第2回鉄道技術展 安全・安心・快適・環境・省エネを追求 11月9日から3日間幕張メッセで開催 225社・団体が430小間に出展講演会・製品技術説明会も併催

2011年11月2日

今年が2回目となる同展は、乗客1人あたりのCO〓排出量が他の輸送手段に比べて格段に少ない鉄道に焦点を当てて、安全・安心・快適・環境・省エネの鉄道技術の普及・向上を目指すもの。 社数・小間数 とも大幅増 こうした時代背景もあり昨年は初めての開催であったが、予想を上回る出展となり、約1万4500人の来場があった。今年は前回の展示内容と評価からさらに出展が増え、225社・団体、430小間の規模となり、社数で13社、小間数で115小間と大幅に増加した。出展内容は、車両関係で車両技術(構造、材料、管理、力学、検査、保守)、旅客部構造(構造、材料、管理、力学、試験・検査・保守)、快適性・安全性の追求、ユニ…