国際食品工業展 の検索結果

「FOOMA JAPAN 2018」6月12日から4日間開催

「FOOMA JAPAN 2018(国際食品工業展)」(主催=日本食品機械工業会)が、6月12日から4日間、東京ビッグサイトで開催されるが、このほど開催概要が固まった。 今年で41回目を迎えるアジア最大級の「食の技術」の総合トレードショーには、過去最多の791社(前年比2社増)が出展し、東京ビッグサイト東展示棟全ホール(1~8)を使用して開かれる。 今回の展示テーマは「食の技術は無限大」で、食品機械の最先端テクノリロジーや製品・サービスなどを披露し、「食の技術が拓く、豊かな未来」を提案する。 展示は、食品製造、加工機械を中心に、原料処理から包装・物流まで、食品製造プロセスの自動化や効率化、省力…


FOOMA JAPAN 2018 出展申し込み受付開始

日本食品機械工業会は、2018年6月12日〜15日の4日間、東京ビッグサイトにおいて「食の技術は無限大。」をテーマに、「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」を開催する。 同展は、食品機械の最先端テクノロジーや製品、サービスなどを通して「食の技術が拓く、豊かな未来」を提案するアジア最大級の「食の技術」の総合トレードショーで、例年、会場内では出展社と来場者のみならず、出展社同士の商談も活発に行われている。 前回は過去最多の789社が出展し、国内外から10万を超える人々が来場。アンケートでは、出展社の9割以上が来場者と商談、また、約8割が出展社間の商談があったと回答しており、出展効果が…


食品業界で関心高まる産業用ロボット 人不足、生産性向上の切り札 衛生面や生鮮品扱いに課題

これまでロボットの導入は自動車産業や電子機器産業が大半を占めてきたが、この数年の技術革新や関心の高まりによって、その他の産業でも採用が広がっている。とくに人手に頼ることが多く、人不足の影響をもろに受ける食品産業では、自動化に対する関心が高まっている。 先日、盛況のうち閉幕したFOOMA JAPAN2017(国際食品工業展)では、専用の食品機械のほか、ロボットメーカーを中心に汎用ロボットを活用したさまざまなアプリケーションのデモが行われ、多くの注目を集めた。 安川電機は、番重詰めに対応したロボットシステムと、ゴロゴロと移動して生産ラインに合わせて組み替えられるトッピングロボットシステムを出展。超…


FOOMA JAPAN 2017 開催にあたって

◇一般社団法人 日本食品機械工業会会長 林 孝司 「食品」の発展目指す 一般社団法人 日本食品機械工業会は、食品機械工業の発展と国民生活の向上に貢献することを目標に、さまざまな活動を行っております。その中で最も大きな事業がFOOMA JAPAN(国際食品工業展)です。昭和53年以来、実に40回目となるFOOMA JAPAN 2017は、6月13日(火)~16日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて開催いたします。 FOOMA JAPAN 2017では前回よりも会場面積を拡大し「食の未来への羅針盤。」をテーマに、「食」の安全安心を固守しつつ、最新の製品・技術・サービスを披露することで、食品に関連す…


FOOMA JAPAN 2017 出展申し込み受付開始

  日本食品機械工業会は、2017年6月13日〜16日の4日間、東京ビッグサイトにおいて「食の未来への羅針盤。」をテーマに、「FOOMA JAPAN2017国際食品工業展」を開催する。 この工業展は、食品製造プロセスの上流から下流まであらゆる分野の製品や技術およびサービスなどが一堂に集結する「食の技術」の総合トレードショーで、会場内では出展社と来場者のみならず、出展社同士の商談も活発に行われている。例年、国内外から約10万人が来場しているが、16年は海外からの来場者数が前年の1.5倍に増加するなど、新たな食のビジネスを切り拓く場として、海外からの注目度も年々高まっている。78年の初開…


理化工業 デジタル指示調節計2シリーズ発売 前面通信ポートなど装備

理化工業理化工業(東京都大田区、保知輝英社長)は、デジタル指示調節計の新製品として、「FZシリーズ」(標準価格2万円~3万3000円)と「RZシリーズ」(同1万5000円と2万円)を発売する。 FZシリーズは、FZ110(48ミリ角)、FZ400(48×96ミリ角)、FZ900(96ミリ角)の三つの形状があり、用途によって使い分けができる。 全機種に前面ローダ通信ポートを装備しており、盤面に取り付けた状態でパソコンやUSBと接続してデータの管理が行える。また、数字の表示素子に一層鮮明で見やすい液晶(LCD)を採用し5桁の幅広いレンジ表示となっている。 FZ400と900は、3段表示を実現してお…


FOOMA JAPAN2015 アジア最大級「食の技術」総合トレードショー

アジア最大級の「食の技術」の総合トレードショー「FOOMA JAPAN2015 国際食品工業展」(主催=日本食品機械工業会)が、6月9日(火)から12日(金)までの4日間、東京ビッグサイト(東1~6ホール)で開催された。展示面積2万8102平方メートルに、681社が出展。国内外から9万人以上の来場があった。 同展示会は、食品機械をはじめ、原料処理から製造、物流にいたるまで食品製造のプロセスに関わる企業が一堂に集まる食品技術の総合トレードショー。38回目を迎える今回は、「発見!『食』はいつも進化系。」をテーマに、昨年を12社上回る681社が出展した。 ■国際化がキーワード 東京オリンピック、和食…


「海外からの来場も増加、新製品・技術を訴求」 FOOMA JAPAN2015展示会実行委員会 櫻澤誠

日本食品機械工業会は、2015(平成27)年6月9日(火)から12日(金)の4日間、東京ビッグサイトにおいて「FOOMA JAPAN2015 国際食品工業展」を開催いたします。 FOOMA JAPANは、食品製造プロセスのあらゆる分野を網羅したアジア最大級を誇る「食の技術」の総合トレードショーとして着実に成長発展してまいりました。例年10万人規模の安定した集客を誇り、また、ここ近年海外からの来場者も増加傾向にあるなど、出展社からも出展効果において高い評価をいただいております。 38回目となる今回は、出展社数が681社となりました。FOOMA JAPANは、特定の分野に集中することなく、「食」に…


アズビル “食品工場まるごとカイゼンお手伝いいたします”テーマに 各ソリューションを紹介

アズビルは、グループ理念である「人を中心としたオートメーション」の下、現場の課題解決と価値向上に取り組むユーザーを支援している。 「FOOMA JAPAN2015 国際食品工業展」では”食品工場まるごとカイゼンお手伝いいたします!”をテーマに、工場や製造エリアのフードディフェンスをはじめとする安全・安心ソリューションや、各製造工程における生産性向上などの課題を改善するソリューションを提案した。 受入から投入工程向けには、同社の従来の食品工場向け製造実行システムに新たに追加した計量管理パッケージにより、段階的に導入が可能な作業品質改善ソリューションを紹介した。 主な出展内…


6月の催し

◇JPCA Show2015 第45回国際電子回路産業展/2015プリント配線板技術展/2015半導体パッケージング・部品内蔵技術展/2015機器・半導体受託生産システム展(3―5日)=東京ビッグサイト。連絡先:日本電子回路工業会TEL03―5310―2020。有料 ◇ラージエレクトロニクスショー2015 プリンテッドエレクトロニクス最適生産システム展/2015部品・MEMS・デバイス産業総合資機材展/2015LED・OLED応用技術展(3―5日)=東京ビッグサイト。連絡先:日本電子回路工業会、半導体産業新聞TEL03―5310―2020。有料 ◇WIRE JAPAN SHOW2015(電線・…