基板対基板コネクタ の検索結果

フエニックス・コンタクト あらゆる方向へ接続可能、FA機器向け基板対基板コネクタ

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区)は、信号およびデータ伝送用のFA機器向け基板対基板コネクタ「FINEPITCHシリーズ」の日本での販売を、1月23日から開始した。 同シリーズは、さまざまな極数、デザイン、無段階のスタッキング高さによりプリント基板をあらゆる方向へ接続することができ、柔軟な機器設計に対応。また、ダブルコンタクトシステムのため、信頼性の高い接続と、はんだ付けアンカーによる耐ストレス設計となっている。 ピッチは0.8と1.27ミリを用意。0.8ミリピッチはシールド付き基板対基板コネクタで、工業用途に適した堅牢なプリント基板接続に適している。シールドは、外部から、そして外部への…


日本モレックス 基板対基板コネクターにリセプタクルとプラグ追加 最大10Aの電源供給対応

日本モレックス(神奈川県大和市、梶純一社長)は、モバイル機器などの電源用途向けの基板対基板コネクター「SlimStack Hybrid Power SMT」に、リセプタクル(505473)、およびプラグ(505476)製品を追加した。 同製品は最大10Aの電源供給に対応、機器の高速充電など高性能化が進展するモバイル機器の電源用途に適合し、狭ピッチ(0.40ミリ)嵌合高さが0.60ミリと低背小型で、基板上の実装スペースに制約があるモバイル機器において高い省スペース性を実現。ハウジングの両端部分に頑丈な金属製カバーを装着したアーマーカバータイプで嵌合時の位置ズレからハウジングを保護し損傷を防止、電…


日本航空電子工業 堅牢構造の基板接続コネクタ開発

日本航空電子工業は、嵌合時の破損を抑制する堅牢構造の端子間ピッチ0.35ミリ、製品幅1.9ミリ、嵌合高さ0.7ミリの電源端子付きスタッキングタイプ基板対基板コネクタ「WP27Dシリーズ」を開発した。 同製品は、高電流に対応可能なホールドダウン兼用の電源端子を設置。この金属によるホールドダウンが嵌合面を保護することで、モールド破損を抑制する構造を取り入れ、嵌合時の破損を防ぐための堅牢性向上を実現している。また、電源端子を信号端子とは別に設置して基板上の省スペース化を図ったうえ、ユーザーの設計の自由度を拡大している。 さらに、ねじれストレスへの高い耐久性を有し、高抜去力を生み出す2点接点構造を採用…