ユーエイ「ユーエイ・スマートキャスター・システム」

2020年10月28日

IoT環境を簡単に構築

ユーエイは、IoT環境を簡単に構築可能な統合型センサネットワークシステムを開発し、運搬機器の稼働状況が把握できる「ユーエイ・スマートキャスター・システム」を提供開始した。

同システムは、スマートキャスターや各種IoTセンサノード、IoTゲートウェイ、表示アプリケーションの3つをワンストップで提供。

スマートキャスターは、キャスターの回転によって発電するエナジーハーベスティング技術を採用した電池レス。ホールセンサと加速度センサを内蔵し、運搬機器の移動距離や移動速度、振動を計測して、EnOcean無線通信でIoTゲートウェイへ送信できる。

IoTゲートウェイは、スマートキャスターのほか、さまざまなEnOceanセンサ機器をブラウザで簡単に登録でき、データを収集して上位システムへ連携。

上位システムの表示アプリケーション「MotionBoardクラウド」は、簡単な操作でダッシュボードの作成が可能。収集データの可視化・分析が行える。

EnOceanセンサノードとして、温湿度、CO2、人感、開閉センサ、ON/OFFスイッチなどもラインアップ。

車輪の回転により発電するスマートキャスター

https://www.yueicaster.co.jp/

■「ユーエイ・スマートキャスター・システム」カタログダウンロードはコチラ