ヒルシャー・ジャパン の検索結果

【各社トップが語る2020】ヒルシャー・ジャパン「ITとOTの融合推進」伊藤和仁 代表取締役

ヒルシャー・ジャパン 伊藤和仁 代表取締役   2019年12月期の売り上げは、前年並みと計画通りであった。米中貿易摩擦の影響から半導体関連のお客さまは芳しくなかったものの、新規のお客さまとの取り引きが増えつつあり、中期的には期待感は高まっている。ヒルシャーグループ全体の中でも日本法人は頑張っている。 当社は「産業用通信インターフェースとIIoTの専門マルチベンダー」として取り組んでいるが、装置メーカーを中心にこれらを活用する動きが強まっていることは当社にとっても歓迎すべき流れと言え、今後装置メーカーへのアプローチを積極的に展開していきたい。 当社は付加価値の高い、ていねいな仕事をし…


ヒルシャー・ジャパン 産業用ネットワーク管理ソフト「netIOT Diagnostics」

端末からモニタリング可能 ヒルシャーは「産業用通信インターフェースとIoTの専門企業」として、独自技術「netX」で幅広い製品ラインアップを提供している。 netIoT Diagnosticsは、産業用ネットワークによる製造システムにおいて継続的なネットワークのトポロジやネットワーク品質の管理を目的としたアプリケーション。 ハードウェアとしてはヒルシャーのnetIOT Edge Gatewayを使用する。 PCやモバイル端末から何時でもネットワークのモニタリングが可能。 主な機能として、ネットワーク状態情報の表示、アセット情報の表示、自動モニタリングおよび状態通知などが可能。 フィールドバスイ…


ヒルシャー・ジャパン オートメーションネットワーク対応「netIOT Edge ネットゲートウェイ」産業用クラウド接続可能

netIOT Edgeには、ヒルシャーの産業用マルチプロトコル対応ASIC「netX」と86系CPUが搭載されており、PROFINETやEtherNet/IPといった従来のリアルタイム・イーサネットへの接続に加え、クラウドサービスへの接続用プロトコルOPC UAやMQTTにも対応している。 netIOT Edgeは、PLCに制御されたオートメーションネットワークの中で一つのスレーブデバイスとして動作し、収集したセンサ情報をクラウドへアップできる。LinuxやNode-RED、さらにDockerとの組み合わせにより、パワフルかつ効率的な処理、解析が行われ、データフィードバックを可能にする。 ne…


CC-Link主要各社の重点製品 ヒルシャー・ジャパンCC-Link製品開発用各種通信インターフェース「netX」 短期間、ローコストで開発

ヒルシャー・ジャパンでは、産業用機器を短期間かつ低コストでCC―Linkに対応させるための通信I/F製品を各種提供している。 オリジナルのマルチプロトコル産業用通信SoC「netX」を中核として、組み込みモジュール、PCカード、ゲートウェイといった製品群から各ベンダーは自社製品の仕様に合ったタイプを選択することができる。 いずれもCC―Link対応ファームウェアを提供しており、ホストI/FにDPRAMを採用しているため、製品ベンダーはCC―Linkの詳細仕様を把握しなくても開示される技術情報と無償提供されるCソースのファンクション集を利用することにより極めて効率的に専用ドライバーを作成できる。…


【各社トップが語る2020】FA特集61社インタビュー 目次アーカイブ

オートメーション新聞 新春特集号恒例の各社トップインタビュー記事のアーカイブです。 2020年1月8日付の「新春FA特集号」では61社にご協力をいただき、2019年の実績や感想、販売・営業施策、製品・サービスについて、そして2020年の見通しや市場の動き、施策などを伺っています。   ▶︎各社トップインタビュー、FA流通商社編はコチラ   (50音順) ■ IMV 「振動センサで予知保全実現」 小嶋淳平 代表取締役社長 ■ IDEC 「DNAの安全・HMI注力」 舩木俊之 代表取締役会長 兼 社長 ■ 相原電機 「トランスと会社の未来探求」 城岡充男 代表取締役社長 ■ ア…


「産業オープンネット展2019」7月23日大阪、7月30日東京で開催

「つなぐ技術」で現在の値を見る。 将来のパフォーマンスがわかる。 大阪:7月23日(火) グランキューブ大阪 東京:7月30日(火) 大田区産業プラザPiо   産業用オープンネットワークを推進する各団体や会社が一堂に会し、セミナーとデモを通してオープンネットワークを採用するメリットを紹介する「産業オープンネット展2019」(主催:産業オープンネット展準備委員会)が、7月23日(火)に大阪会場で、7月30日(火)に東京会場で開催される。 開場時間は10時から17時。入場無料。   接続メリットを直接紹介 工場のオートメーション化、IoT化を進めていく中で、「つなぐ技術」とし…


ピルツジャパン、リジベル氏が代表取締役に就任

ピルツジャパン(横浜市港北区)は、6月11日付けで代表取締役にオリビエ・リジベル氏が就任した。 リジベル氏は、フランス出身。2005年に交換留学生として来日、大学で電子工学、情報学で学士を取得した。卒業後、ヒルシャー・ジャパン、ロックウェルオートメーションジャパン、ハウニ・ジャパンのサービス部長を歴任。 趣味の合気道は3段の腕前。


「オートメーション コンポーネンツ フェア」11月14日 神戸・16日 博多で開催

MECHATROLINK協会は「オートメーション コンポーネンツ フェア 2018」を神戸(11月14日)と博多(11月16日)で開催する。 同フェアは、MECHATROLINK対応製品を持つメンバー企業が、MECHATROLINK対応製品のみならず、各社の製品、技術を一堂に会し紹介するもので、トータルソリューションの実例や最新情報を実機で確認しながら体感することができる。 会場には16社の企業が、フィールドネットワークであるMECHATROLINKの新製品・最新技術をはじめ、製造装置のIoT化へのアイデアや情報を披露することになっている。   また、セミナーも予定されており、基調講…


「産業オープンネット展2018」7月25日東京・27日名古屋で開催、「つなぐ技術」が勢ぞろい

産業オープンネット展2018 東京会場:7月25日(水) 大田区産業プラザPio 名古屋会場:7月27日(金)名古屋国際会議場 産業用オープンネットワークを推進する各団体やベンダーが一堂に会し、セミナーとデモを通してオープンネットワークを採用するメリットを紹介する「産業オープンネット展2018」(主催:産業オープンネット展準備委員会)が、7月25日(水)に東京会場で、7月27日(金)に名古屋会場で開催される。 開場時間は10時から17時。入場無料。 見て、聞いて、触れて体験 最新機器デモ展示 工場のオートメーション化、IoT化を進めていく中で、「つなぐ技術」として重要な役割を担う産業用オープン…


産業オープンネット展2017 8月24日東京/29日大阪 過去最大11団体・49ベンダー参加

「つなぐ技術」見て 聞いて 触って 比較 産業用オープンネットワークを推進する団体が一堂に会して展示とセミナーを行い、オープンネットワークを採用するメリットを紹介する「産業オープンネット展2017」(主催=産業オープンネット展準備委員会)が、8月24日(東京)と8月29日(大阪)に開催される。開場時間は午前10時~午後6時。参加費は無料。 工場と工場、機械と機械、モノとモノを「つなぐ・つながれる」志向が年々強まり、特に第4次産業革命とも言われるI4.0(インダストリー4.0)やIIC(インダストリアル・インターネット・コンソーシアム)などに代表されるIIoTに対応したつながるものづくりを進める…