シーメンス 組織体制を変更、社内カンパニー制導入

2018年9月12日

シーメンスは9月6日、先日ドイツ本社が発表した「Vision2020+」とそれにともなう組織変更、日本市場での戦略を発表した。 Vision2020+は、2015年からスタートした中期経営計画「Vision2020」に続くもので、進捗が順調なことから完了予定の20年を前に「Vision2020+」として策定された。そのなかで組織体制を大きく変更し、社内カンパニー制を採用して事業会社として3社、戦略会社として社外に3社を設立する。 社内カンパニーは、発電やオイル・ガス事業を担う「ガス&パワー(GP)」、インフラや配電システム、低圧機器、制御機器を担う「スマートインフラストラクチャー(SI)」、産…