鉄道技術展 の検索結果

第5回鉄道技術展 2017/第2回橋梁・トンネル技術展 11月29日~12月1日 幕張メッセ

鉄道インフラの最新技術が集結 2展同時開催 安全・安心・快適・環境・省エネを追求した国内唯一の鉄道技術の専門展「第5回鉄道技術展 2017」および、社会インフラ構造物の長寿命化を支える保全技術展「第2回橋梁・トンネル技術展」(主催=いずれも日本工業新聞社)が、11月29日から12月1日の3日間、幕張メッセ(5~8ホール)で開催される。開場時間は午前10時~午後5時、入場料2000円(招待券持参者、Webによる事前登録者は無料)。両展示会とも15年に開催された前回出展社数を上回っており、今回も大盛況が期待される。   安全・安心・快適・環境・省エネ 国内外のサービス公開 525社・団体…


篠原電機 ホース取り外し失念防止装置 鉄道技術展で注目

篠原電機(大阪市北区松ヶ枝町6-3、TEL06-6358-2655、篠原基一郎社長)は11月に開催された第4回鉄道技術展に出展、鉄道用の給油・汚物用抜き取りホース取り外し失念防止装置や、地震警報システム、不燃タイプのケーブル保護シート、トンネル用LEDなどを紹介、多くの来場者の注目を集めた=写真。給油作業や汚物抜き取り作業時に、作業者がホースやノズルを車両から取り外すことを失念し、車両が発車すると設備の損壊・車両汚染につながり、多大な損害が発生する。同装置は、汚物抜き取り作業において車両接続中に抜き取りホースが洗浄台下から外れていることをつり下げ式のふたにある光電センサで検知、点灯型ライトで作…


第4回鉄道技術展、橋梁・トンネル技術展 世界が注目 鉄道インフラ一堂に

11月11日(水)から13日(金)の3日間、幕張メッセで「第4回鉄道技術展」と「橋梁・トンネル技術展」(主催=いずれもフジサンケイビジネスアイ)が開催される。前回2013年は328社・団体620小間で行われ、1万9221人が来場した。今回は、前回の出展社数を上回った鉄道技術展に加え、初開催の橋梁・トンネル技術展により、前回以上の盛り上がりを見せた。 「第4回鉄道技術展」は、世界が注目する鉄道インフラに関する専門展示会。日本が誇る鉄道技術を紹介し、またドイツのほか海外からも展示参加があり、国際色豊かな展示会となった。 出展は前回2013年を上回る450社・団体の918小間が出展した。「交通・鉄道…


安全・安心・快適・環境・省エネを追求 第3回鉄道技術展 Mass-Trans Innovation Japan 2013 11月6日から3日間 幕張メッセ 鉄道車両から運行システムまで 最新情報を一堂に 328社・団体が617小間に出展

鉄道車両から運行システムまで、鉄道に関する最新情報が一堂に集まる「第3回鉄道技術展」(主催=フジサンケイビジネスアイ)が11月6日から8日までの3日間、幕張メッセ(ホール7、8)で開催される。開場時間午前10時~午後5時。入場料は2000円(ただし、招待状持参者、事前登録者、学生は無料)。 今年で第3回となる同展は、乗客1人あたりのCO₂排出量が他の輸送手段に比べて格段に少ない鉄道に焦点を当てて、安全・安心・快適・環境・省エネの鉄道技術の普及・向上を目指すもの。 こうした時代背景もあり過去2回の開催では、出展者、来場者とも高い評価をしている。 3回目となる今年は、さらに出展が増え、出展者数は前…


鉄道技術展 ブース見どころ ◆全自動レール切断機 リモコンで無線操作も 宏業電気 ◆鉄道車両用内外装金具類 機能・デザイン性訴求 タキゲン製造 ◆操作用スイッチWB・WT・WRシリーズ 防水タイプで高信頼性 日本開閉器工業 ◆LED式表示灯シリーズ 不二電機工業 ◆マルチマスタモジュール「753-647」 接続部はコネクタ式 ワゴジャパン ◆CVS型電圧継電器 ノイズ対策に優れる WashiON共立継器

FA制御機器商社の宏業電気は、伊・チェンブレ社の鉄道保線工具、圧着端子、端子台、手動工具、油圧工具、ケーブルグランド、ケーブル支持具、マーキングシステムなどを販売している。 チ社は1969年創業の工具メーカーで、工場は本社のほか、英国にもある。チ社の圧着工具は使い勝手の良さに定評があり、欧米市場では高いブランド力を持つ。 日本市場から撤退していたが、根強い顧客ニーズに応え、11年から宏業電気が手動工具、圧着端子の取り扱いを開始しており、取り扱い品目を拡大しつつある。 鉄道技術展では、新製品として世界初の全自動でレールの切断ができる自動レール切断機が目玉。 無線式リモコンを使った遠隔操作も可能で…


「第3回鉄道技術展」11月6日から3日間幕張メッセ駆動・制御機器配電制御各社顧客開拓のチャンス

わが国唯一の鉄道産業総合見本市「第3回鉄道技術展」が今年11月6日から3日間、幕張メッセで開催される。FA市場が低迷する中で、高水準で推移する鉄道関連市場に対し駆動・制御機器や配電制御システム各社は開拓に乗り出しており、隔年開催の同展を顧客開拓の有力な手段として関心を寄せている。 (1面参照) 鉄道技術展(主催=フジサンケイビジネスアイ)は車両・構造、運行システム、インテリア・内装、乗客利用部、軌道、土木関連など鉄道産業を網羅した専門展示会。 2011年の前回は236社・団体が出展、JRや私鉄・地下鉄など鉄道会社、鉄道車両メーカー、エンジニアリング会社、建設会社、鉄道技術研究機関など国内外から…


鉄道技術展ブース見どころ 星和電機LEDデバイス製品「バリアフリーLED’S」色弱者が認識しやすい

星和電機は、人にやさしい社会づくりを目指すNPO法人「カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO=クドー)」から、認証取得されたLEDデバイス製品「バリアフリーLED〓S」、LED鉄道標識などを出展する。 現在、鉄道などの公共関連施設や機器、家電製品、OA機器、自動車などのパイロットランプ、インジケータランプなど、色で機能を表現することが多くなり、色はますます重要な情報伝達手段となっている。 同社の「バリアフリーLED〓S」は、カラーユニバーサルデザインに配慮し、このような重要な色情報を色弱者の人が認識しやすく、安全で快適な暮らしが送れるように、機器や製品に搭載されるLEDデバイスである。 青色…


鉄道技術展ブース見どころ 日本開閉器工業直流トグルスイッチ「s-821D/-822D」小型ながら400V10A対応

日本開閉器工業は、産業用を中心とした操作用スイッチの総合大手メーカーとして幅広い品ぞろえにより、国内外で高い実績を有する。鉄道関係にも取り組みを強めており、このほど鉄道車両などに最適な新製品のDC400V対応の直流専用トグルスイッチ「S―821D/S―822D」を新発売した。 新製品は、スイッチ操作部分を除いて42(横)×24(縦)×34(奥行き)ミリの小型形状ながら400V10Aの直流抵抗負荷に対応、10~30Aの大電流切り替えで使用できる。 直流の大きな負荷開閉は遮断時にアークを発生することから、同社では「磁気吹き消し方式」でアークの消去を行っている。この方法は、内部に永久磁石を内蔵して、…


鉄道技術展ブース見どころ 日東工業オートリセットブレーカ「判別式ATバック」無人基地の雷対策に最適

日東工業は、今回の「鉄道技術展」で、ブレーカの自動投入が可能で、無人基地などの各種電源回路に適した雷対策用のオートリセットブレーカ「判別式ATパック」などを出展する。 過電流や漏電電流を常時監視してブレーカ遮断の原因を判断、雷サージなどにより漏電ブレーカが不要動作した場合のみ、電源を自動復旧する安全設計。 負荷に異常がある場合は、自動投入を禁止し、警報を出力して異常を知らせる。パソコンなどI/O付き通信機器と組み合わせることで、遠隔地から設備電源の状態を容易に監視でき、ブレーカのオンオフ操作も可能となる。 また、動作状況や自動投入回数を記憶、表示するトリップカウンター付きで、点検時に動作回数チ…


鉄道技術展ブース見どころ 不二電機工業LED式表示灯シリーズ車両向けに豊富な表示灯

不二電機工業は、各種の表示灯・表示器をラインアップしているが、近年は鉄道車両向けに各種の表示灯・表示器を納入しており、高い実績と評価を得ている。 鉄道車両向け表示灯・表示器では、LED式表示灯シリーズとして、角形・丸形、角形集合表示灯など豊富な種類を取り揃えている。小型の本体に直接DC100Vが印加でき、省スペースと、配線工数低減に貢献する。また、丸形シリーズは防水仕様も揃えている。 白熱球仕様のソケットにも改造なしで装着可能なLED球もある。口金はE12及びスワン式を取り揃え、電圧、表示色とも選べる。 各種機器の動作状態を確認するために車両の側面に表示させる車両用側灯では、ドアが完全に閉まり…