br の検索結果

IoTデバイス開発のBraveridge、ネット環境不要で広域通信可能な「BLEルーター」発表

Braveridge(ブレイブリッジ、福岡市西区)は、安価なBLE端末をLPWAやLTEなどの広域通信網へ中継する「BLEルーター」シリーズを発表致します。これによりインターネット環境の無い場所でも、手軽に、かつ安価にIoTサービスをご利用頂けます。 また、ジャフコが運営するファンドを引受先とする総額5億円の第三者割当増資を実施したことも併せてお知らせ致します。Braveridgeはこの資金調達により、各種デバイス開発やサービス提供を加速し、PoC(実証実験)不要で「真のIoT」を容易に実現するシステムを提供して参ります。 「BLEルーター」の特徴 IoT普及の最大の障壁は、高額な機器とインタ…


日本モレックス「Brad製品」サイト開設

日本モレックス(神奈川県大和市)は、FAネットワーク構築に向けたコードセット、IOモジュールやネットワークカードなどを幅広くラインアップする同社「Brad(ブラッド)」製品シリーズに関して、ミスミと共同でより選びやすく、購入しやすいサービスを展開する。 ミスミは、同シリーズ約200アイテムを新たにストックし、1個から送料無料で当日出荷する。 また、取り扱い製品の拡充に加え、製品に関する特設サイトを12月4日から公開。併せて同社通販サイトの登録会員へのメルマガ配信によって、取り扱い製品の特長や在庫について案内する。 同シリーズは、産業用途における数多くの相互接続および工業用通信のインストールやメ…


新愛知電機製作所 両電源バイパスSW付き引出HYBRID装置 「B-HYBRID」

新愛知電機製作所が発売中の両電源バイパスSW付き引出HYBRID装置「B-HYBRID」が、データセンタなどで使用されて好評を博している。 データセンタなどでは、負荷機器を停電させないため、2回線の電源を瞬断時間5ミリ秒以下で切り替えるハイブリッド形電源切替装置が使用されている。 同装置の確実な動作を保証するためには、定期的な保守点検が必要となるが、負荷機器を停電させずに行うにはバイパス回路を内蔵したブレーカ盤が別途必要となる。 今回の装置は両電源にバイパススイッチを組み込んだため、保守点検用のブレーカ盤が不要となり、設置スペースを大幅に削減することが可能となった。また、引き出し構造とすること…


KUKAの次世代協調型「LBR iiwa」~産業用ロボット市場の最新事情(上)

安全性が非常に高く、人と一緒に作業できる協調(協働)ロボットが各社から登場するなど、ここにきて産業用ロボットは急速な進化を遂げている。そこで2回にわたって、産業用ロボットの世界的トップメーカーであるKUKAロボティクスの次世代協調型ロボット「LBR iiwa」を取り上げ、ロボット技術の最新動向を探る。 ■はじめに KUKAロボットグループは、1898年にドイツのアウグスブルクで創業された産業用ロボットメーカーである。1973年に電動式モータで駆動する産業用ロボットを開発して以来、可搬重量5キロから1300キロまで幅広い用途の産業用ロボットを市場に提供している。 近年産業用ロボットの利用は増加傾…


KUKAロボティクスジャパン LBR iiwa 自律移動型アシスタント日本初公開

KUKA「LBR iiwa」は、7軸全てにトルクセンサーを搭載し、繊細さと柔軟さを兼ね備えた次世代協調型ロボット。最大可搬量は7キロと14キロの2種類をラインアップ。人とロボットが寄り添い、共に難しい作業をすることを可能にする。 国際ロボット展(東3ホール IR3-42)では、ブーステーマとして「人とロボットの協調」を掲げ、LBR iiwaのほか、自律移動型インテリジェントアシスタントロボット「KMR iiwa」、完全防水鋳鍛造向けロボット「KR Quantec nano F exclusive」、Edutainmentロボット「youBot」などを出品。 LBR iiwaと全方向移動車両を組…


日本モレックス M12F型コネクター「Brad M12電源用F型コネクター」投入 二つのDC電源に対応

日本モレックス(神奈川県大和市深見東1-5-4、TEL046-261-4500、梶純一社長)は、FA用途向けに標準のM12コネクターに比べ4倍の電源能力を備えた「Brad M12電源用F型コネクター」を発売した。 新製品は、FAや産業用途向けに定格電圧が300V AC/DCで、最大二つのDC電源回路(2xVマイナス/2xVプラス)に対応。1ピンあたり最大電流16.0Aと、M12型コネクターとしては業界トップクラスの電流性能を有すると共に、IP67防水・防塵規格に準拠している。 また、暗やみや障害物などで嵌合(かんごう)相手のコネクターが見えなかったり、嵌合位置の確認ができない場合でも、正しく嵌…


日本モレックス 超小型基板対基板用コネクター「SlimStack HybridPower」を発表 最大6Aの電源供給用

日本モレックス(神奈川県大和市深見東1-5-4、TEL046-265-2323、梶純一社長)は、最大6Aの電源供給用途に向けた超小型の基板対基板用コネクター「SlimStack HybridPower 基板対基板用コネクター」を発表した。 同製品は、最大6Aの電源供給能力を備え、0.4ミリの狭ピッチで0.75ミリの低背の超小型設計。モバイル機器に求められる高い電源性能と省スペース化を実現している。 携帯電話やタブレット、PC、ウェアラブル機器や携帯式の医療機器など基板上の実装スペースに制約があるモバイル機器に最適。 モバイル機器は落下や振動リスクがあるが、同製品はターミナルにデュアルコンタクト…


日本モレックス 最高125℃の温度環境で使える電源用コネクターシステム「Super Sabre」発売

日本モレックス(神奈川県大和市深見東1-5-4、TEL046-261-4500、梶純一社長)は、7.5ミリピッチの電線対電線用、および電線対基板用の電源用コネクターシステム「Super Sabre」を発売した。 新製品は、直交型PCBヘッダー、ライトアングルPCBヘッダー、メス圧着ターミナル、オス圧着ターミナル、リセプタクルハウジング、プラグハウジングから構成される電源用コネクターシステムで、最高プラス125℃(USCAR-2、level3相当)の温度環境で使え、1ブレードあたり34.0Aの電源供給が可能。 また、ワイヤサイズ10~12AWGに適合し、無鉛ウェーブハンダ、およびリフローハンダ工…


ベルチャイルド クラウド遠隔地監視システム「iBRESS」説明会を大阪で開催

ベルチャイルド(大阪市北区松ケ枝町1-3、TEL06-6356-5700、藤田好邦社長)は6月12日、クラウド遠隔地監視システム「iBRESS」の説明会を大阪の東亜無線電機本社で開催、多くの聴講者が集まった。同製品は「関西積乱雲プロジェクト」の実証実験をベースに開発されたクラウドサービス。遠隔地からさまざまな情報を収集し、リアルタイムに監視・制御が可能。Webブラウザでリアルタイムデータの見える化が実現できる。 安全性と柔軟性、経済性が特徴で、スモールスタートで導入可能。太陽光、風力などの発電施設、遠隔地の工場の監視用途を想定している。 WiFiやZigBee、Wi-SUNほか、多くの無線規格…


日本モレックス 高防水・防塵性のコードセット「Brad MX-PTL M12」を発表 IP65/67規格に適合

日本モレックス(神奈川県大和市深見東1―5―4、TEL046―265―2323、梶純一社長)は、M12レセプタクルに対して押し込んで嵌合し、IP65/IP67規格に適合する高防水・防塵性のコードセット「Brad MX―PTL M12」を発表した。従来型のM12ねじ込み式コネクターの代替を見込んでいる。 同製品は、プッシュトゥロック方式を採用し、ねじ込み式に比べて作業の手間を大幅に削減。IP65規格に準拠した防水・防塵接続ができ、カップリングナットを1~2回転させることでIP67規格にも適合できる。 また、標準M12ねじ込み式レセプタクルに対応し、嵌合強度が高く、高振動環境でのコネクター外れのリ…