輸入 の検索結果

仏DJB社の加速度センサー バシフィックテクノロジー輸入販売開始

パシフィックテクノロジー(千葉県船橋市本町6―18―5、TEL047―426―1650、島吉弘社長)このほど、仏DJBインスツルメンツ社の小型圧電型加速度センサーの輸入販売を開始した。電荷出力タイプの加速度センサーA/24/E、A/24/TE、A/24/TSは、約2グラムで3つの異なったタイプの加速度計。KONIC検出素子を搭載し、溶接構造でミニチュア(3・5ミリネジ)サイドあるいはトップ入力同軸コネクタである。 2つの溶着バージョンA/24/E、A/24/TEはグラウンド・ループ干渉を最小にするため接着の絶縁ディスクを備えている。トップ入力コネクタバージョンのA/24/TSは絶縁なしで、一体…


計測制御機器輸入販売 ケーテックスが営業を開始

計測制御機器の輸入販売や防爆技術コンサルタントなどを目的にした新会社、ケーテックス・インスツルメンツ(田中健一社長)が営業を開始した。 田中氏は欧州を中心に優れた防爆機器、計測機器などの輸入販売業務に長年携わってきた。 住所、電話は次の通り。 ▽東京都品川区東五反田4―7―25、TYビル1階(〒141―0022) ▽TEL03―5422―6683、FAX03―5422―6684


高山成雄氏(伯東創業者)逝去 JEP-A初代会長として輸入促進に貢献

〓山成雄氏(たかやま・しげお=伯東創業者、取締役名誉会長、日本電子機器輸入協会(JEPIA)初代会長、名誉会長)7月25日、老衰で東京都内の自宅で逝去。94歳。 告別式は近親者で済ませた。同社主催のお別れの会は9月10日正午、東京都千代田区紀尾井町4―1ホテルニューオータニザ・メイン「鶴の間」。喪主は長男、一郎(いちろう)氏。 高山氏は、1916年米国に生まれ、19年に帰国。大学卒業後、伊藤忠商事に入社、42年応召、終戦で除隊。その後、米軍福井軍政部、ニューヨーク日本国総領事館勤務。53年、伯東を設立、00年3月、東証1部に上場。 日本電子機器輸入協会は、貿易を通して国際社会に貢献し、電子産業…


速報取材レポート公開!「光とレーザーの科学技術フェア2018」見どころをいち早くお届け

2018年11月13日(火)~15日(木)の4日間、科学技術館で開催中の「光とレーザーの科学技術フェア2018」。 「第3回オプティクスフェア」「第8回赤外線フェア」「第3回レーザー科学技術フェア」「第5回分光フェア」「第5回光学薄膜フェア」「第5回紫外線フェア」、そして新設の「第1回光・レーザー応用センサフェア」と「可視光・次世代レーザー応用ゾーン」の8つフェアで構成される光とレーザーの展示会です。 今回は国内外約140社近くが出展、4,500人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは「第3回オプティクスフェア」「第8回赤外線フェア」「第3回レーザー科学技術フェア」を中…


来年3月日本EU間EPA発効 関税撤廃へ、工業製品輸出の追い風に

GDP 5兆円押し上げ 日本とEUの間でEPA(日EU経済連携協定)とSPA(戦略的パートナーシップ協定)が7月17日署名され、19年3月下旬の発効が予定されている。これにより日本とEUの間で輸出入される製品の多くで関税が撤廃されることになり、その効果は実質GDPを5兆円押し上げると言われている。 チーズやワインなどが安く手に入るようになると話題になっているが、自動車や電気製品、一般機械、化学工業品など工業製品の100%で関税撤廃となり、日本の製造業へ好影響を及ぼすと期待されている。   ■EPA(経済連携協定)とは? EPAとは経済連携協定(Economic Partnership…


キャプテンインダストリーズ、ロボット用7軸アクチュエーター発売 導入済みロボットシステムに7軸目を追加可能

世界各地からハイエンドな工業・産業用周辺機器や各種ツール・ソフトウェアを輸入販売している技術商社のキャプテンインダストリーズ(東京都江⼾川区)は、ワーク搬送、ピック&プレース(※1)として使用されている6軸ロボットの可動範囲を広げるためのロボット用走行軸として、イタリア・ローロン(ROLLON)社の「ロボット用7軸アクチュエーター」を2018年9月下旬から日本国内での本格販売を開始いたします。 ▲ロボット用7軸アクチュエーター (※1)ピック&プレースシステム:特定の位置にある部品などをつまみ上げ、指定位置まで移送し、そこに対象物を下ろすという一連の作業を行う装置およびその…


キャプテンインダストリーズ、各種工作機械など専用のカートリッジ式ミストコレクター「ARGOS(アルゴス)」シリーズを8月から販売開始

世界各地からハイエンドな工業・産業用周辺機器や各種ツール・ソフトウェアを輸入販売している技術商社のキャプテンインダストリーズ(東京都江⼾川区)は、強力なフィルタリング機能を持ちながら、メンテナンス性に優れ送風量差圧を目視できる新開発のインテリジェントなビジュアルインジケータを搭載した、大型工作機械および集中システム専用のカートリッジ式ミストコレクター「ARGOS(アルゴス)」シリーズを2018年8月から日本国内で販売開始いたします。 金属(切削)加工の多い自動車部品、金型などの製造工場をターゲットに、本年度100台の販売を目指します。 ★「アルゴス」シリーズの紹介ページ ▲ARGOS(アルゴス…


工場新設・増設情報6月第4週

【日本国内】 ▼エア・ウォーター レアガス(キセノン・クリプトン)の安定供給と事業の拡大を目的に、加古川工場(兵庫県加古川市)にレアガスを製造する設備を新設する。 同社は現在、鹿島工場(茨城県鹿嶋市)でキセノンの製造を行っているが、国内供給における不足分を海外から輸入。近年、エレクトロニクス関連の生産プロセスや宇宙関連産業において世界的に需要が増加傾向にある一方、供給のタイト化により輸入品の価格が上昇している状況を踏まえ、製造設備の新設を決定した。 製造能力はキセノン年産11万3600リットル、クリプトン年産88万900リットル。製造開始は19年4月の予定。 ▼エヌアイシ・オートテック 東海地…


キャプテンインダストリーズ、設置コスト50%削減、球面台座で平行誤差を吸収する機械基礎のレベリングブロックを7月から日本市場に初投入

UNISORB(ユニソーブ)レベルラインマウント LLシリーズ 世界各地から主に工業・産業用機械部品や各種ツール・ソフトウェアを輸入販売するキャプテンインダストリーズ(東京都江⼾川区)は、UNISORB(ユニソーブ)レベルラインマウント LLシリーズを7月から販売します。 工作機械、産業機械などを床に設置する際は、安定した剛性が重要です。機械と床との間に設置するレベリングブロックの性能により安定した機械加工精度が左右されます。このような問題を解決するために新商品レベリングブロック、UNISORB(ユニソーブ)レベルラインマウント LL シリーズを2018年7月から日本市場に初投入いたします。 …


キヤノンマーケティングジャパン、高機能レーザー干渉計「S100|SRW」の国内独占販売を開始

キヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)は、米国アプレ社との間で、日本国内における販売契約を締結し、国内独占販売製品「S100|SRW」をはじめとするレーザー干渉計 Sシリーズの販売を5月23日より開始します。 ▲レーザー干渉計 Sシリーズ(左)と解析ソフト画面イメージ(右) 主な特長 レーザー干渉計は、光学部品や鏡面加工部品などの品質検査で使われる計測機器です。光学レンズや高精度ミラーのほか、継続して需要が伸びている半導体・液晶露光装置の製造工程や宇宙・衛星分野で用いられる光学部品の検査工程などでも使用されています。 また、防犯カメラや車載カメラの高機能化・市場活性化により、検査…