課題解決への挑戦はこれから 海外での事業展開に力を入れる商社多い 下期に大きな期待 メーカー/開発可能強化

2013年10月30日

中部地区の経済動向は、主要産業の自動車・自動車部品は、トヨタ自動車などが北米や東南アジアを中心に好調な販売が続いて堅調な状況にあるが、国内や欧州においては伸び悩みの感もあり、設備投資には慎重な姿勢が見られた。また、電子部品・デバイスは引き続き増加しているほか、工作機械も最近持ち直してきている。東京オリンピックの開催決定は、中部地区では今のところ大きな影響は見られないが、リニア中央新幹線の早期開業などに期待がかかっている。一方、全国と同様に、不安材料として中国経済の先行き、消費税率の引き上げ、資源原材料高などが挙げられる。 中部地区の商社は、こうした社会情勢に合わせて、顧客の問題解決に取り組みな…