日本電気制御機器工業会 の検索結果

2014年工業会年頭所感 一般社団法人 日本電気制御機器工業会 長崎春樹会長

2014(平成26)年の新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げますとともに、日頃からの当工業会に対するご支援に厚く御礼申し上げます。 さて、昨年の経済情勢を振り返りますと、国内は金融政策と財政政策による為替や株価の効果で、企業による設備投資に前向きな兆しが表れ、内閣府が発表した「船舶・電力を除く民需」の受注額もリーマン・ショックのあった08年9月以来、約5年ぶりの高水準を維持しております。 また、輸出も海外景気の減速を受けた影響があるものの円安効果によって、日本の製造業は好転している状況が続きました。 このような中、今年度の当工業会(NECA)でも民間投資喚起、為替などの効果が反映され、出荷…


JSIA30周年に期待する 重要な役割担う配電・制御盤 一般社団法人 日本電気制御機器工業会 会長 山田 義仁

日本配電制御システム工業会が設立30周年を迎えられ誠におめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。 貴工業会様は、配電盤、分電盤、制御盤、その他の電気関連盤及びこれに関連するシステムの調査研究、規格の制定・普及等を行うことにより、配電制御システムの製造及びその関連事業の総合的な進歩・発展を図り、もってわが国産業の振興と国民生活の向上及び安全の確保に貢献することに努めてこられました。 私どもの工業会にとって、配電盤を始め、貴工業会会員様が製造されている配電制御システムには、操作用スイッチ・リレー・タイマーを始め、多くの会員企業から多種にわたる制御機器を供給させていただいており、太いパイプで…


「システムコントロールフェア2011」日本電機工業会・日本電気制御機器工業会FA関連機器最大の展示会11月16~18日に東京ビッグサイトで開催「環境・安全・安心を創造」テーマに 出展123社579小間の規模で

Fa関連機器最大の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2011」(主催=日本電機工業会、日本電気制御機器工業会)が、11月16日から18日までの3日間、東京ビッグサイト(西1、2ホール)で開催されるが、このほど出展者がほぼ固まった。 2年に1回開催されている同展は、88年に第1回を開催して、今年で16回目。「環境・安全・安心を創造」をテーマに、日本のものづくりを支える制御システム、コンポーネント、ソフトウェアが一堂に集まる。8月5日現在123社579小間(前回136社473小間)となっており、約100小間前回より増えている。このうち約2割が海外からの出展で、前回までに比べ多くなっている…


新年賀詞交歓会 日本電気制御機器工業会

日本電気制御機器工業会(NECA)は新年賀詞交歓会を、東京・浜松町東京會舘で20日開催した。 あいさつに立った舩木俊之会長は「当工業会の2010年度上期の出荷額は、08年度上期以来四半期ぶりに3000億円を超え、リーマンショック前の水準に対して95%まで回復してきており、最悪期は脱したと言える。10年度出荷見通しは当初より500億円増加の6200億円と、前年度比135%を予測している。これは3年ぶりの6000億円超えで、特に輸出は07年度を上回り、過去最高の見通しとなるなど、持ち直しが鮮明となっている。 NECAでは、製造業を取り巻く環境の変化に対して、今後のNECAはどうあるべきかを具体的に…


主催=日本電機工業会日本電気制御機器工業会 「システムコントロールフェア2011」 11年11月16~18日東京ビッグサイト日本最大のFA機器展示会

隔年で開催されている「システムコントロールフェア(SCF)2011」(主催=日本電機工業会、日本電気制御機器工業会)の出展者の募集が開始された。同展は、生産システムの要ともいえるFA制御機器や制御技術・ソフトウェアを中心した日本最大のFA電機機器の展示会として好評。会期は11年11月16日(水)から18日(金)までの3日間で、会場は東京ビッグサイト(西1、2ホール)。 SCFは、88年に第1回を開催してから、今回で16回目となる。 今回は、わが国のものづくりと企業の成長を支えるべく「環境・安全・安心の創造」をテーマに、「環境」「安全」「安心」「ものづくり」をキーワードにしている。 世界規模での…


NECA(日本電気制御機器工業会)委員会活動紹介 プログラマブル表示器技術専門委員会 セキュリティ意識向上へ活動強化安全・安心な表示器の環境を提供

プログラマブル表示器技術専門委員会(主査=富士電機システムズ伊藤広治氏)は、NECAが社団法人としてスタートした1993年に設置された。「プログラマブル表示器にかかわる技術的事項の調査・審議、規格の制定及び、ユーザーまたは会員への各種啓蒙用の技術資料の作成」を活動目的にしている。 委員会には現在7社が参加しており、基本的に毎月1回委員会を開催しており、これまで117回を数える。 プログラマブル表示器を安心して使ってもらえるように標準化ガイドラインとして6件の技術資料「NECA TR(テクニカルレポート)」をまとめている。カタログ記載事項や取り扱いガイド、設計ガイドライン、アプリケーションプログ…


ZECA(日本電気制御機器工業会)委員会活動紹介 品質研究会 ものづくりの品質課題を共有化 グローバル化の中で存在意識を発揮

品質研究会(主査=オムロン副田耕司氏)は、電気制御機器の安全、品質維持・向上など品質システムにかかわる事項の調査・研究・情報収集と啓発を主な目的に活動をしている。 現在9社が参加し隔月で委員会を開催しており、累計開催回数は89回になる。 品質研究会は、品質マネジメントの国際規格ISO9001/9002の構築が日本企業にも求められるようになっていた1995年頃に、NECA会員企業も情報を共有しながら品質の向上を図ろうと、技術委員会から分かれてスタートした。 ものづくり企業が集まっている工業会だけに品質に関する課題を各社が抱えており、こうした課題の中から共有化できるテーマを取り上げて活動を行ってい…


日本電気制御機器工業会ニュース

◆賛助会員入会◆ ▽クーパー・インダストリーズ・ジャパン=東京都港区芝大門2―7―5、〓03―6430―3128、田中健一社長。防爆機器等製造販売。 ▽ネミコン=東京都港区新橋5―8―11、〓03―5776―1711、三島通文社長。ロータリエンコーダ等製造販売。


NECA(日本電気制御機器工業会)委員会活動紹介 リレー技術専門員会 IECとの整合化活動に力点日本がリードするリレー規格へ積極提言

リレー技術専門委員会(主査=IDEC辻村茂氏)は、委員会開催回数が183回とNECAの中でも最も歴史のある委員会のひとつである。現在、5社が参加し年4回委員会を開催している。 リレー技術の向上と標準化、共有化などを図り、IEC規格原案に対する提言、及びJIS規格原案やNECA規格/TRの作成などを活動の大きな目的にしている。 リレーは市場への影響力、技術力などを中心に、日本が世界をリードしている部分が多い。IEC規格へ迅速に反映させることは、NECA活動の中でも大きな意義を持つ。 2009年度は、IEC61810―1Ed・4(エレクトロメカニカルリレー)のJIC C 4540―1(電磁式エレメ…


NECA(日本電気制御機器工業会)委員会活動紹介 商社業務専門委員会 メーカーとユーザーのパイプ役で大きな役割在庫循環図とCS調査で高い成果

商社業務専門委員会(主査=サンセイテクノス新田徳次氏)は、制御機器などを扱う流通商社が集まった委員会で、1998年6月にスタートした商社委員会のもとで活動を行っている。現在14社が参加し、毎月委員会を開催しており、今年3月で100回目を数えた。 NECAは制御機器などのメーカーが集まった工業会であるが、その中に流通商社などが賛助会員として入会し活動している団体は珍しいといわれている。 「商社は、メーカーとユーザーのパイプ役として、販売活動とユーザーニーズをきっちりと汲み取ってメーカーにフィードバックするという2つの役割に存在価値がある」(新田主査)。 こうした考えのもと、活動目的も制御機器現場…