日本航空電子工業 堅牢構造の基板接続コネクタ開発

2017年5月10日

日本航空電子工業は、嵌合時の破損を抑制する堅牢構造の端子間ピッチ0.35ミリ、製品幅1.9ミリ、嵌合高さ0.7ミリの電源端子付きスタッキングタイプ基板対基板コネクタ「WP27Dシリーズ」を開発した。 同製品は、高電流に対応可能なホールドダウン兼用の電源端子を設置。この金属によるホールドダウンが嵌合面を保護することで、モールド破損を抑制する構造を取り入れ、嵌合時の破損を防ぐための堅牢性向上を実現している。また、電源端子を信号端子とは別に設置して基板上の省スペース化を図ったうえ、ユーザーの設計の自由度を拡大している。 さらに、ねじれストレスへの高い耐久性を有し、高抜去力を生み出す2点接点構造を採用…