第2回鉄道技術展 安全・安心・快適・環境・省エネを追求 11月9日から3日間幕張メッセで開催 225社・団体が430小間に出展講演会・製品技術説明会も併催

今年が2回目となる同展は、乗客1人あたりのCO〓排出量が他の輸送手段に比べて格段に少ない鉄道に焦点を当てて、安全・安心・快適・環境・省エネの鉄道技術の普及・向上を目指すもの。
社数・小間数
とも大幅増

こうした時代背景もあり昨年は初めての開催であったが、予想を上回る出展となり、約1万4500人の来場があった。今年は前回の展示内容と評価からさらに出展が増え、225社・団体、430小間の規模となり、社数で13社、小間数で115小間と大幅に増加した。出展内容は、車両関係で車両技術(構造、材料、管理、力学、検査、保守)、旅客部構造(構造、材料、管理、力学、試験・検査・保守)、快適性・安全性の追求、ユニバーサルデザイン、バリアフリーなどが、また非車両関係では、駆動構造で軌道技術(構造、材料、管理、力学、検査・保守)、架線、トンネル、橋梁、高架橋、信号保全設備、電力供給技術、車両基地、車両工場、防災技術(地震、降雨、降雪、強風、斜面の危険、河川の氾濫など)、運行システムでは、車両制御技術、気象情報、輸送計画、安全と運転事故防止対策、電力供給計画(省エネルギー対策)、鉄道通信・無線、路線計画、騒音・振動対策が、さらに乗客利用部では構造物技術、駅の快適性(安全、ユニバーサルデザイン、バリアフリー、照明・LED)、防災対策、線路上空利用、旅客営業のための設備、駅中ビジネス、駅周辺開発計画、予約システムなどが展示される。

交通システムでは、超高速鉄道、都市高速鉄道、路面電車、モノレール、新交通システム、都市交通・急こう配鉄道、地下鉄、貨物などが披露される。
制御機器関連
の出展多い

鉄道車両関連の需要裾野は広く大きいことから、スイッチやコネクタ・端子台、開閉機器・装置、表示機器など制御機器関連の出展も多い。鉄道運行システムのネットワーク化に対応した、通信用コントローラや避雷対策機器なども展示される。

一方、併催事業として講演会や製品技術説明会も企画されている。

国際会議場での講演会では、9日に「インドの今後の鉄道計画について」が行われるのをはじめ、10日に「鉄道技術における標準化」、「鉄道総研の研究開発による実用化技術」、「技術発展と飛躍のための鉄道技術者結集」、11日に「目を覚ませ日本の鉄道」、「震災以降の鉄道の展望」、「路面軌道事業者の新技術への取り組み」などのテーマで、連日25の講演が予定されている。参加料は無料だが、いずれも参加希望者は事前登録が必要で、内容によってはすでに満員となっているものもある。

さらに、製品技術説明会も展示会場(7ホール)内の会議室で13社により行われる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG