実現

オプテックスは、従来測定が難しいといわれてきた金属やセラミックなどの光沢面を安定して測定できる非接触温度計「GTL-3Mシリーズ」を発売した。 同製品は2.3マイクロメートルの検出波長により、光沢金属、非鉄金属やセラミックなどの複合材料の安定測定を実現、測定温度範囲も50~1800℃と幅広く、応答速度も1msと高速ラインにも対応可能。さらに、ツインレーザー照準にてセンサーヘッドの位置決めも可能なため、測定対象をしっかり狙って温度測定ができる。出力も4-20mAアナログ出力の他、リレー出力、シリアル、USB、Ethernetなど多彩で、冷却ハウジングやエアパージ管などの高温環境下での使用に適した…


GMIジャパン 本質安全防爆形放射温度計「ExTempシリーズ」 小型で国内防爆検定を取得

GMIジャパンは計測展に、SIL3対応本質安全防爆バリヤ・信号変換器・セーフティリレーや、本質安全防爆形放射温度計「ExTempシリーズ」などを中心に展示する。 「ExTempシリーズ」は、日本の産業安全技術協会(TIIS)の防爆型式検定に合格(21097)しており、国内の危険場所ゾーン0、1、および2(特別危険箇所、第1類危険箇所、および第2類危険箇所)で使用できる。 本質安全防爆構造ながら、約475グラムと軽量で、サイズも20ミリ、長さ150ミリと小型・コンパクトサイズのため、小さなスペースでも取り付け可能。また、測定温度範囲は20℃~1000℃と広いが、オプションのUSBアダプターと設定…


GMIジャパン 本安防爆放射温度計「ExTempシリーズ」を発売 PC接続も容易

GMIジャパン(横浜市中区海岸通4-23、TEL045-228-9502、田中健一社長)は、本質安全防爆形放射温度計「ExTempシリーズ」の販売を開始した。 「ExTempシリーズ」は、日本の産業安全技術協会(TIIS)の防爆型式検定に合格(21097)しており、国内の危険場所ゾーン0、1、および2(特別危険箇所、第1類危険箇所、および第2類危険箇所)で使用できる。 本質安全防爆構造ながら、約475グラムと軽量で、サイズもΦ20ミリ、長さ150ミリと小型・コンパクトサイズのため、小さなスペースでも取り付け可能。 また、測定温度範囲はマイナス20℃~プラス1000℃と広いが、オプションのUSB…


チノー 放射温度計「IR-CZQW」発売。 小形・高精度・高速応答

チノーは、小形・高精度・高速応答の放射温度計「IR-CZQW」を10月21日より発売した。 放射温度計は非接触で物体の温度を測定するために多く用いられるが、今回三つの測定波長を用いたことで、350℃からの2色温度測定が可能で、また測定対象に合わせて測定方式の2色/単色切り替えができるなど従来品「IR-CZシリーズ」の適用範囲をさらに広げている。 新設計の光学系の採用、3波長同時取り込み、常時ゲイン監視・高速切り替えなどの新技術、周囲温度補償の新アルゴリズムを搭載することで、2色温度測定での光路障害の影響を低減。データ更新周期の高速化で2~15msという応答性アップも実現。0.3℃と高い分解能も…


特定用途向けの非接触温度計、オプテックスが発売

オプテックスは、高温金属、金属光沢面、フィルム/ガラス測定など、対象物の特性に合わせ安定した測定を実現した、特定用途向け非接触(放射)温度計「GT/GTLシリーズ」=写真=全92機種を発売した。本体標準価格は17万8000~32万6000円。年間販売目標は1000台。 非接触温度計は、移動物体や、接触したくない対象物などの温度制御用センサとして使用されている。従来の赤外線測定による非接触温度計は、金属、薄膜フィルム、ガラスなど対象物の特性により、測定が不安定になることがあった。 GT/GTLシリーズは、高温金属測定、金属・光沢面測定、フィルム測定専用、ガラス測定専用の4タイプをラインアップ。各…


理化工業 無線温度センサ変換器「NWS-Mini」

汎用センサに接続可能 理化工業はFOOMAに、温度調節計、無線温度センサ変換器、携帯用温度計、ペーパーレスレコーダなど温度にかかわるソリューションなどを多数展示する。小間番号は西3B-34。 このうち、無線温度センサ変換器「NWS-Mini」は、汎用の温度センサ(K熱電対)に接続することで、簡単に無線温度計測システムが構築できるもの。 接続できるセンサは、同社の貼付型温度センサST50シリーズや、市販のシース型K熱電対など、さまざまなK熱電対式温度センサが可能で、最大6台まで対応可能。また、設置方法も金属面設置(マグネット内蔵型=オプション)や、ストラップ設置などが選べる。 無線周波数帯は、2…


JEMIMA 委員会活動成果報告会開く、活動の可視・共有化を

日本電気計測器工業会(JEMIMA、西島剛志会長)は、「2018年度委員会活動成果報告会」を東京・品川フロントビル会議室で6月4日開催し、約100人が参加した。 今年で14回目となるこの報告会では、JEMIMAで活動している委員会の1年間の取り組み状況と成果を会員に発表し、会員企業や委員会間の活動の可視化・共有化を図り、委員会活動のさらなる活性化や会員企業の利益創出につなげようと毎年開催している。 冒頭、あいさつに立った西島会長は「コネクテッドインダストリーはつながることで、新しい価値を生み出すことであり、そこで生まれるデータの価値を活用していくのがJEMIMAの役割である。世の中のスピードは…


SMK マイアント社と提携、スマートテキスタイル市場向け電子部品を開発

SMKはカナダのマイアント社と、心拍数や歩数、カロリー消費量などをリアルタイムに収集するスマートテキスタイル(衣料型ウェアラブル端末)市場に向けた共同開発のため業務提携を行った。 マイアント社は、導電性繊維を織り込んだ衣服によって、身に付けるだけで生体データを計測し、取得したデータを周囲の他のシステムに接続する技術「SKIIN Textile Computing」を開発している。急成長しているスマートテキスタイル市場に向け、SMKは今後、最先端の電子部品を開発する。 今回の共同開発により、心臓の状態管理(心電図、心拍数、心拍変動数)、運動/活動計測(歩数、カロリー、活動や姿勢の認識)、睡眠管理…


【市場・技術展望2019】「PA計測制御機器」海外や環境投資好材料

民需、官公需はほぼ横ばい DCS(分散制御システム)や伝送器、流量計、温度計、バルブポジショナー、調節計などPA計測制御の市場は、日本電気計測器工業会(JEMIMA)によると、17年度のPA計測制御機器の受注額は、前年度比1.0%増の2314億円。うち民需が1.7%減の1230億円、輸出は11.8%増の714億円、官公需が7.6%減の370億円となった。 民需は電力分野の設備投資削減方針、官公需は災害復旧や強靭化対策優先を大きく受けた。一方、輸出は中国やインドのインフラ需要拡大。ASEAN地域の半導体や化学分野の設備投資が増加した。 18年度以降はほぼ横ばいとなる、成長率0.2%で推移する。1…