制御・情報システム委員会 の検索結果

日本配電制御システム工業会(JSIA)技術セミナー開く、ねじ無し機器も展示

日本配電制御システム工業会(JSIA)制御・情報システム委員会は、毎年恒例の技術セミナーを浜松町東京會舘で11月12日開催し、約70人が参加した。 今回は「次世代移動通信システム(5G)」と制御盤設計の効率向上」をテーマに、総務省総合通信基盤局電波部移動通信課新世代移動通信システム推進室課長補佐豊重巨之課長補佐と、図研アルファテック営業本部ACAD営業課長小久保晴彦ACAD営業課長が講演した。 豊重氏は5Gの特性、可能性の大きさを説明するとともに、「今年12月から使用解禁になるローカル5Gが地域や業種の課題解決に大きく貢献する」と活用の有用性を強調した。 セミナー会場の別室ではねじ無し機器の展…


日本配電制御システム工業会、11月12日 次世代へ技術セミナー開催

日本配電制御システム工業会(JSIA)制御・情報システム委員会は、毎年恒例の技術セミナーを、11月12日(火)午後1時20分から4時20分まで、浜松町東京會舘(東京都港区浜松町2-4-1、世界貿易センタービル39階)で開催する。 今回は「次世代移動通信システム(5G)と制御盤設計の効率向上」をテーマに行う。 講師と演題は、テーマ1「第5世代移動通信システム5Gに関する政策の最新動向」(総務省総合通信基盤局電波部移動通信課新世代移動通信システム推進室課長補佐豊重巨之氏)、テーマ2「日本のモノづくりを支援する3D設計製造ソリューションと現状の課題」(図研アルファテック営業本部ACAD営業課長小久保…


日本配電制御システム工業会、11月29日に技術セミナー開催

日本配電制御システム工業会(JSIA)制御・情報システム委員会は、毎年恒例の技術セミナーを、11月29日(木)午後1時20分~4時20分まで、浜松町東京會舘(東京都港区浜松町2-4-1、世界貿易センタービル)で開催する。 今回は「制御と情報の融合」をコンセプトに3つのテーマで行う。 講師と演題は、テーマ1「スマート工場で活用するロボットの最新技術」(ファナックロボット開発研究所PCソフト開発部長塚嘉治部長)、テーマ2「制御と情報を統合する産業用ネットワーク」(オムロン技術開発本部第2技術部村山信次主査)、テーマ3「INDUSTRY4.0での標準化およびプロセスの最適化とEPLANによる3Dメカ…


日本配電制御システム工業会 AIなどで技術セミナーに80人

日本配電制御システム工業会(JSIA)制御・情報システム委員会は、毎年恒例の技術セミナーを浜松町東京會舘で11月27日開催し、80人が参加した。 基調講演では、電気通信大学教授で人工知能先端研究センター長の栗原聡氏が、「人工知能が社会と共生するための課題」と題して行った。人工知能によって何ができ、将来どの程度まで発展していきそうなのか、基礎から可能性までを幅広く説明した。 また、「IT/IoTを活用したものづくりの最適化と生産革新~三菱電機e-F@ctory~」(三菱電機吉本康浩氏)、「制御盤のグローバル対応について」(さくらマシナリーコンサルティング岡村隆一氏)がそれぞれ講演した。


日本配電制御システム工業会 11月27日に技術セミナーを開催 聴講者募集

日本配電制御システム工業会(JSIA)制御・情報システム委員会は、毎年恒例の技術セミナーを、11月27日(月)午後1時~4時20分まで、浜松町東京會舘(東京都港区浜松町2-4-1、世界貿易センタービル)で開催する。 今回の基調講演のテーマは、年々注目が高まる「人工知能(AI)」。電気通信大学教授で人工知能先端研究センター長の栗原聡氏が、AIによって何ができ、将来どの程度まで発展していきそうなのか、配電盤・制御盤などのメーカーが今後どのような関わりをもつことになるのかという視点で講演する。 また、その他の講演として、「IT/IoTを活用したものづくりの最適化と生産革新(三菱電機e-F@ctory…


JSIAが技術セミナー開催 盤合理化 IoTテーマに

  日本配電制御システム工業会(JSIA、宇賀神清孝会長)制御・情報システム委員会(田原一樹委員長)は、恒例の「JSIA技術セミナー」を浜松町東京會舘で17日開催し、約50人が参加した。 今回のセミナーは、同委員会が取り組んできた「制御盤ハードウエア合理化に関する調査研究の活動報告:パート2」と、最近話題になっている「IoT、第4次産業革命とは何?」を柱に4つのテーマで行った。 制御盤ハードウエア合理化に関する調査研究では、省スペース・工数削減・信頼性などを制御盤メーカーとしての観点から分析した。 一方、IoT・第4次産業革命では、日本電機工業会(JEMA)の高橋一郎技術部次長が行い…


JSIA、17日にIoT関連でセミナー

日本配電制御システム工業会(JSIA、宇賀神清孝会長)制御・情報システム委員会(田原一樹委員長)は、「技術セミナー」を11月17日午後1時30分〜4時40分まで、浜松町東京會舘(東京都港区浜松町2-4-1)で開催する。 今年のJSIA技術セミナーでは、同委員会が取り組んできた「制御盤ハードウエア合理化に関する調査研究の活動報告パート2」と、最近話題の「IoT 第4次産業革命とは何?」を大きなテーマに、スマートマニュファクチャリングの概要、制御機器とIoTの融合、風力発電におけるIoTの活用事例など4件で講演する。 このうち、制御盤ハードウエア合理化に関する調査研究では、盤筐体、機器取り付け、主…


JSIA 技術セミナー開催 制御盤製作の合理化や省スペース化など課題紹介

日本配電制御システム工業会(JSIA、丹羽一郎会長)は、「2014年度(平成26年度)技術セミナー」=写真=を東京浜松町東京会館で11月20日開催し、約60人が参加した。 今回は制御情報・新エネルギー部会(田原博部会長)制御・情報システム委員会(天野敏夫委員長)が10年6月から検討を行ってきた「制御盤製作の省コスト化の調査研究」の第1弾として「配線接続の合理化に関する調査研究」の最終報告書がまとまったことから、この紹介も兼ねて行われた。 制御盤製作における合理化として、「塗装技術」と「省スペース対応機器」をテーマに、大矢化学工業大矢光伸社長が「配電盤・制御盤における塗装技術の動向、及び現状の課…


制御盤の個別配線方式 スプリング端子に効果 JSIAが報告書

日本配電制御システム工業会(JSIA、丹羽一郎会長)は、制御盤製作の省コスト化として、個別配線ではスプリング端子方式による接続の採用を進めていくことにした。これに関連し、配線のマークチューブに脱落しない新しい製品開発をメーカーに促していくことや、スプリング端子でのスリーブ加工の工数が増えない技術・工法についてもメーカーに開発を求めていく。制御盤製作において、日本の国際競争力強化と国際標準化への対応が課題になっている中で、今回のJSIAの取り組みは、今後の動きに弾みがつくことが期待されている。 JSIAの制御・情報システム部会(田原博部会長)は、2010年6月から制御・情報システム委員会(天野敏…


JSIAが省コスト化と国際規格でセミナー

日本配電制御システム工業会(JSIA、丹羽一郎会長)は11月29日、浜松町東京會館で「制御・情報システム技術セミナー」=写真=を開催。制御盤省コスト化と配電盤・制御盤の国際規格動向に対する関心が高く、会員のほか盤用機器・部材メーカーなど80人が受講した。 配電制御システム業界では価格競争力、海外規格対応力が求められている。そのため、JSIAでは、制御盤製作の省コスト化の調査研究に着手、第一ステップとして制御配線の合理化の調査研究をまとめる一方、国際規格情報を発信してきた。 こうした背景から、今年の技術セミナーは、省コスト化と国際規格をテーマに取り上げた。 セミナーでは、天野制御・情報システム委…