【提言】バブル崩壊とグローバル化後遺症-『若者パワー』と『国際化』-【高木俊郎】日本の製造業再起動に向けて(21)

2016年10月5日

最近のメディア報道は、きな臭い話が多い。事実、世界では不気味な事件が多発しており、地球規模の経済危機も予想され、世界中の人々が不安を抱いている。 日本国内でも、日銀の政策失敗やアベノミクス失敗の声が満ち溢れ、メディアは政府の巨額借金問題や人口減少問題などを題材に、『日本亡国論』を論じており、国民の不安は募るばかりである。その中味は、『大変だ!ヤバイぞ!』に終始し、出口の見えない報道が大半である。アベノミクスも重要ではあるが、日銀の金融政策などが、本質的な根本的解決になるはずがない。『ものづくり大国、日本』の権威回復こそが、日本の戦略である。日本が世界に誇る『ものづくり遺伝子』を再び目覚めさせ、…