ロボット の検索結果

オムロン 、簡単に高速高精度な組立・搬送工程を自動化。次世代スカラロボット発売

オムロンは、簡単に高速高精度な組立や搬送を自動化するスカラロボット「i4シリーズ」を1月22日から発売する。 「i4シリーズ」は、最大可搬重量15キロに対応するハイパフォーマンスモデルの「i4H」と、コンパクトで軽量用途に適応する「i4L」モデルで構成。同ロボットとロボットハンド(エンドエフェクタ―*¹)、周辺機器をシームレスに統合制御することで、各機器の連動を可能にし、従来スカラロボットにはできなかった複雑な作業を自動化する。   モノづくり現場では、従来からの人手不足による自動化ニーズに加え、新型コロナウイルス感染症の影響で、ロボット導入による自動化への期待が高まっている。 スカ…


シナノケンシ 電動3爪ロボットハンド、把持力 従来品の10倍

速度、開閉位置も制御可 ASPINA(シナノケンシ)は、従来モデルから把持力を約10倍に高めた50Nモデルの電動3爪ロボットハンド「ARH350A」を発売した。 同製品は、ステッピングモータを用いたサーボシステムを搭載し、把持力50N、最大つかみ把持重量3000g、最大つまみ把持重量500gを実現した。把持力は柔・硬に合わせて調整でき、動作速度や開閉位置等も制御可能。3爪を大きく開き、把持する対象物の形質やサイズに合わせて、最適の動作パターンを選ぶことができる。ブレーキ機能を搭載し、把持したワークはそのまま保持可能。爪は交換でき、作業内容に合わせた爪やオプションを作成して取り付けることが可能と…


JARA コロナ禍のロボット活用、27事例を紹介

日本ロボット工業会(JARA)は、新型コロナウイルスの感染拡大によって感染リスクの低減や安全・安心な生活や事業継続に向けたロボット活用に対し、その解となる「コロナ禍におけるロボット活用事例」をまとめ公表した=写真。「除菌」と「非接触」「その他」の項目で27種類の事例を紹介している。 例えば除菌では7つの事例を紹介。自律運転するAMR・モバイルロボットに、除菌のための薬剤散布機能や紫外線照射による除菌機能搭載し、施設内を自動で動き回って除菌するロボットを取り上げている。 天然温泉みちしおの事例では、アルファクス・フード・システムが開発したα4号型が温泉施設で活躍している。人がいる空間・時間帯は注…


IDECファクトリーソリューションズ「Withコロナ応援キャンペーン」協働ロボットJAKAを20%オフで提供

協働ロボット.com を運営するロボットSIer(システムインテグレータ) のIDEC ファクトリーソリューションズ(愛知県一宮市)は、この度システムインテグレーションパートナーを務める協働ロボットJAKAの日本国内総代理店、進和株式会社との共同企画により、Withコロナ応援キャンペーンを実施する。 協働ロボットJAKAのJAKA Zu7(7kg可搬)/JAKA Zu12(12kg可搬)/JAKA Zu18(18kg可搬)の3製品を標準価格の20%offで提供する。 対象期間は2021年1月1日〜2021年3月31日。 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、人と人の適切な距離の確保が必要となり…


【各社トップが語る2021】ロボコム「ロボット構想でDX推進」金谷智昭 取締役

ロボコム 金谷智昭 取締役   ロボコムは、ロボットSIerの1級建築士として、ロボットシステム導入に係る要件定義・構想設計、シミュレーション、コンサルティングを専門に行う日本唯一のエンジニアリング会社である。ロボットシステム導入における水平分業化を目指し、経済産業省が提唱するロボットシステム導入プロセス標準『RIPS』に基づく共通言語を活用して、当社で設計した図面を元に、各地の専門業者に製造を委託できる中立的な立場を目指している。「エンジニアファーストによる 最高のものづくり 最高のエンジニアリング」を理念に掲げ、SIerの地位向上のため、関係省庁、地方自治体、業界団体との連携強化…


【2021年年頭所感】日本ロボット工業会「ロボットの社会実装を加速」小笠原浩 会長

日本ロボット工業会 小笠原浩 会長   新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げます。   本年の年明けは、例年と異なり昨年初頭より世界中に蔓延した新型コロナウイルス(COVID-19)の猛威が、第2波、第3波と更に拡大方向にある中で静かに迎えることとなりました。なかなか終息の兆しが見えない状況ではあるものの、ワクチンの実用化が進み、既にその接種も始まりつつあることから、その効果による感染拡大抑止に大いに期待を寄せるところです。   このような中ではありましたが、昨年末、惑星探査機「はやぶさ2」が6年50億キロもの旅を経て、小惑星リュウグウからの試料を収めたカプセルを見事に地球に帰還…


ユニバーサルロボット UR認定トレセン開設、主要5都市で受講可能

ユニバーサルロボットは、同社のロボットトレーニング講座「URアカデミー」の有償トレーニング講座を受講できる拠点として、5社の販売代理店をUR認定トレーニングセンターに定めて開設した。 同社は、自動化の障壁を下げることを目的にURアカデミーを開設しており、ロボットプログラミングの基礎を学ぶ無償のeラーニング講座と、実機を用いてプログラミングを行う有償の講座を実施している。 実機を使用した有償講座は、これまで同社の東京オフィスでのみ開催しており、受講人数に制限があったことから、今回、主要都市5カ所にトレーニングセンターを開設。各販売代理店の認定トレーナーが講師を務め、小規模なクラス構成で、URロボ…


スギノマシン、スイングアーム式コラムロボット、シンプル構造で高速・軽量化を実現

スギノマシン(富山県魚津市)は、産業用ロボット「スイングアーム式コラムロボット」の軽可搬・小型タイプを開発した。販売開始は2021年4月を予定。 新製品は、工作機械の室内に組み込んでのワークの搬入出作業を想定しており、制御軸数を最適化することで軽量と小型化を実現。軸構成を従来機種の6軸から4軸とシンプルにし、軽量・コンパクトにしている。 軽量アームと高剛性なリンク構造により高速動作が可能。小型でありながら、上下ストローク390mmと広い可動範囲で、可搬質量は7kg(オプションで増量可能)。NCでの操作に対応し、工作機械に慣れた人が導入しやすい制御方式となっている。 工作機械内での搬送、付帯動作…


メディカロイド、手術支援ロボット活用に向けトレーニング施設を開設

川崎重工業とシスメックスの出資会社メディカロイド(神戸市)は、手術支援ロボットシステム「hinotoriサージカルロボットシステム」のトレーニング施設「メディカロイド インテリジェンスラボラトリー神戸(MIL−Kobe)」を12月3日、神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター内に開設した。 同社は、国内初の手術支援ロボットとなるhinotoriの製造販売承認を2020年8月に取得、9月1日からは「A2(特定包括)手術用ロボット手術ユニット(Ⅰ)」として保険適用されている。 同ロボットを実際に臨床現場で使用するには、同社が日本内視鏡外科学会からトレーニングプログラムの承認を取得し、トレー…


安川電機 多用途適用型小型ロボット、可搬質量4kg、全軸IP67 合成速度163%

安川電機は、一般産業分野における小型部品の組立や搬送、箱詰め、仕分け、検査などの工程に適した、多用途適用型6軸小型ロボット「MOTOMAN−GP4」(可搬質量4kg、最大リーチ550mm)を、11月30日に販売開始した。価格はオープン。 昨今、生産年齢人口の減少による労働力不足に加え、コロナ禍における自動化・省力化ニーズの加速といった時代の要請も相まり、特に3C(コンピューター・家電製品・通信機器)市場において自動化のニーズが高まっている。 新製品は、従来機種と比べて各軸の最大速度が向上したことにより、合成速度が163%と高速化し、クラス最高となる動作性能を実現。また、ロボット近傍の有効動作領…