Check !!

日本製紙、静岡県富士市の富士工場で飲料用紙容器リサイクル設備が稼働

日本製紙は、静岡県富士市の富士工場内で、紙コップや紙パック等の食品・飲料用紙容器リサイクル設備の稼働を開始した。
使用済みの紙容器は、紙にプラスチックを貼り合わせた複合材料からパルプを取り出す方法や、パルプを取り出した後に残るプラスチックの処置などの技術的観点、その容器の食品残渣物の汚れなどの衛生上の観点などからリサイクルに不適とされ、その大半が一般ごみとして焼却されている。しかし、昨今の食品・飲料用紙容器のリサイクルに対する市場ニーズに対応するため、同社は2021年9月から同設備の導入を進め、草加工場と足利工場で、主に段ボール原紙の原料用途で、使用済みの紙容器リサイクルに取り組んできた。
今回の富士工場に設置した新設備では、高品質・高白色のパルプを生産することが可能となり、今後は紙・板紙・家庭紙など幅広い分野で製紙原料としての利用を目指す。

https://www.nipponpapergroup.com/news/year/2022/news221028005326.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG