リサイクル の検索結果

ATOUN腰用パワードウエア、食品リサイクル会社に納入

ATOUN(奈良市)が提供する腰用パワードウエア「ATOUN MODEL Y」が、作業者の身体的負担の軽減と作業効率の向上を目的に、廃食用油や食品残渣リサイクルなどの環境事業を手がける浜田化学(兵庫県尼崎市)のリサイクルセンターに導入された。 導入されたのは、回収された牛脂や豚脂などを容器から取り出す抜缶作業の現場。回収は容器の種類や形状が一定ではないため機械化・自動化が難しく、さらに相当な重量になることから作業者の腰に負担がかかっている。そこにパワードウエアを使うことで作業者の身体的負担を軽減し、作業効率を向上させることを目的としている。 今後は浜田化学の全拠点へ順次展開し、トータルで12着…


日本スペリア社 NEDOの「太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト」に参加 金属接合の知識・技術生かす

日本スペリア社(大阪府吹田市江坂町1―16―15、TEL06―6380―1121、西村哲郎社長)は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO、古川一夫理事長)が立ち上げた、「太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト」に参加する。 NEDOは「太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト」「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」「太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト」の3つのプロジェクトに関し、参加企業の公募を行った。 同プロジェクトは、太陽光発電の大量導入社会に備え、その実現のための様々な技術開発を目的に、関連分野の産官学各団体が結集したもの。太陽電池セル・モジュールの高性能…


制御システム・機器各社 家電リサイクルや廃棄物処理に注目 自動化・省力化投資が増加へ

制御システム・機器各社は、家電リサイクル工場の新規設備導入や廃棄物処理施設の設備改善需要が今後期待できるため、静脈市場にも目を向け出した。昨年、家電リサイクル法が小型電子機器にまで対象を拡大したためリサイクル事業者の参入や設備増設が期待でき、さらに既設の廃棄物処理施設でも手作業解体の省力化要求が高まっている。今後、静脈産業分野の自動化・省力化投資が増えそうである。 エアコン、テレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機・乾燥機の家電4品目は、2001年の家電リサイクル法で再商品化が義務付けられた。家電製品協会調べによると、現在全国で49施設が稼働しており、一昨年12月には累計取引台数が1億6000万台を突破し…


環境に配慮しリサイクルIDEC「チップお引き取りキャンペーン」来年1月20日まで実施

IDECは、環境に配慮した循環型社会構築の一環として、リサイクルキャンペーン「2011チップお引き取りキャンペーン」を来年1月20日まで実施する。 このキャンペーンは、制御パネル業者や各種機械メーカー、個人まで幅広いユーザーを対象に行うもので、引き取り対象部品は、同社が販売したφ30、φ25の押ボタンスイッチ用平形チップとゴムワッシャの2種類。引き取り予定数はチップ110万個、ゴムワッシャ40万個。 平形チップは、押ボタンスイッチの操作部に嵌め込んで使用する10円玉大のプラスチック製チップ。ゴムワッシャは、各種制御パネル・機械に押ボタンスイッチを取り付ける際、緩み防止として使用するもの。 引き…


IDEC、阪大三菱エンジニア「多種類プラスチック分別回収リサイクル装置」開発 6種類を判別し分別流通店舗で実証実験開始 低炭素社会実現に貢献

IDEC、三菱エンジニアリング、大阪大学は、このほど世界で初めてロボットを活用した多種類プラスチック分別回収リサイクル装置を開発、流通店舗の「ならコープ・ディアーズコープいこま店」(本部・奈良市、森宏之理事長)、及び大阪大学生活協同組合(本部・大阪府豊中市、出原隆俊理事長)で実証実験を開始した。 地球温暖化対策のため、日本は2020年に温室効果ガスを1990年比で25%削減する目標を掲げており、この低炭素社会実現に向けてのキーワードが資源の有効活用・リサイクルである。 特にプラスチックに関しては、プラスチック処理促進協会の試算によると、07年度のプラスチック総生産量は1420万トンで、廃プラス…


ABB 上海VWのEV新工場に塗装ソリューション提供

ABBロボティクスは、中国・上海汽車(SAIC)とフォルクスワーゲンの合弁会社であるSAICフォルクスワーゲンの次世代エネルギー車の上海新工場に、静岡県島田市のABBテクニカルセンターで開発・製造した塗装ソリューションを提供したと発表した。新工場は年間30万台の電気自動車の生産能力があり、約300台のロボットで構成されたソリューションを提供する。 上海の新工場は61万平方メートルに、約170億人民元(2800億円)を投じて建設される。2020年にはアウディ、フォルクスワーゲン、スコダブランドの電気自動車を年間30万台製造して出荷する予定となっている。 ABBは塗装工程の3つの自動塗装生産ライン…


「スマートエネルギーWeek 2019」2月27日~3月1日、東京ビッグサイト 省・創・蓄エネの9展同時開催

世界33カ国から約1590社集合 世界最大級の省エネ・創エネ・蓄エネ技術を網羅した国際総合展「スマートエネルギーWeek 2019」(主催=リード エグジビション ジャパン)が、2月27日~3月1日、東京ビッグサイトで開催される。 今回新たに開催される「資源リサイクル EXPO」をはじめ、エネルギー関連9つの専門展で構成され、あらゆる技術・製品・サービスを紹介する。 出展社数は世界33カ国から約1590社が集合、エネルギー業界の専門家や技術者など計7万人の来場が見込まれている。開場時間は10時から18時(最終日は17時まで)、入場料は5000円(Web事前申し込み、招待券持参者は無料)。 &n…


【各社トップが語る2019】ピーアンドエフ、30周年の先のステージへ

代表取締役 太田 階子 2019年は、独・PEPPERL+FUCHS社の日本法人を設立して30周年を迎える。ここ数年のドイツ本社のM&A戦略により、製品レンジが次々と拡充されてきたが、防爆モバイル機器が牽引役となり、グループの売り上げは、昨年10月時点で過去最高業績を達成。売上高6億7500万ユーロ(約898億円)のとなり、従業員数も6200人に増加。 日本法人も30周年の節目に拡充された特色ある製品を国内市場に投入し、更なる飛躍の年としたい。 防爆分野では、17年に独・ecom社の製品が加わり、プラントのIoT導入増進に向けた防爆仕様のタブレットやスマートフォンが、海外市場で大きく伸長。日本…


【各社トップが語る2019】EPLAN Software & Services、知名度上げ潜在需要開拓

代表取締役 井形 哲三 制御盤設計の標準化が進む中で、当社は紙ベースの回路図設計データをデジタルベースに置き換えるお手伝いをさせていただいている。回路図設計データをデジタル化することで可視化ができ、標準化のスピードが速くなる。インダストリー4.0による新しいものづくりの流れの中で、Time to Marketが短くなっており、標準化することでベースモデルデザインを設計データとしてリサイクルした使い方が可能になってくる。 2019年は、姉妹会社のリタールと連携しながら、設計ソフトウェアとエンクロージャーで、標準品とカスタマイズ品の選択アドバイスをしながら、Time to Marketの効果が発揮…


速報取材レポート「高機能素材Week2018」見どころをいち早くお届け

2018年12月5日(水)~7日(金)の3日間、幕張メッセで開催中の「高機能素材Week2018」 。 新規開催の「第1回高機能塗料展(コーティング ジャパン)」をはじめ、「第5回高機能金属展」「第2回接着・接合EXPO」「第7回高機能プラスチック展」「第9回高機能フィルム展」「第3回高機能セラミックス展」と6つのフェアで構成される高機能素材の展示会です。今回は国内外350社近くが出展、15,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは「第7回高機能プラスチック展」「第9回高機能フィルム展」「第1回高機能塗料展(コーティング ジャパン)」「第2回 接着・接合 EXPO…