発光ダイオード の検索結果

「ワイヤレス産業」は2020年に80兆円市場へ成長!! FAラボ代表松本重治

2.無線ネットワーク(wireless network)産業 (1)無線ネットワーク市場動向 2013年の国内ネットワーク市場は約1.6兆円で、無線ネットワーク関連は約800億円となっており、まだ6%であるが、イーサネットスイッチと共に最近の伸びは他を圧倒している。M2Mネットワークなどの世界も間違いなく無線化の方向に向かっている。(図12) 携帯電話やタブレット端末などのモバイル機器は屋内で用いることが多く、壁や備品のある空間対応や自動車などの電気ノイズに対応しなければならない。これに向いているのが、700Mヘルツ~900Mヘルツを用いる無線である。NTTは900Mバンドでビルの12階を超え…


一般社団法人日本フルードパワー工業会 「会員の海外事業支援」 梶本一典会長

新年を迎えたことで、あの東日本大震災から、早や4年が経とうとしています。遅々として進まなかった復旧も、官民一体となった復興活動により、新しい東北の創造に向けた取り組みが着実に進み出しました。一方、福島第一原発については、廃炉に向けて、乗り越える壁が非常に高く、現有技術の粋を集めても、長期化は避けられない状態です。困難な課題が多々残されていますが、将来のためにも、一歩一歩前進することを願っています。 さて、昨年のわが国の経済環境は、4月に実施された8%への消費税引き上げによる個人消費の落ち込みが、想像以上に大きく、第1第2と2四半期続けてのマイナス成長となりました。その結果、財政再建のために、政…


LED照明 FA分野で伸長 「高輝度」「高信頼」「長寿命」を武器に 高演色性、発光効率アップ、低価格化進む デジタル制御で付加価値向上

照明器具の主流になりつつあるLED照明は、高輝度で信頼性が高く長寿命という特徴により、一般家庭から工場などの産業用途まで幅広い分野で採用されている。産業分野では、調光制御が可能なことから、工場やオフィスの照明用として採用が拡大している。さらにメンテナンスフリーで小型・薄型化を図ったことで、装置や機械の内部用照明として需要が拡大している。FA分野以外でも、植物育成分野や医療施設などの分野で採用が広がっている。今後は、高演色性やさらなる発光効率のアップ、低価格化などが進むものと予想され、デジタル制御が可能なことから、快適性や安全性など付加価値の向上も期待できる。 LED照明は、発光ダイオードを使用…


明るさ増すLED照明市場 産業、家庭生活を支える明かり 調光制御機能で植物工場、医療分野でも採用増える 高輝度低消費電力長寿命 メンテナンスフリーで小型・薄型化、装置や機械の内部照明に

高輝度で低消費電力、長寿命という特徴を持つLED照明は、家庭用から産業用まで幅広い分野に普及している。産業分野では、調光制御が可能なことから、工場やオフィスの照明用として採用が拡大、さらにメンテナンスフリーで小型・薄型化を図ったことで、装置や機械の内部用照明としての需要も拡大している。また、FA分野以外でも、植物育成分野や医療施設などの分野で採用が進んでいる。今後も高輝度化と発光効率の向上、FA分野では制御機能の向上などが進展するものと予想され、LED照明市場のさらなる拡大と多様化が進むものと見られる。 LED照明は、発光ダイオードを使用した照明器具。1990年代に青色LEDが開発されて以降、…


高輝度・高信頼・長寿命 産業分野でも急速に市場拡大 工場や機械内照明として伸長 植物育成、医療分野採用徐々に広がる 発電効率/節電效果アップ価格ダウン進む

産業分野でもLED照明の市場が急速に拡大している。LED照明は高輝度で信頼性が高く、かつ長寿命という特徴を持つ。家庭用から産業用まで幅広い分野に採用され、今や照明器具の主流になりつつある。産業分野では、調光制御が可能なことから、工場やオフィスの照明用として採用が拡大しているほか、メンテナンスフリーで薄型化を図ったことで、装置や機械の内部用照明としての需要も急速に拡大している。さらに、植物育成分野や医療施設などの分野でも採用が進んでいる。今後は、発光効率と節電効果のアップ、製品の価格ダウン、制御機能のアップなどが進むものと予想され、LED照明市場のさらなる活性化と飛躍が期待できる。LED照明は、…


中部地区経済緩やかに改善 自動車関連産業の生産急回復 金属工作機械の生産は底堅い 鉱工業生産は5ヵ月連続上昇 円高で製造業の海外進出多い

中部地区経済の中核を構成する自動車関連産業は、東日本大震災やタイ洪水の影響による減産の挽回に加え、新型車投入効果から生産は急回復している。4月以降は挽回生産が落ち着いているが、先行きとしては、当初計画を上回る見込みだ。 自動車部品も、生産は震災前の水準に戻っており残業も増加している。完成車メーカーの新型車投入効果も好影響で、今後もエコカー補助金復活などにより、好調が継続する見通しだ。 年度後半には復興需要 金属工作機械は、生産は底堅い。 受注は、中国向けは金融引き締めの影響などにより減少、欧州向けは金融不安の影響がみられるが、米国向けは製造業の回復から動きが活発化。国内向けは、震災の復興需要を…


急速に市場拡大 消費電力1/10寿命は10倍

電力消費が大幅に少ないことから、環境負荷を減らすことに大きくつながるとして期待が高まっているLED(発光ダイオード)は、用途が急速に広がり、市場規模も拡大を続けている。今までは産業機器の表示用や民生機器のバックライトなどが主用途で市場を形成してきたが、ここ2、3年は照明用の電球や蛍光灯などからの置き換えが急拡大している。圧倒的な消費電力の少なさが支持されているもので、量産化に伴い価格も急速に低下しつつあることで、さらに需要増に拍車をかけている。 年平均伸び率は8% 電子情報技術産業協会(JEITA)はこのほど、注目を集めるLEDの現状と今後の動向をまとめた。 LEDの応用が急速に広がったのは、…


活発化する制御機器メーカーのLED事業開発・販売で独自市場開拓高いオリジナリティ製品投入 特性を活かした新用途に期待

LED(発光ダイオード)照明は、1990年代に青色LEDが開発されて以降、急速に進歩拡大を遂げている。現在は、局所照明を中心とした産業用から市販されている家庭用照明まで、多種多様なLED照明が開発、販売されている。産業用分野では、制御機器メーカーがオリジナリティの高いLED照明を開発・販売、独自に市場開拓することに成功しており、大きな市場に成長してきた。LED照明は、蛍光灯の約半分の低消費電力、さらに約4万時間の長寿命という優れた特徴を持つ。現在、白熱電球や蛍光灯などに比べると高価格だが、今後の技術開発でさらに低価格化が進むと予想され、蛍光灯など従来の照明器具に置き換わる照明として期待されてい…


急速に需要が回復する光電・近接センサ 新エネルギー分野、安全・防犯関連などに期待 光電センサとは 遮光により物体の存在を検出する非接触センサ

光電センサは、半導体開閉素子を備え、LED、レーザーなど可視・不可視光線の反射や輻射、遮光により物体の存在を検出する非接触センサ。 1960年半ばに登場。1970年代に入り光源がランプ式から発光ダイオード(LED)に代わり、長寿命化が実現してから急速に使用されるようになった。現在では、半導体レーザー式、青色LED式、光ファイバー式も開発されて用途を広げている。 特徴は(1)金属、ガラス、プラスチック、木材などだけでなく液体の検出も可能である(2)透過型では数百メートルの有無検出ができるなど検出距離が長い(3)検出エリアを規制しやすい(4)色の明暗を判別できる(5)光ファイバー式のように検出部が…