新愛知電機製作所 両電源バイパスSW付き引き出しHYBRID装置 設置スペースを大幅削減

新愛知電機製作所は、JECA FAIRに両電源バイパスSW付き引き出しHYBRID装置、リレー搭載形電源切替開閉器(VC形)、バイパスプラグイン式電源切替開閉器、ATS盤などを出展、「無停電に貢献する技術のAICHI」をPRする。

データセンターなどでは負荷機器を停電させないため、2回線の電源を瞬断、5ms以下で切り替えるハイブリッド形電源切替装置が使用されている。確実な動作を保証するため、定期的な保守点検が必要となるが、負荷機器を停電させずに行うにはバイパス回路を内蔵したブレーカ盤が別途必要となる。

そこで、両電源バイパスSW付き引き出しHYBRID装置では、両電源にバイパススイッチを組み込むことで、保守点検用のブレーカ盤が不要となり、設置スペースを大幅に削減可能。

また、引き出し構造とすることで点検時の作業効率も向上。制御部、半導体スイッチ部、バイパススイッチ付き開閉器部の3ユニットで構成しているため、各ユニットを自由に配置できる。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る