ハーティング「モジュラー型基板用コネクタ」開発や試作に最適

2021年2月10日

カスタム可能 国際規格も準拠

ハーティング(横浜市港北区)は、2.54mmピッチのモジュラー型基板用コネクタ「har-modular」を2月1日から販売開始した。

新製品は、モジュールで電力、信号、データを自由に組み合わせてカスタマイズできる、IEC60603-2(DIN41612)規格準拠の基板対基板コネクタ。挿抜回数や過電流に対する耐性、基板保持力などの堅牢性を備えている。組み立てサポートツールにモジュールを差し込み、固定レールをはめるだけで簡単に組み立てることが可能。

ロット数1個から構成できるため、機器開発におけるモジュラー性、柔軟性、スピードといったニーズに対応し、開発や試作に適している。量がまとまる場合には組み立て済み製品の提供も可能。

コネクタ長は20.32〜172.72mm。

モジュラー型基板用コネクタ「har-modular」