ユーエイ の検索結果

ユーエイ、ケアフリー社と業務提携、メディカルキャスターの輸入販売を開始

ユーエイ(東大阪市)は、カナダのキャスターメーカーであるCareFreeCasters Corp.(ケアフリー社)と業務提携し、医療機器向けキャスター製品の輸入販売を開始しました。 ケアフリー社は、カナダ・オンタリオ州に本社を置く、メディカルキャスターのメーカーです。同社は、高度医療分野に特化して高品質、高性能なキャスター製品を開発・製造しています。 その製品の多くは、医療機器メーカーの要求要件に合わせてカスタム生産されており、その柔軟な対応力と革新的な製品開発力によって、欧米を中心とした大手医療機器メーカーに採用されています。   ユーエイのキャスター事業も同じく、顧客ニーズに最適…


ユーエイ 幅広い用途で活用、先端技術キャスター3種

ユーエイ(大阪府東大阪市)は2018年6月から、韓国でのキャスター市場シェア1位を誇るキャスター専業メーカーの智徳産業と業務提携し、先進的テクノロジーで開発された「FOOT MASTER」ブランドを日本で販売している。 FOOT MASTERは、レベリング、AGV向け、高荷重向けの3種類をラインアップした高機能キャスター。 レベリングキャスターは、アジャスターと一体型のキャスターで、移動と固定の簡略化が可能。移動時はキャスターとして、設置場所ではアジャスター機能で即時にレベル合わせを行うことができる。許容荷重は50キログラムから1.5トン まで対応しており、レイアウト変更が生じる生産ラインや装…


ユーエイキャスター 段差乗り越えるキャスター開発

ユーエイキャスター(東大阪市)は、安全でスムーズな物流を実現する「段差乗り越えキャスター」を開発した。 新製品は、物流現場における労働力不足や作業負担の軽減などを目的に開発され、業界初の約50ミリメートルの段差を乗り越える補助機能を搭載した新機構のキャスター。 仕組みは、キャスターの後輪が段差に当たり、後輪が押し返される力を前輪が路面を押す力に変換することで、段差をスムーズに乗り越えられるようになっている。 また、主輪と副輪が連動して動くリンクカム機構によって、作業負担の軽減、業務の効率化、安全な運搬による物流品質の向上を図ることができる。 段差のある場所ではぶつかった衝撃で荷物が落下したり、…


ユーエイキャスター O.T.ファテックと合併

産業用キャスターメーカーのユーエイキャスター(東大阪市、雄島耕太社長)は、関連会社で、工作機械および工具の卸売会社O.T.ファテック(東大阪市、雄島大貴代表取締役)を10月1日付で吸収合併し、社名を「ユーエイ」(東大阪市本庄西1-8-39、雄島大貴会長、雄島耕太社長、資本金8300万円)に変更する。 ユーエイキャスターは、1977年にO.T.ファテックからメーカー部門を新設するために設立。今回、経営管理体制を一元化することで、経営資源の有効活用をさらに進め、収益構造の強化を図るために合併するもの。 合併後は事業部制をとり、それぞれの既存事業を「キャスター事業部」、「O.T.ファテック事業部」と…


ユーエイキャスター 新開発の発電・センサキャスター、バッテリーレスで機器検知

ユーエイキャスター(東大阪市)は、バッテリーレスで運搬機器の位置を検知する「発電・センサキャスター」を開発した。 新開発の発電・センサキャスターは、走行時の回転によって発電するエナジーハーベスティング技術(環境発電技術)を採用しており、電池交換も不要なバッテリーレス構造。電磁誘導コイルとマグネットを利用して、キャスターの回転によって電気をつくりだす仕組みになっている。 EnOcean無線通信モジュールと各種センサを内蔵しており、物流倉庫や運搬工数の多い工場内で、走行距離や移動経路の確認、待機時間の管理、現在地の通知、使用頻度の比較など、運搬機器の稼働状況を把握することができる。   …


速報取材レポート「第3回 関西 工場設備・備品展(FacTex関西)」関西ものづくりワールド2018

2018年10月3日(水)~5日(金)の3日間、インテックス大阪で開催中の「第3回 関西 工場設備・備品展(FacTex関西)」(関西ものづくりワールド2018内)。 工場向けの省エネ製品、物流機器、メンテナンス製品、安全用品、防災製品などが出展される専門展です。今年は国内外約1,500社近くが出展、40,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします。 開催概要:第3回 関西 工場設備・備品展(FacTex関西)(関西ものづくりワールド2018内) 名称:第3回 関西 工場設備・備品展(FacTex関西) 会期:2018年1…


速報取材レポート公開「国際物流総合展2018」アジア最大級の国際物流展、今年の見どころは?

2018年9月11日(火)~14日(金)の4日間、東京ビッグサイトで開催中の「国際物流総合展2018」。 国内外の最新物流機器・システム・サービス等のソフトとハードが一堂に会し、経済活動のインフラとして不可欠な物流・ロジスティクスの先進情報が収集できる日本唯一・アジア最大級の物流展示会です。1994年の初回以降、隔年で開催。13回目を迎える今回は、国内外500社が出展、67,000人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします。“今”欲しい情報を写真満載でまとめたので、ぜひダウンロードしてご覧ください!  ※2018年9月12日13…


第22回 機械要素技術展(ものづくりワールド)過去最多2,580社が出展

日本最大級の製造業向け専門展「日本ものづくりワールド2018」(主催=リードエグジビションジャパン)が、6月20日(水)~22日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される。同展は、「設計・製造ソリューション展」「機械要素技術展」「ヘルスケア・医療機器 開発展」「3D&バーチャル リアリティ展」の4展で構成。今回は過去最多の約2580社が出展し、約9万2000人の来場が見込まれる。 軸受やベアリングなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を集めた「機械要素技術展」の出展社の中から、特に注目度の高い約40社のブースを取材し、写真とともに見どころやトレンドをまとめた取材レポートをお届けする。 …


【速報】名古屋 ものづくりワールド2018 取材レポート

4月11日から3日間ポートメッセで開催される「名古屋ものづくりワールド2018」(主催:リード エグジビション ジャパン)の注目度の高いブース約50社を現地取材し、見どころやトレンドをまとめた取材レポートをアペルザカタログにて公開。注目度の高い企業や初公開の先端技術・製品を写真と解説つきでお届けする。 ▼こちらから取材レポートをご覧いただけます!   「名古屋ものづくりワールド2018」は「名古屋設計・製造ソリューション展(DMS)」「名古屋機械要素技術展(M-Tech)」「名古屋工場設備・備品展(FacTex)」「名古屋航空・宇宙機器開発展(AeroTech)」の4展から構成され、…


工場新設・増設情報11月第3週

【日本国内】 ▼中部飼料 北海道釧路市に畜産用配合飼料を製造する新工場を建設する。 敷地面積は3万5798平方メートル、建築面積は4300平方メートル、投資額は約60億円、製造能力は月産2万トン 、従業員約20人。 着工は18年5月、稼働開始は19年6月を予定。 ▼日本電産 子会社である日本電産シンポは、日本電産セイミツ本社工場(長野県上田市)内に上田工場を開設。15年から本格発売を開始したロボット用精密制御減速機「FLEXWAVE」の生産拡大を見据え、同生産拠点を京都本社工場と上田工場の2拠点体制とする。 工期を二期に分け、一期はセイミツ本社工場の空スペースの一部を改築、18年4月から精密制…