CC-Link主要各社の重点製品 ヒルシャー・ジャパンCC-Link製品開発用各種通信インターフェース「netX」 短期間、ローコストで開発

ヒルシャー・ジャパンでは、産業用機器を短期間かつ低コストでCC―Linkに対応させるための通信I/F製品を各種提供している。

オリジナルのマルチプロトコル産業用通信SoC「netX」を中核として、組み込みモジュール、PCカード、ゲートウェイといった製品群から各ベンダーは自社製品の仕様に合ったタイプを選択することができる。

いずれもCC―Link対応ファームウェアを提供しており、ホストI/FにDPRAMを採用しているため、製品ベンダーはCC―Linkの詳細仕様を把握しなくても開示される技術情報と無償提供されるCソースのファンクション集を利用することにより極めて効率的に専用ドライバーを作成できる。

「netX」」はARM9及び各種ペリフェラルを内蔵し、CC―Link通信コンパニオンチップとしてだけではなく、ユーザーアプリケーションの実装も可能である。

また、独自のアーキテクチャーによりファームウェアを交換するだけで、各ベンダーは共通のプラットフォームで大きな設計変更を伴わずに、その他のフィールドバスやリアルタイム・イーサネットにも対応させることができる。

各プロトコル準拠の物理層まで実装された組み込みモジュールやPCカードでは、より簡単に各市場の要求にあったマーケティングを迅速に行える。
(http://www.hilscher.
jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG