輸入 の検索結果

ユーエイ、ケアフリー社と業務提携、メディカルキャスターの輸入販売を開始

ユーエイ(東大阪市)は、カナダのキャスターメーカーであるCareFreeCasters Corp.(ケアフリー社)と業務提携し、医療機器向けキャスター製品の輸入販売を開始しました。 ケアフリー社は、カナダ・オンタリオ州に本社を置く、メディカルキャスターのメーカーです。同社は、高度医療分野に特化して高品質、高性能なキャスター製品を開発・製造しています。 その製品の多くは、医療機器メーカーの要求要件に合わせてカスタム生産されており、その柔軟な対応力と革新的な製品開発力によって、欧米を中心とした大手医療機器メーカーに採用されています。   ユーエイのキャスター事業も同じく、顧客ニーズに最適…


仏DJB社の加速度センサー バシフィックテクノロジー輸入販売開始

パシフィックテクノロジー(千葉県船橋市本町6―18―5、TEL047―426―1650、島吉弘社長)このほど、仏DJBインスツルメンツ社の小型圧電型加速度センサーの輸入販売を開始した。電荷出力タイプの加速度センサーA/24/E、A/24/TE、A/24/TSは、約2グラムで3つの異なったタイプの加速度計。KONIC検出素子を搭載し、溶接構造でミニチュア(3・5ミリネジ)サイドあるいはトップ入力同軸コネクタである。 2つの溶着バージョンA/24/E、A/24/TEはグラウンド・ループ干渉を最小にするため接着の絶縁ディスクを備えている。トップ入力コネクタバージョンのA/24/TSは絶縁なしで、一体…


計測制御機器輸入販売 ケーテックスが営業を開始

計測制御機器の輸入販売や防爆技術コンサルタントなどを目的にした新会社、ケーテックス・インスツルメンツ(田中健一社長)が営業を開始した。 田中氏は欧州を中心に優れた防爆機器、計測機器などの輸入販売業務に長年携わってきた。 住所、電話は次の通り。 ▽東京都品川区東五反田4―7―25、TYビル1階(〒141―0022) ▽TEL03―5422―6683、FAX03―5422―6684


高山成雄氏(伯東創業者)逝去 JEP-A初代会長として輸入促進に貢献

〓山成雄氏(たかやま・しげお=伯東創業者、取締役名誉会長、日本電子機器輸入協会(JEPIA)初代会長、名誉会長)7月25日、老衰で東京都内の自宅で逝去。94歳。 告別式は近親者で済ませた。同社主催のお別れの会は9月10日正午、東京都千代田区紀尾井町4―1ホテルニューオータニザ・メイン「鶴の間」。喪主は長男、一郎(いちろう)氏。 高山氏は、1916年米国に生まれ、19年に帰国。大学卒業後、伊藤忠商事に入社、42年応召、終戦で除隊。その後、米軍福井軍政部、ニューヨーク日本国総領事館勤務。53年、伯東を設立、00年3月、東証1部に上場。 日本電子機器輸入協会は、貿易を通して国際社会に貢献し、電子産業…


【提言】外需失速を警戒する日本製造業「米中貿易戦争の行きつく先は?」〜日本の製造業再起動に向けて(48)

『外需失速・内需好調拡大』・・多くの経営者が、米中貿易摩擦の影響から輸出減少による経営悪化を警戒しており、『米中問題は予断を許さない』と語り、好調な内需拡大を予想する半面で、外需減少への危機感を抱いている。また、各メディアも米中貿易戦争の影響については敏感であり、『中国需要の減少が日本経済の悪化を招く』との警戒感を多く報道している。 『日本は貿易立国、資源の輸入が必要で自動車など工業製品を輸出して稼ぐ国』との概念からも、外需失速への強い警戒感が生まれているが、公表データによれば、日本の貿易依存度は輸出輸入とも10%台であり、諸外国から比べかなり低い水準にある。各国の貿易依存度をみると、韓国40…


ディーラーヘルプを考える 黒川想介 (52)

「変化のないところに成長はない」 自社の顧客の見直しから 言うまでもなく、日本は鉱物資源が少なく、加工貿易で財を確保して資本を形成してきた。戦後は資金不足で原料を輸入するのもままならなかった。そのため、日本の山々に少量ずつ眠っている様々な鉱物を、至る所で採掘していたほどである。その少ない鉱物を加工し、付加価値を付けて輸出し、資本をつくってきた。そのためには技術がいる。技術を一丸となって磨いてきたことが高度成長の要因となった。 当時は、世界の資本が現在ほど潤沢でなかった中で、かなりの速さで工業化を成し遂げることができたのは技術力のおかげだ。1964年の東京オリンピックの頃の付加価値の統計であるG…


【各社トップが語る2019】本多通信工業、育てる拡げる活動を展開

代表取締役社長 佐谷 紳一郎 2019年の外部環境は足許に懸念材料あるものの、事業機会は豊富であり、期待できるところに目を付けながら取り組んでいく。特にコネクテッドインダストリービジネスを社会に実装していくことは重要だ。 今年は、「GC20計画」のSeason2で「育てる」ことに注力し、20年度のゴールを目指す。次世代カメラ(ADAS)は自動運転向け用として、19年後半から量産を開始し、22年以降に増えてくる。光ファイバコネクタは、放送や医療などでの8K映像の大きなデータ量に対応が求められており、引き続き商品開発を進める。産業機器への長期供給ニーズに対し、「続けていく」ことを明文化したビジネス…


速報取材レポート公開!「光とレーザーの科学技術フェア2018」見どころをいち早くお届け

2018年11月13日(火)~15日(木)の4日間、科学技術館で開催中の「光とレーザーの科学技術フェア2018」。 「第3回オプティクスフェア」「第8回赤外線フェア」「第3回レーザー科学技術フェア」「第5回分光フェア」「第5回光学薄膜フェア」「第5回紫外線フェア」、そして新設の「第1回光・レーザー応用センサフェア」と「可視光・次世代レーザー応用ゾーン」の8つフェアで構成される光とレーザーの展示会です。 今回は国内外約140社近くが出展、4,500人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。 本ページでは「第3回オプティクスフェア」「第8回赤外線フェア」「第3回レーザー科学技術フェア」を中…


来年3月日本EU間EPA発効 関税撤廃へ、工業製品輸出の追い風に

GDP 5兆円押し上げ 日本とEUの間でEPA(日EU経済連携協定)とSPA(戦略的パートナーシップ協定)が7月17日署名され、19年3月下旬の発効が予定されている。これにより日本とEUの間で輸出入される製品の多くで関税が撤廃されることになり、その効果は実質GDPを5兆円押し上げると言われている。 チーズやワインなどが安く手に入るようになると話題になっているが、自動車や電気製品、一般機械、化学工業品など工業製品の100%で関税撤廃となり、日本の製造業へ好影響を及ぼすと期待されている。   ■EPA(経済連携協定)とは? EPAとは経済連携協定(Economic Partnership…


キャプテンインダストリーズ、ロボット用7軸アクチュエーター発売 導入済みロボットシステムに7軸目を追加可能

世界各地からハイエンドな工業・産業用周辺機器や各種ツール・ソフトウェアを輸入販売している技術商社のキャプテンインダストリーズ(東京都江⼾川区)は、ワーク搬送、ピック&プレース(※1)として使用されている6軸ロボットの可動範囲を広げるためのロボット用走行軸として、イタリア・ローロン(ROLLON)社の「ロボット用7軸アクチュエーター」を2018年9月下旬から日本国内での本格販売を開始いたします。 ▲ロボット用7軸アクチュエーター (※1)ピック&プレースシステム:特定の位置にある部品などをつまみ上げ、指定位置まで移送し、そこに対象物を下ろすという一連の作業を行う装置およびその…