新愛知電機製作所 両電源バイパスSW付引出HYBRID装置B-HYBRID ランニングコストを大幅削減

新愛知電機製作所の両電源バイパスSW付引出HYBRID装置B―HYBRIDは、データセンタなどで負荷機器を停電させないように、2回線の電源を瞬断時間5ms以下で切り替えるハイブリッド形電源切替装置として使用されている。

今回の製品は、こうしたハイブリッド形電源切替装置としては業界で初めて両電源バイパススイッチを内蔵、従来設置していたブレーカ盤が不要となり、設置スペース、設備費用を大幅に削減することが可能となった。

制御部、半導体スイッチ部、バイパススイッチ付き開閉器部の3ユニットで構成されており、独立・引き出し構造とすることで、各ユニットの保守点検が無停電で安全かつ容易に実施でき、短時間、低コストで装置の確実な動作保証が行える。

これにより従来、無停電での保守点検には費用と時間がかかり大きな負担となっていたが、保守点検が簡素化され、設置スペースも含めてランニングコストが大幅に削減できる。また、バイパススイッチを両電源に設けることにより、どちらの電源状態でもバイパス回路を形成することができ、バイパススイッチ付き開閉器部の電源切替開閉器の状態と連動して機械的にインターロックを取ることで、誤操作による事故を防ぎ、安全性も向上。さらに、ユニットは独立して配置することができ、設計の自由度が向上している。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る