アイデン の検索結果

シーメンス アイデンがショールーム IoT活用例を紹介

シーメンスは、同社のオープンなクラウドベースのIoTオペレーティングシステム「MindSphere(マインドスフィア)」とFA製品「SIMATIC(シマティック)コントローラ」の工場における実稼働を体験できるショールームを、制御盤製造のアイデン(石川県金沢市)が開設したと発表した。 アイデンは工場の見える化とコントロールを実現し、生産性向上とエネルギー利用効率化を図ることを目的に、自社工場にMindSphereとSIMATICコントローラを導入し、現場情報のエッジ処理からクラウド分析までを構築。工場内のアクセス権限、電力制御・収集、データロギング等ですでに成果をあげつつあり、さらに制御盤組立ロ…


【提言】利他主義を忘れた大手製造業「賀詞交歓会からの警鐘」〜日本の製造業再起動に向けて(47)

毎年恒例の賀詞交歓会が、今年も例年通り全国各地で開かれた。製造業にとっては、極めて絶好調であった昨年に引き続き、本年も明るい賀詞交歓会のはずであるが、大手製造業の賀詞交歓会に参加した中小製造業の経営者からは、「賀詞交換会が形骸化している」といった声が多く聞かれる。 「昔は、大企業トップの年頭の辞には迫力があった」「最近の大手企業経営者の話はピンとこないし、心にも響かない」といった声や、「米中摩擦影響を予測する経済評論家のような話ばかりだ」「企業の戦略など何もないので失望した」といった声が充満している。 バブル崩壊から数十年が経過し、かつて世界で光り輝いた日本製造業の威光は確実に失われており、『…


合成されたIDによるなりすまし:現代のフランケンシュタイン的怪物を暴く Byアリスデア・フォークナー(ThreatMetrix)

アリスデア・フォークナー (ThreatMetrix チーフアイデンティティオフィサー) 私たちの中にひそかに紛れこんでいるフランケンシュタイン的怪物とは何者でしょうか? イギリスの作家メアリー・シェリーが生みだしたキャラクターと同様に、この怪物もまた、本物の人間たちのパーツから出来上がっています。 サイバー犯罪者たちは、金銭を盗む新しく画期的な方法を発見してきました。データ漏洩の急増とともに、身元確認のための認証情報をはじめとする重要な情報が大量に盗みだされ、これらの情報はサイバー犯罪者たちの手に渡ってしまっています。 彼らはインターネットという覆いに隠れて、正当なユーザーのフリをすることが…


シーメンス 組織体制を変更、社内カンパニー制導入

シーメンスは9月6日、先日ドイツ本社が発表した「Vision2020+」とそれにともなう組織変更、日本市場での戦略を発表した。 Vision2020+は、2015年からスタートした中期経営計画「Vision2020」に続くもので、進捗が順調なことから完了予定の20年を前に「Vision2020+」として策定された。そのなかで組織体制を大きく変更し、社内カンパニー制を採用して事業会社として3社、戦略会社として社外に3社を設立する。 社内カンパニーは、発電やオイル・ガス事業を担う「ガス&パワー(GP)」、インフラや配電システム、低圧機器、制御機器を担う「スマートインフラストラクチャー(SI)」、産…


ThreatMetrix 18年度第1四半期サイバー犯罪報告書 検出・阻止、前年比62% 世界的規模で拡大

ThreatMetrixは、2018年度第1四半期サイバー犯罪報告書を発表した。 世界中で検出や阻止されたサイバー攻撃は2憶1000万件で、前年比62%増。同報告書では、漏洩したアイデンティティ情報の世界的拡散による、グローバル規模でのサイバー犯罪の質的変化が明らかとなる新しいデータが示されている。 ラテンアメリカでは漏洩したアイデンティティ情報の世界的拡散が、新たなアカウント作成詐欺激増の原因となっている。 同報告書によると、全アカウント申請のうち4分の1が不正なものとして却下、盗まれたり合成されたIDは、米国の大手小売企業と並んで、ラテンアメリカの電子商取引市場の攻撃などに使用されている。…


ThreatMetrix LexisNexis 初の統合製品発表 デジタルと物理の差異埋める

ThreatMetrixは、同社とLexisNexis Risk Solutionsにとって最初の製品統合となる「Spring ’18 Release」を発表した。これにより「オンラインとオフラインの世界にまたがる高度なアイデンティティ・インサイトを通じてリスクに対する意思決定を変革する」という2018年2月のLexisNexis Risk Solutionsによる買収がもたらすビジョンの実現が加速される。 同社の中核技術である「ThreatMetrix ID」と、「ThreatMetrix ID」内の属性として組み込むことができるようになったLexisNexis Risk Sol…


【提言】世界中で増殖中『オープンERP』 中小製造業『次世代の勝ち組』へのパスポート〜日本の製造業再起動に向けて(30)

現在、製造業は好調である。創業以来の売り上げと利益を更新している企業も数多く見受けられるが、中小製造業にとっては、決して喜んではいられない深刻な事態に直面している。 日本の精密板金市場には、2万社を超える「板金製造業」を営む中小製造業・町工場が存在し、年間2兆円を超える仕事が国内に流れており、業界全体では活況を呈している。半導体製造装置やATM(現金自動預払機)など精密製品の好調性に加え、旺盛な内需の好調が活況の背景にある。しかし、2万社の板金製造業には、極端な2極化現象が台頭している。 ここ数十年でNC化や自動化・デジタル化が高度に進み、設備力において大きな企業間格差が生まれ、俗に言う「勝ち…


【セキュリティリスク最新動向】ガートナー 日本の課題トップ10発表

■ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメントサミット2017 ガートナー ジャパン(東京都港区)は、7月13日に行われた『ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメントサミット2017』の中で、2017年に日本がセキュリティで取り組むべき課題となるセキュリティ・アジェンダトップ10を発表した。 <セキュリティ・アジェンダトップ10> ●アウトサイダーの脅威(サイバー攻撃) ●インサイダーの脅威 ●エンドポイントのセキュリティ ●クラウドのセキュリティ ●アイデンティティ/アクセス管理 ●検知(Detect:セキュリティ・オペレーション・センターの構築・運用など) ●対応(Respond:イ…


アルファTKG「トランプ時代の世界経済とものづくり」高木 俊郎 代表取締役社長 

グローバリズム崩壊で日本の時代が到来 英国EU離脱、米大統領選…昨年は「まさか」の年 あけましておめでとうございます。 昨年は「まさか」の年であった。6月の英国のEU離脱に続き、11月米大統領選の「まさか」は世界を震撼させた。米国のCNNなど一流メディアや一流コメンテータは、考えられない結果に当惑し、「大衆迎合だ」とのコメント報道が精いっぱいで、その狼狽ぶりを世界中に暴露した。 米大統領選以降も「まさか」は世界中に伝搬し、地殻変動が続いている。イタリアではレンツィ政権が倒れ、オーストリア・ドイツ・フランスでも極右勢力が台頭した。 日本では、以前より「トランプは危険だ!」のイメージが強く、トラン…


【提言】バブル崩壊とグローバル化後遺症-『若者パワー』と『国際化』-【高木俊郎】日本の製造業再起動に向けて(21)

最近のメディア報道は、きな臭い話が多い。事実、世界では不気味な事件が多発しており、地球規模の経済危機も予想され、世界中の人々が不安を抱いている。 日本国内でも、日銀の政策失敗やアベノミクス失敗の声が満ち溢れ、メディアは政府の巨額借金問題や人口減少問題などを題材に、『日本亡国論』を論じており、国民の不安は募るばかりである。その中味は、『大変だ!ヤバイぞ!』に終始し、出口の見えない報道が大半である。アベノミクスも重要ではあるが、日銀の金融政策などが、本質的な根本的解決になるはずがない。『ものづくり大国、日本』の権威回復こそが、日本の戦略である。日本が世界に誇る『ものづくり遺伝子』を再び目覚めさせ、…