サイバー攻撃 の検索結果

富士通研究所、IoTデバイスへのサイバー攻撃の影響を最小化するネットワーク制御技術を開発

現場のIoTネットワークの安全運用を実現 富士通研究所(神奈川県川崎市)は、現場に設置されているIoTデバイスを安全に運用することができるネットワーク制御技術を開発しました。 工場などの現場におけるIoT環境では、認証やウイルスチェックの機能を持たないセンサーや製造装置などのIoTデバイスを接続するケースが多いため、マルウェアに攻撃されることにより、工場の操業が停止するなどの事故が世界中で発生しています。 従来のウイルス対策ソフトウェアによる対処では、IoTデバイスのCPUやメモリ容量の制約によりインストールができない場合があり、サイバー攻撃の脅威にさらされている機器が存在しています。 &nb…


アズビル セキュリティフライデー アライドテレシスと連携 サイバー攻撃対策で

アライドテレシス(東京都品川区)と、アズビル セキュリティフライデー(神奈川県藤沢市)は、アズビル セキュリティフライデーのネットワークセンサ「VISUACT-X」をアライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と組み合わせ、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供していく。 同ソリューションは、近年、多様化・巧妙化しているランサムウエアやマルウエアなどのサイバー攻撃が特に悪用するWindowsの通信プロトコル「Server Message Block」(SMB)による組織内通信を監視し、サイバー攻撃を…


三菱電機 「サイバー攻撃検知技術」開発 重要インフラに安定サービス

三菱電機は、定められた正常命令のルールから逸脱する通信をサイバー攻撃として検知する「サイバー攻撃検知技術」を開発した。電力、ガス、水道、化学、石油などの重要インフラの制御システムに、正常命令を装って被害を引き起こす巧妙なサイバー攻撃を、制御システムのリアルタイム性を確保しつつ検知することで、安定したサービス提供に貢献する。 同社は、重要インフラの制御システムが行う正常命令が、停止中・制御中・保守中などの運転状態によって異なる点に着目。運転状態ごとに許可される正常命令のルールを定め、運転状態に応じてルールを切り替えることにより、ルールから逸脱する通信をサイバー攻撃と検知する技術を世界で初めて開発…


サイバー攻撃産学共同研究 「つるまいプロジェクト」 実証実験スタート

Virtual Engineering Community(VEC)は、名古屋工業大学と産学協力の下、工場、プラントなどの制御システムを標的にしたサイバー攻撃の防御技術および制御製品のセキュア化技術に関する研究として、共同研究「つるまいプロジェクト」を4月より開始した。 プロジェクトでは、同大学の制御プラント実験施設と、NTTコミュニケーションズのVPNサービスを利用したテストベッド環境で実証実験を行う。施設内のミニ制御システムプラントを標的に、サイバー攻撃手法をさまざまな仕様で再現、実験し、防御手法を研究する。 制御システムを構成する制御製品はマルチベンダで実施し、防御に使用するセキュリティ…


アズビルとコア サイバー攻撃分析 ソリューション発売

アズビルセキュリティフライデー(神奈川県藤沢市、佐内大司代表取締役)とコア(東京都世田谷区、松浪正信代表取締役社長執行役員)は、「サイバー攻撃分析ソリューション」を発売し、ユーザーのサイバー攻撃対策を支援する。 社会インフラや企業資産を狙ったサイバー攻撃は年々急増し、企業や組織にとっては防御だけでなく、発生したインシデントの分析という新たなセキュリティ課題が顕在化している。一方、新たなセキュリティ課題に対応できる人材の不足が懸念されており、インシデント分析の高度化と、さらなる効率化が大きな課題となっている。 同ソリューションは、ITシステムに侵入したサイバー攻撃を検知するネットワークセンサ「V…


ロックインターナショナル ホワイトリスト型セキュリティパッケージ発売 サイバー攻撃から制御システム保護

ロックインターナショナル(東京都渋谷区代々木2-5-1、TEL03-5304-5395、石清水廣行社長)は、サイバー攻撃から制御システムを保護するセキュリティ対策として、ホワイトリスト型セキュリティソリューション「Lumension 制御システム・セキュリティパッケージ」を発売した。 制御システムへの標的型ウイルス攻撃が増えるなか、ウイルスの侵入を完全に防ぐことは難しい。メンテナンス業者のPCやUSBメモリなど、ウイルス侵入のリスクをすべて排除するのも困難。ネットワーク化が進むなか、システムと直接関係ない端末のウイルス感染がシステムにまで拡大する危険性も否定はできない。独立ネットワークであって…


制御機器へのサイバー攻撃増加 経営者と技術者の対策は? ~VEC村上正志事務局長に聞く

PCのウイルス感染や個人情報の漏えい問題が頻繁に報道されているが、製造業の生産現場にも危機が迫っている。制御システムセキュリティに明るい、VEC(Virtual Engineering Community)の村上正志事務局長に、制御セキュリティの現状について話を聞いた。 村上事務局長によると「まず、重要なこととして米国国土安全保障省DHSのICS―CERT最新レポートでは、サイバー攻撃の対象が、企業を標的にした攻撃から制御製品を攻撃対象にしているものが多くなっており、重要インフラ産業のみならず一般製造業にまで被害が広がっている。どんな工場、施設でもマルウェアによる攻撃の対象になりうるため、経営…


産業制御システムへのサイバー攻撃巧妙に ネットワーク化進み危険性増す 急がれるセキュリティ対策

PLC(プログラマブルコントローラ)やPD(プログラマブル表示器)、産業用コンピュータ・コントローラなどを使った産業制御システムへのサイバー攻撃が依然継続して行われている。水道・ガス・電気などの社会インフラシステムや自動車製造などの大規模工場などで目立ち、セキュリティ対策が不十分な所も多い。産業制御システムユーザーのセキュリティへの意識は以前よりは向上しているものの、サイバー攻撃も巧妙化していると言われ、まだまだ危険性を抱えているようだ。 工場や社会インフラシステムを制御するPLCやコンピュータなどが、外部機器とLANを介してネットワークとしてつながるようになってから、産業制御システムはハッカ…


NECAサイバー攻撃に対応制御システムの安全性確保へ「研究会」立ち上げ9月26日に説明会開催

日本電気制御機器工業会(NECA)では、コンピューターシステムへのサイバー攻撃が多発していることから、制御システムの安全性確保も大きな課題となってくるとして、NECAの技術委員会の中に、「制御システムセキュリティ研究会」を設置することになった。NECA会員から研究会への参加企業を募り、今年10月に立ち上げる計画で、9月26日には研究会創設のための説明会の開催も予定している。 情報機器分野に比べ対策が遅れていた制御システムのサイバー攻撃へのセキュリティ対策は、NECAの会員企業や身近な企業でもPLCなどへのプログラム攻撃を受ける被害が出て、身近な問題としてクローズアップされている。 経済産業省は…


総務省とNICT、IoT機器調査と利用者への注意喚起の取り組み「NOTICE」実施

総務省と情報通信研究機構(NICT)は、インターネットプロバイダと連携し、サイバー攻撃に悪用されるおそれのあるIoT機器の調査及び当該機器の利用者への注意喚起を行う取り組み「NOTICE(National Operation Towards IoT Clean Environment)」を2月20日から実施する。 近年、IoT機器を狙ったサイバー攻撃は増加しており、諸外国では、IoT機器を悪用した大規模なサイバー攻撃によってインターネットに障害が生じるなど、深刻な被害が発生している。 センサーやウェブカメラなどのIoT機器は、機器の性能が限定されている、管理が行き届きにくい、ライフサイクルが長…