産業標準化事業表彰、IDEC藤田氏に内閣総理大臣賞

経済産業省による、産業標準化推進活動に優れた功績を有する人を表彰する「産業標準化事業表彰」について、内閣総理大臣賞にIDECの藤田俊弘 技術経営担当 常務執行役員が選ばれた。
藤田氏は、ロボットの安全操作用装置の3ポジションイネーブル装置について、IECの規格制定を主導して2006年に発行。2020年には工作機械や建機にも広げた改正を主導。
また、人と機械と環境とがICTを活用して情報を共有して安全性と生産性の両立を目指す「協調安全」(Safety2.0)を提唱し、IEC ACOS(安全諮問委員会)での提案を主導した。
機械を安全に設計・運用する要員の育成と認証を目的として、日本電気制御機器工業会(NECA)における工業会規格の制定にも携わり、安全要員資格認証制度(セーフティアセッサ(SA)制度)の構築を主導。日本発グローバル認証機関を目指す日本認証株式会社を創業し、SA制度運用の基礎を整えた。
さらには、日本発のファインバブル技術に関する国際標準化を ISOに提案し、専門委員会のISO/ TC281(ファインバブル技術)の設立を実現し、日本の主導的立場を牽引。国内の認証制度も構築し、2021 年度末で31 件の実績し、ファインバブル関連市場の拡大に寄与した。
このほか、経済産業大臣表彰に20人・4組織、産業技術環境局長表彰に31人、2組織が選ばれた。

https://www.meti.go.jp/press/2022/10/20221021001/20221021001.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG