NECA、制御機器の基礎知識シリーズ「プログラマブル表示器(PD)編」を発行 誰でも無料でダウンロード可能

日本電気制御機器工業会(NECA)は、制御機器の原理や構造、正しい選び方や上手な使い方を掲載している「制御機器の基礎知識」シリーズの第5弾として、「制御機器の基礎知識 【プログラマブル表示器(PD)編】」を発行した。

プログラマブル表示器は、1985年頃に操作スイッチと表示等を組み合わせた操作盤や監視盤を、表示デバイスとタッチパネルでプログラマブル化したものとして生まれ、機械操作に特化したHMI機能を持ち、コンピュータの知識がなくても容易に使え、製造現場での使用に耐える適応性が受け入れられ、いまでは生産設備の操作・制御に欠かせない製品となっている。さらにデジタル化・IoTの普及により、近年は現場での機会・設備の見える化や、データを収集して上位システムに送るIoTゲートウェイ機能なども担うようになり、その利用範囲は拡大している。

同書はそんなプログラマブル表示器の基礎から、設置・据付、保守・保管方法といった具体的な取り扱い方法、今後の将来像などを詳しく解説している。会員・非会員問わず、誰でもNECA公式サイトの下記ページからダウンロードできる。

https://www.neca.or.jp/publication/11519/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG