需要V字回復のFAセンサー市場 国内外の全分野で堅調に拡大 MEMS、非FA用途へも浸透

2010年9月15日

Faセンサー市場は、国内市場の需要回復と中国を中心とした海外市場の成長を背景に昨年秋以降、V字回復を見せている。日本電気制御機器工業会(NECA)の検出用スイッチの出荷統計では、2009年度は前年比14・2%減の824億円であったが、10年度の第1四半期(4~6月)は同93・8%増の284億円となり、急激な回復を示している。国内市場は半導体関連や自動車関連、さらに電子部品関連の設備投資が活発化したことが大きな需要回復の要因となった。しかし、5月以降円高が急速に進行していることから、今後、輸出関連に影響が出てくることが予想されるほか、自動車のエコカーポイント制度が終了するなど、若干の懸念材料も出…